伊住祐輔容疑者の顔画像がこちら!逮捕前の取材や、障がい者への暴行の動機が酷すぎる

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」で今年3月、入所者の男性(当時30歳)に暴行を加えて死亡させたとして、伊住祐輔(いずみ ゆうすけ)容疑者が逮捕されました。

今回は、伊住祐輔容疑者の顔画像や犯行動機、現場や、障害者福祉施設での暴行事件の多さなどについて迫ってみたいと思います。

障害者施設で入所者を暴行

日本経済新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪府茨木市の社会福祉法人「慶徳会」が運営する障害者施設「障がい者サポートセンターしみず」で3月、入所者の無職の男性(30)に暴行を加え死亡させたとして、大阪府警捜査1課は13日、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市今宮3=を傷害致死の疑いで逮捕した。同課によると「腕をつかむなどしたが、けがをさせることはしていない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は3月22日午後11時~23日午前1時15分ごろ、施設内で入所していた男性の腹部に膝を乗せたり頸(けい)部を圧迫したりする暴行を加え、同月24日に搬送先の病院で死亡させた疑い。男性は胸や腹など複数の箇所に打撲があったほか、喉の付近の骨が折れるなどしていたという。

同課によると、男性は同月22日午後4時すぎ、1泊2日の予定で施設3階の個室に入所。同8時から伊住容疑者と50代の女性職員の2人で、男性を含め4人の入所者を介助していた。

センターによると、被害者の男性は知的障害があるものの、簡単な意思疎通は可能という。

伊住容疑者の逮捕前の任意聴取などによると、男性は消灯時間になっても寝付かず廊下に出るなど徘徊(はいかい)を繰り返していた。以前に入所した時に同じ階の別の部屋では眠りに就いたと聞いていたためそこに布団を移動。「引き倒して覆いかぶさったり腹部に膝を乗せたりしておとなしくさせようとした」という。

伊住容疑者は同月23日午前1時15分ごろ、休憩していた女性職員に「様子がおかしい」と伝え、同職員が布団の端であおむけに倒れた男性を発見。声をかけても反応がなく119番したが、翌24日に搬送先の病院で死亡が確認された。消灯までに別の職員が風呂に入れるなどした際には男性の体に皮膚変色などの異常はみられなかったという。

センター幹部によると、男性は2~3年前から年に数回利用していた。伊住容疑者は10年以上勤務しているが、男性の担当をしたのは事件が起きたとされる日が初めてだったという。幹部は容疑者について「勤務態度はまじめで同僚からもアドバイスを求められる存在。クレームもこれまでに聞いたことはなく、信じられない」と話した。

出典:日本経済新聞

スポンサーリンク

伊住祐輔について

こちらが、逮捕された伊住祐輔容疑者のプロフィールです。

名前:伊住祐輔(いずみ ゆうすけ)

年齢:40歳

職業:介護福祉士

在住:府箕面市今宮3

伊住祐輔容疑者は、3月22日午後~23日午前、施設に入所中の男性の腹部に乗るなどの暴行を加え、24日に死亡させたとして逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが逮捕された伊住祐輔容疑者の顔画像です。

出典:FNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、伊住容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば事件当時は「(男性を)寝つかせた後、心配になって様子を見に行ったら体が冷たくなっていた」という供述をしており、現在は「腕はつかんだが暴行はしていない」と容疑を否認しているという事です。

亡くなった男性についてですが、喉の付近の骨が折れている他、胸や腹など複数の箇所に打撲が見受けられたという事で、相当な暴行を加えていたのではないかと考えられるのですが、おそらくストレス発散のはけ口として利用者を使っていたのではないかと思われます。

介護や障害者施設などの現場では、ヘルパーや介護士福祉士、社会福祉士などは健常者であり、自分が思った通りに行動しない利用者に対してストレスが溜まってしまうというのも現状です。

そうした溜まったストレスのはけ口として利用者にぶつけるというのは、しばしば考えられる話でありますので、今回の伊住容疑者もそうした事が考えられるでしょう。


スポンサーリンク

現場について

今回事件が発生してしまった現場は、大阪府茨木市清水1丁目28−15にある「障がい者サポートセンターしみず」という場所であり、こちらがその詳細です。

障がい者サポートセンター・しみずは、生活介護や短期入所、日帰りショートステイなどを行なっております。

生活介護については障害のある方が、日中活動の場所tして自分らしく生活できるよう、創作活動やレクリエーションなどの様々な活動を行い、食事や排泄、入浴などの生活支援を行なっているそうです。

スポンサーリンク

介護福祉士について

伊住容疑者の職業である介護福祉士とは、一体どのような資格なのでしょうか?

介護福祉士は、社会福祉専門職の介護に関する国家資格のことで、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、スムーズな日常生活が送れるように、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者からの相談に応じてアドバイスをしたり、介護者の精神面での支えになったりたりすることが主な仕事であります。

つまり、国家試験に合格しているという事で、狭き門を突破した人物なのです。

介護福祉士の試験は、平成30年度においては、受験者数94,610人に対して69,736人が合格していますので、73.7%の合格率で、過去7年間で見ると平均でおよそ66%という合格率の試験でもあります。

そうした国家資格も持っており、施設で働いているにも関わらず、このように利用者を死亡させてしまうというのは非常に由々しき問題です。

スポンサーリンク

逮捕前の取材に対して

伊住祐輔容疑者の逮捕前のFNNの取材に対して「分からない」というコメントを残しておりました。

出典:FNN

分からないと答えるのは当然だと思いますし、自分が殺害したのをわざわざいう人はいないでしょうから、当然と言えば当然のコメントかもしれません。

しかしながら、1人の命を奪っておいてこのようにしらばっくれて平気で取材に応じるのはというのもやはりサイコパス的な要素があると言わざるを得ません。

また、放火犯が自分の放火現場を見ながら取材に答えたりする事があると思いますので、そうした犯罪心理が働いていたということも考えられるでしょう。

[ad-extra6]

あなたにおすすめの記事

 

加藤紘貴の出身地の情報がこちら!現場に矢口智恵美さん宅を選んだ理由が衝撃的
出典:FNN 山形県東根市の医師矢口智恵美さんが自宅マンションで殺害された事件で、県警は山形大人文学部4年、加藤紘貴(かとう ひろき)容疑者を逮捕しました。 今回は、この加藤紘貴容疑者の出身や生い立ち、犯行動機や矢口...