岡村兄弟の弟が吹田市千里山交番襲撃の犯人である理由!潜伏先判明で逮捕も間近か?

国内NEWS

出典:NHK

スポンサーリンク

 

16日朝早く、大阪 吹田市の交番前で26歳の古瀬鈴之佑(こせ すずのすけ)巡査が男に包丁で胸を刺され、意識不明の重体となるという事件が発生し、犯人は実弾5発が充填されたままの状態の拳銃を奪いその場から逃走しました。

今回は、吹田市交番の犯人が岡村兄弟の片割れではないかという情報や、現在の居場所などについて迫ってみたいと思います。

吹田市の交番が襲撃される

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

16日早朝、大阪・吹田市の交番前で、26歳の男性巡査が男に包丁で胸を刺されて拳銃を奪われました。巡査は病院に搬送されましたが意識不明の重体となっています。警察は強盗殺人未遂事件として男の行方を捜査するとともに、付近の住民に外出を控え、家の鍵をかけるなど警戒の呼びかけを続けています。

16日午前5時半ごろ、大阪・吹田市の千里山交番前の路上で、この交番の古瀬鈴之佑巡査(26)が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのを近くの駅の駅員が見つけました。
古瀬巡査は病院に搬送されましたが体を複数か所刺され意識不明の重体だということです。
また、警察によりますと、巡査が所持していた数発の弾が入った拳銃が、強奪防止用の金具のフックが外され奪われたということです。
捜査関係者によりますと、当時の交番勤務は当直の3人態勢で、窃盗事件の通報が入ったため、このうち2人が現場に向かい、巡査は交番を出ようとしたところで刺された可能性があるということです。
電話は公衆電話からかかっていて、実際には窃盗事件は起きていなかった疑いがあるということです。
警察の調べによりますと、現場近くの防犯カメラに事件の1時間余り前、年齢が30代くらいで黒っぽいジャンパーに白いTシャツ、黒っぽいズボンを身につけた不審な男が交番のまわりをうろついているのがうつっていたということです。
警察は強盗殺人未遂事件として捜査本部を設置し、男の行方を捜査するとともに、付近の住民に外出を控え、家の鍵をかけるなど警戒の呼びかけを続けています。

出典:NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

事件現場について

現場は、阪急千里山線の千里山駅前にある大阪府警吹田警察署の千里山交番であるということです。

現場は阪急千里山線の東口からすぐそばにある吹田警察署の千里山交番で、駅前のローターリーを見渡せる立地となっております。

すぐ裏側には阪急千里山線が走っており、地域住民の安全を守る為に設置された交番であることは言うまでもありません。

スポンサーリンク

犯人について

では、犯人は一体どの様な人物なのでしょうか?

NHKによれば、防犯カメラに映っていた不審者の顔画像を公開しております。

出典:NHK

この男性は、年齢が30代くらいで黒っぽいジャンパーに白いTシャツ、黒っぽいズボンを履いており、白色のキャップにメガネ姿の男性で、現在拳銃を所持したまま逃走を続けているということです。

現在のところ名前や顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんが、犯人は必ず捕まると思いますので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこう思います。


スポンサーリンク

犯人は岡村兄弟?

この事件の犯人について興味深いツイートをしている人物がおりましたので、ご紹介します。

ツイートをしたのは、尼崎市在住の沖田臥竜さんと言う作家さんで、これまでに「山口組の「光と影」~昭和と平成それぞれの分裂」や、「尼崎の一番星たち」、「死に体」などの作品を世に送り込んでいることで知られております。

その沖田臥竜さんによれば、吹田の千里山交番襲撃事件の犯人は岡村兄弟ではないかということです。

沖田さんのツイートによれば、岡村兄弟は兄が京都で弟が尼崎の人間であるということですが、これが事実であればどうやら犯人は尼崎在住の弟の方ではないかと考えられます。

なぜなら共同通信が尼崎在住の男の行方を追っていると言う情報を公開したからであります。

捜査関係者によると、大阪府吹田市で拳銃を強奪し逃走しているのは兵庫県尼崎市在住の男との情報があり、行方を追っている

出典:共同通信

つまり、先ほどの不審者情報の顔画像が岡村兄弟の弟ではないかとの結論に至ります。

スポンサーリンク

どこに潜伏しているの?

仮に岡村兄弟の弟が犯人であるとして、どこに潜伏をしているのでしょうか?

もし仮にこの岡村兄弟の弟が尼崎の人間であるとするのであれば、尼崎方面に逃走をしたということが十分に考えられます。

千里山駅から尼崎駅まではおよそ13kmあり、徒歩や足を使っての逃走であれば3時間弱かかる計算になります。

尼崎は吹田市に比べれば南に一位しておりますから、現場からは南下することが考えられ、豊津、江坂、庄内といった駅方面を使用しての逃走も十分に考えられると思います。

尼崎へ行くには、猪名川や中島川といった川を渡らなければなりませんので、少なくとも橋を経由しなければいけないと言うリスクを考慮すると、その手前に潜伏している可能性もあり得るでしょう。

また、都会の人々が他人に無関心であると言う心理や、観光客の圧倒的な多さという点から考えても、大阪市の中心部である梅田や難波などに出向き、そこで人混みにしれっと紛れている可能性もあり得ます。

ですが、尼崎が在住なのであればおそらく西の方へ行くと思いますので、吹田市から尼崎の間に在住している皆さんはくれぐれもご注意ください。

Twitterなどの情報によれば、緑地公園駅付近でも物騒なほど警戒がされているということから、もしかすれば緑地公園駅付近に潜伏をしているのかもしれません。

スポンサーリンク

一刻も早い逮捕を

こうした事件が引き起こされるたびに、近隣住民の方は不安や恐怖を感じてしまいます。

犯人が逮捕されていても感じますので、これが実弾5発も充填された拳銃を奪っての逃走であるとすれば、なおさらのことです。

一刻も早い逮捕が望まれますが、拳銃を所持しているとなると細心の注意を払わなければならず、下手に刺激をしてしまってはかえって被害者を増やしてしまうことにもなりかねませんので、慎重な捜査が求められるでしょう。

過去にも富山県富山市のの奥田交番や宮城県仙台市の東仙台交番で同様の事件が発生しおり、警察も拳銃を奪われない為の対応に追われていた矢先に発生してしまった事件であるだけに、大きな衝撃が走っていることは言うまでもありません。

対策を講じていたとはいえ、襲われた吹田署の古瀬鈴之佑巡査の拳銃入れは旧型であったのだそうで、それが仇となって奪われてしまったとなれば、極めて胸糞悪い事件となってしまいました。

何れにしても、近隣住民には多くの不安が広がっておりますので、一刻も早い事件の解決と、犯人が確保されることを祈っております。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

千里山交番襲撃事件で拳銃を奪った犯人の顔画像判明!名前や現在の居場所についても
出典:NNN 大阪府吹田市の府警吹田署千里山交番で男性警察官が刺されて拳銃を奪われた事件で、刺されたのは同署地域課の古瀬鈴之佑(こせ すずのすけ)巡査で、意識不明の渋滞であるということです。 今回は、この古瀬鈴之佑巡...

コメント

テキストのコピーはできません。