町田市大蔵町事故の犯人 60代女性の名前や顔画像!事故現場判明で、原因が酷すぎる

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

17日午後5時5分ごろ、東京都町田市大蔵町で乗用車が横断歩道の切れ目から歩道に突っ込み、小学生を含む歩行者4人を次々とはねるという事故が発生しました。

今回は、この事故によって逮捕された犯人である60歳の女性ドライバーの名前や顔画像、事故原因と現場などについて迫ってみたいと思います。

小学生ら5人をはねる事故が発生 町田市大蔵町

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 17日午後5時5分ごろ、東京都町田市大蔵町で乗用車が歩道に乗り上げ、小学生を含む5人をはねた。小学生ら子ども4人と30~40代の女性1人が搬送された。いずれも意識はあるという。

警視庁は、乗用車を運転していた60代の女を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕し、状況を調べている。

現場は小田急線鶴川駅から北西に約1・4キロの住宅街。

出典:共同通信


スポンサーリンク

事故現場について

では、事故が発生した現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるという事です。

出典:FNN

こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。

こちらは、東京都町田市大蔵町374にある「関東マツダ 町田鶴川店」のすぐ隣にある脇道で、都道57号線(芝溝街道)沿いにある場所です。

現場付近にはT字路があるため、そのT字路から右折をしてきた際に曲がりきれずに突っ込んでしまったのではないかと考えられます。

芝溝街道は基本的に片側一車線で右側部分にはみ出しての追い越しが禁止であるほか、40km/hの速度制限が敷かれているということで、スピード違反をするような道ではないことも明白です。

スポンサーリンク

犯人について

では、この事故を引き起こした犯人は一体どのような人物なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察は60代の女を自動車運転処罰法違反で逮捕をしているのですが、こちらに関しては名前や顔画像などの情報は公開されておりません。

現行犯逮捕ということで、供述調書などの作成をしている段階であると思われますし、名前などの裏を取れる情報がないことからも警察も発表に踏み切っていないのでしょう。

こちらは、東京池袋のプリウス暴走事故の容疑者である飯塚幸三氏などのように上級国民でなければ十分に名前や顔画像が公開されることと思いますので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

事故原因は?

では、事故原因は一体何なのでしょうか?

この事故原因に関しては、横断歩道の切れ目から歩道に突っ込んだということで、おそらく右折時にアクセルとブレーキを踏み間違えたのではないかと考えられます。

日本は左側通行でありますから、車線を走行していたのであればよっぽど左にハンドルを切らなければ歩道に突っ込むことはありえませんから、右折時に左車線に入ろうとした結果、アクセルとブレーキを踏み間違えてそのまま歩道に突っ込み、歩行者を巻き込んでしまったのでしょ。

歩道にはガードレールが設置されているのですが、歩道に突っ込んでいるという点を考えると、やはり設置されていない手前から歩道に乗り上げていたのでしょう。

見通しはそれほど悪いわけではないのですが、午後5時前後となると交通量も多くなることでしょうから、右折時に焦っていたのかもしれません。

午後5時前後が一番事故が多い

交通事故総合分析センターによれば、交通事故が発生する時間帯として一番多いのは夕方の16時〜18時前後なのだそうです。

出典:おもいやりライト

この原因としてあげられるのが、朝夕の出勤、帰宅の時間帯は車の通行量が多くなることがあげられますが、夕方は徐々に日が落ちていき、暗くなって視界が悪くなるのに加え、仕事で疲れていたり一日活動して脳がぼーっとしてしまっているたえめ、注力が散漫になってしまうことがあげられるといいます。

朝は比較的時間に余裕を持っている方も多く、歩行者も車の”安全”を意識しているのですが、夕方になると家に帰れるという安心感も相まって、気が緩みがちになってしまうというのです。

今回、小学生の列に突っ込んだという事故もまさにこの時間帯である午後5時5分でありますから、夕方の交通事故の多さに巻き込まれてしまったといっても過言ではないでしょう。

何れにしても、〇〇の列に突っ込むという事故が頻発をしているだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

大津市大萱6で園児の列に突っ込んだ犯人の運転手を特定?現場判明で、名前や顔画像についても
...

コメント