新村健治の顔画像がこちら!富山で猫100匹を殺害した動機があまりにもクズすぎる

国内NEWS

出典:JNN

 

富山県警射水署は13日、他人の飼い猫を盗んだとして、窃盗の疑いで、富山市布目の無職、新村健治(しんむら けんじ)容疑者を逮捕しました。

今回は、新村健治容疑者の顔画像や犯行動機、50〜100匹もの猫を殺害したり虐待した真相について迫ってみたいと思います。

猫虐待の男を逮捕 富山

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

路上にいた飼い猫を連れ去ったとして富山県警射水署は13日、富山市布目、無職、新村健治容疑者(52)を窃盗容疑で逮捕した。今年に入り、県警には富山、射水両市を中心に飼い猫がいなくなったとの情報が相次いで寄せられており、同署は関連を調べる。

逮捕容疑は5月19日午後1時半ごろ、射水市の路上で近くに住む男性の飼い猫1匹を盗んだとしている。同署によると、新村容疑者は「えさを使っておびき出して車で連れ去った」と容疑を認め、「ケージに閉じ込め、十分なえさを与えなかった。死んだので自宅近くの用水路に捨てた」と供述しているという。

 新村容疑者は「1年以上前から路上の猫を捕まえて、金属の棒でつつくなどした。十数匹の死骸を捨てた」とも話しているといい、同署は動物愛護法違反や器物損壊の疑いもあるとみて捜査している。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

新村健治容疑者について

こちらが、逮捕された新村健治容疑者のプロフィールです。

名前:新村健治(しんむら けんじ)

年齢:52歳

職業:無職

在住:富山県富山市布目

新村容疑者は、5月19日午後1時半ごろ、射水市の路上で近くに住む男性の飼い猫1匹を盗んだとして逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが逮捕された新村容疑者の顔画像です。

出典:JNN

出典:FNN


スポンサーリンク

猫50匹以上は殺した

JNNの取材によれば、新村容疑者はこれまでに50匹以上の猫を殺害していたことも明らかとなっております。

また、新村容疑者は逮捕前の今月4日、JNNの取材に対し、「1年半前から飼い猫や野良猫を相次いで連れ去り、50匹以上殺した」と話していました。

「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」(新村容疑者〔今月4日〕)

Q.しばらく放っておいて、最初に何した?

「お湯かけました」(新村容疑者〔今月4日〕)

出典:JNN

つまり、この事件は突発的に発生したものではなく、あくまで断続的に続いていたもので、それをJNNなどの繰り返しえて取材をしてく中で、たまたま窃盗の容疑に引っ掛かって逮捕されたということになるのです。

現在、窃盗容疑での逮捕でありますが、動物の愛護及び管理に関する法律の第2条には、以下のように動物の扱いについて定められておりますので、50匹以上の殺害が立証されるのであれば、その容疑での逮捕も考えられると思います。

動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。

出典:egov

こうした虐待を行なっていること自体が犯罪でありますので、2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処される可能性が出てきます。

逮捕されるだけでは、この痛ましい事件は終焉を迎えることは出来ず、最終的にこの男性がしっかりと反省して心から「二度とこのような真似をしない」と誓うことが出来なければ、絶対に無くなることはないでしょう。

スポンサーリンク

動機はストレスによるもの

新村容疑者は猫を虐待した理由について「ストレスの発散で」という趣旨のコメントを残しております。

出典:FNN

つまり、自分がストレスが溜まったためにそれおを昇華する一つの方法として猫を虐待するということを選んだのだということです。

ストレスの発散方法は趣味に興じたり、体を動かすなど他にも色々あると思うのですが、あえてこの方法を選ぶというのは精神的にどこかおかしいか、サイコパスなどの異常者、もしくは普通の思考回路ではないということが考えられます。

ストレスを軽減するために、猫を虐待するというの決してあってはいけないことですし、人がやるようなこととは到底思えません。

同じように自分が誰かのストレスの発散のために熱湯をかけらたり、殺害されたりしたら、絶対に文句を言うでしょうし、納得いかないと感じるのは当たり前であると思います。

しかしながら、言葉を話す事が出来ない猫という弱い立場にある動物を、自分のエゴによって虐待したり殺害したりするのは言語道断であり、新村容疑者にもぜひ同じ目にあってほしいと思うのも無理はありません。

スポンサーリンク

動物虐待を根絶やしにするために

過去にも三重県鈴鹿市や岐阜県岐阜市などで猫を虐待した動画がなどが公開されており、その度に社会問題として大きく取りざたされてきましたが、このようなニュースは一向に無くなる気配がありません。

実際にこうした問題に関して関心を持っているのは動物を愛護する人々であり、虐待をしているもしくはしそうな予備軍の人々には虐待のニュースは一切心に響かないことでしょう。

厳罰化すれば無くなるのかもしれませんが、それ以前に動物を愛するような環境や心を育てていくほうが先決で、ストレスのはけ口として動物を使わないという社会づくりをしていかなければならないでしょう。

目には目をというハンムラビ法典のようなやり方で、容疑者に同じような目に合わせるという原理主義的なやり方をしてしまうというのは法治国家の日本では現実的ではないのかもしれません。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

富山で猫を虐待した犯人の50代男性の情報!名前や顔画像と酷すぎる犯行動機についても
出典:Twitter 富山県で飼い猫や野良猫が相次いで連れ去られているという事件が発生し、大きな波紋が広がっております。 今回は、この富山県の猫虐待の犯人の男性の名前や顔画像、さらには虐待の動機などについて迫ってみた...

コメント

テキストのコピーはできません。