飯森裕次郎の出身中学の情報!めんこいテレビにコネで就職し、自衛隊時代は精神疾患がなかった?

いじめ

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

16日早朝、大阪府吹田市で警察官が刃物で刺され拳銃を強奪される事件が発生しました。事件発生から24時間が経過しようとしていたところ大阪府警は大阪府箕面市の山中にいた飯森裕次郎容疑者を逮捕しました。

逮捕された飯森容疑者は「私のやったことではありません」と容疑を否認しており精神的な病気を患っていたと見られていますが、飯森容疑者は自身の人生のどの部分で精神的病気をわずらったのでしょうか。

生い立ちを振り返りつつ”精神的な病気”についても考察を進めたいと思います。

飯森容疑者を逮捕

飯森裕次郎容者逮捕の第一報は事件発生から丸一日経過した17日午前7時前に飛び込んできました。飯森容疑者逮捕の様子を日本経済新聞をはじめ多くのメディアが報じています。

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺されて拳銃が強奪された事件で、大阪府警は17日、強盗殺人未遂容疑で指名手配していた東京都品川区の職業不詳、飯森裕次郎容疑者(33)を隣接する箕面市内の山中で逮捕した。逮捕時、同容疑者は強奪した拳銃を所持。入っていた実弾5発のうち、1発は発射した痕跡があるという。

大阪では28、29日に20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を控え、警備態勢を強める中で今回の事件が発生。公共施設の休館や学校の部活動の中止など市民生活にも大きな影響を与えた事件は、発生から丸1日で急展開した。

逮捕容疑は16日午前5時40分ごろ、吹田市の千里山交番前で吹田署地域課の古瀬鈴之佑巡査(26)の胸など複数箇所を包丁で刺し、実弾5発が入った拳銃1丁を奪った疑い。古瀬巡査は意識不明の重体となった。

府警の調べに対し、飯森容疑者は「私のやったことではありません」などと容疑を否認。府警によると、飯森容疑者は逮捕時、精神障害者保健福祉手帳を所持しており、「私の思うことは病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいだ」とも話しているという。

事件発生から約20分後の16日午前6時ごろ、交番近くの住宅街で「破裂音を聞いた」という複数の情報が吹田署にあった。府警によると、拳銃の発射による被害は確認されておらず、発砲の有無を調べている。

府警は16日、交番の防犯カメラに映った不審な男の画像を公開し、約5千人態勢で行方を追った。飯森容疑者に似た男の足取りを防犯カメラの映像を基に追跡した結果、吹田市内のショッピングモールで服やスニーカーなどを購入し、同日午後8時すぎには箕面市の山中に入ったことが判明。17日早朝、捜査員が山中のベンチに横たわる同容疑者を発見し、午前6時35分ごろ、身柄を確保した。

出典:日本経済新聞


スポンサーリンク

”飯森裕次郎”とは?

統合失調症に罹患か

17日午前、捜査員に箕面市の山中に潜伏しているところを発見、確保された飯森裕次郎容疑者とはどのような人物なのでしょうか。まず飯森容疑者のプロフィールをご覧ください。

出典:日本経済新聞

名前:飯森裕次郎(いいもり ゆうじろう)

年齢:33歳

職業:アルバイト

住所:東京都品川区

飯森容疑者についてはFacebook上で飯森容疑者本人のアカウントだと思われるものが発見されています。そのアカウントによると生まれは神奈川県川崎市、小学校に入学する前もしくした後に大阪府に引っ越しをしています。

小学校、中学校、高校と大阪で過ごした後、駒沢大学への進学を機に上京したようです。

大学を卒業した直後の2009年4月に海上自衛隊へ入隊していますが半年後に辞職、岩手めんこいテレビの製作などを経て現在のゴルフ場のアルバイトに携わっていました。

ゴルフ場のアルバイトは障がい者採用で、警察の取り調べでも精神障害者保健福祉手帳を持っていたことからも何かしらの病気を患っていたことは確かだと思われます。

産経新聞の取材によると飯森容疑者は幻覚の症状が出ていたことが明らかにされていました。

 昨年11月からは都内のゴルフ練習場で、清掃のアルバイトとして勤務していた飯森容疑者。今月上旬には沖縄旅行に出かけていたが、12日から欠勤していた。精神障害の障害者手帳を所持していたといい、「幻覚の症状が強くなりそうだから」を理由としていた。15日には「体調が良くなってきているので25日くらいから復帰しようと思う」と勤務先に連絡があったが、その後、犯行に及んだとみられている。

出典:産経新聞

幻覚という症状から推測される病気は統合失調症です。統合失調症は幻覚・幻聴を主な症状とする精神疾患ですが、以前は精神分裂病とも呼称されており治らない病気と言われていました。現在は医学の発展と心理ケアにより完治するようですが、そのためには家族など周囲の理解が欠かせないとされています。

飯森容疑者は東京都品川区にあるマンションに住んでいることが判明しています。

JR大井駅からほど近いマンションで両親と暮らしていた飯森容疑者。おそらくは両親から身の回りの世話を受けていたと思われます。

飯森容疑者がかかっていると思われる統合失調症ですが7割は遺伝によるものが原因だとされています。そしてある出来事でストレスをためることによって発症します。

では飯森容疑者は何が原因で統合失調症を誘発したのでしょうか。

スポンサーリンク

高校で変わった?

飯森裕次郎容疑者と小学校、中学校まで同級生だったという人物は飯森容疑者について中学校までは明るい人気者、高校からは華やかさがなくなったと証言しています。

同級生だった男性は「小学生のときに引っ越してきましたが、中学校ではサッカー部に所属し、明るい人気者でした。事件を起こしたと聞くとみんな驚くと思います。ただ、高校に入ってからは持ち味だった華やかさがなくなったと聞いていて、何があったのか気になります」と話していました。

出典:NHK NEWS WEB

楽しそうな学校生活送っていたように見えますが、飯森容疑者本人は楽しいと感じていなかったようです。飯森容疑者は中学校の卒業文集に”思い出なんてない”と綴っています。

卒業文集には、「中学生活の思い出なんてろくに出てこない」「3年間で自分は変わったけど、できればもう変わりたくない」などと書かれていた。

出典:Yahoo!ニュース

高校は地元の公立高校である北千里高校に進学します。

同校は府内の公立高校でもトップクラスの偏差値61を誇る高校で進路の大半が大学であるいわゆる進学校であります。勉強ができる生徒だと大阪大学に進学し、それに続く優秀な生徒だと関西の難関大学に合格していることが進路結果からわかります。

飯森容疑者は同校から東京の駒澤大学へ進学しました。駒澤大学に進学したことからも飯森容疑者は成績は悪くなかったものだと考えられます。そのため特に進路で伸び悩んだことでストレスを溜めて統合失調症を発症したとは考え難いでしょう。

またいじめに巻き込まれたなどの環境の変化があった可能性についてですが、高校の口コミを集めたサイトに寄せられた同校のコメントですがどのコメントもいじめはないと記載しているため飯森容疑者もいじめを受けていた可能性は低いと考えられます。

スポンサーリンク

元自衛官の肩書

精神疾患は入隊不可

駒澤大学を卒業してすぐに飯森裕次郎容疑者は海上自衛隊に入隊します。海上自衛隊の入隊試験ですが防衛省が示す合格基準には次のようなものが設けられています。

出典:防衛省

8項で疾患について言及されていますがここには統合失調症を含む精神疾患を有しないものとされています。

出典:防衛省

つまり飯森容疑者は自衛隊入隊時点では統合失調症を患っていませんでした。

飯森容疑者は入隊から半年後に自衛隊を辞職、それから7年ほど経過して就職した岩手めんこいテレビの製作も一身上の都合で辞職、そして現在勤務していたゴルフ場を障害者として採用されています。

このことから飯森容疑者は学生時代ではなく、社会人になってから統合失調症を発症したものと思われます。時期としてはあくまで推測ですが自衛隊を辞職してからめんこいテレビに就職するまでの間の足取りがつかめていないことから自衛隊勤務中に発症、辞職後に治療に取り掛かっていたのではないでしょうか。

ただ統合失調症は自分が病気に罹っているという意識が通常はない病気です。飯森容疑者の場合は「幻覚の症状がある」と病気の意識があったことから統合失調症といっても非常に軽いものなのではないでしょうか。

刑法39条では心神喪失、心神耗弱した者が犯罪を犯した場合は無罪または減刑すると明記しています。

第39条
  1. 心神喪失者の行為は、罰しない。
  2. 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

出典:Wikibook

病気に罪を擦り付ける供述をしている飯森容疑者ですが以降の取り調べでは刑事責任能力の有無が中心になると思われます。

本当に心神喪失しているのか、または病気を笠に着て自分勝手な振る舞いをしたのか今後も注目される1件になるでしょう。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

飯森睦尚が飯森裕次郎の父親で関西テレビの役員!息子の不祥事をフジTVが隠蔽か
出典:NHK 大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、同署の古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた事件で、飯森裕次郎(いいもり・ゆうじろう)容疑者が逮捕されました。 この事...

 

コメント

テキストのコピーはできません。