橋本貴彦と余根田渉の顔画像を特定か?現場判明で、犯行動機が酷すぎる

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

京都府向日市上にある集合住宅の駐車場で11日午前、成人女性とみられる遺体が見つかった事件がありました。京都府警は12日、遺体を遺棄した疑いで橋本貴彦容疑者とその知人で余根田渉容疑者を逮捕しました。

なぜ2人は遺体を遺棄したのでしょうか。その理由を2人の関係から考察したいと思います。

遺体遺棄容疑で逮捕

事件についてはFNNをはじめ各メディアが以下のように伝えています。

11日、京都・向日市のアパートで、粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかった事件で、遺体は、逮捕された55歳の男の交際相手である疑いがあることがわかった。

向日市役所の職員・余根田渉容疑者(29)と職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)は、11日午前11時ごろ、橋本容疑者の住む向日市上植野町のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑いが持たれている。

警察によると、余根田容疑者はケースワーカーで、橋本容疑者の担当をしている。

余根田容疑者が担当する生活保護受給者は、「結構真面目でしたよ。われわれもいろんな相談に乗ってもらって、真剣にやってくれるし、まさかと思った」と話した。

向日市の担当者は、「午前中に(余根田容疑者が)当該の男性宅を訪問いたしております。その後、午前11時45分ごろに職員から『警察から現場待機を言われている』との電話が入っております」と話した。

また、遺体は白のシートでくるまれ、その上から粘着テープが巻かれた状態だったが、警察への取材で、橋本容疑者の交際相手の大阪市の40代の女性と連絡が取れていないことが新たにわかった。

2人は、「遺棄したことに間違いありません」と容疑を認めていて、警察は遺体が40代の女性ではないかとみて、身元の確認を急いでいる。

出典:FNN

スポンサーリンク

逮捕された2人

京都府警は遺体遺棄容疑で橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者を逮捕しました。

両容疑者について明らかになっていることは次の通りです。

 

名前:橋本貴彦(はしもと たかひこ)

年齢:55歳

職業:無職

住所:京都府向日市上植野町藪ノ下

 

名前:余根田渉(よねだ わたる)

年齢:29

職業:公務員(向日市地域福祉課)

住所:京都市西京区

 

橋本容疑者、余根田容疑者の顔写真、SNS等の身元に繋がる情報を捜索しましたが発見には至りませんでした。

両容疑者は11日、40代の女性の遺体を橋本容疑者が住むアパートの駐車場に遺棄した疑いがもたれています。橋本容疑者が交際していたこの女性の遺体は腐敗が進んでいましたが目立った外傷はありませんでした。しかし橋本容疑者は傷害を加えていたことを明らかにしています。おそらく傷害を加えられた時に脳や内蔵にダメージを負いくも膜下出血などを引き起こしたのでしょうか。

橋本容疑者は女性の遺体を自身が住んでいるアパートの2階の一室を借り、その室内に冷蔵庫を置いて保管していました。

一方でケースワーカーとして地域住民の見回りをしていた余根田容疑者は生活保護を受給していた橋本容疑者のもとを定期的に訪れており、2人の間には交流関係があったことは明らかになっています。

スポンサーリンク

現場は?

住宅街の中

事件が起きた現場はどこだったのでしょうか。

報道メディアによると遺体が発見された場所は”京都府向日市上植野町藪ノ下”という住所だということが明らかにされています。

さらに画像によってアパート外観も判明していますのでこれらの情報を元に事件現場を特定したいと思います。

事件があったアパートは寿荘というアパートでした。

このアパートは築年数42年と古いですが間取りが2DKと広く賃料が1ヶ月4.1万円と手ごろな価格になっています。

出典:hcorporation

不動産のホームページで確認したところ2階の部屋が成約済みになっていました。上記の間取りはその2階の間取り図ですが橋本貴彦容疑者はこの部屋を借りた可能性はあります。

ただ生活保護を受けていたのにもかかわらず自室ともう1部屋借りることができるのでしょうか。そのためこの部屋を用意したのも余根田渉容疑者が関与していたと思われます。

スポンサーリンク

犯罪の幇助か

頼られたという満足感

逮捕された橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者は相談を”する側”と”される側”の関係でした。詳細は明らかになっていませんがおそらく傷害を加えて死亡してしまった女性の対処に困った橋本容疑者が余根田容疑者に相談、そこから余根田容疑者が橋本容疑者の幇助をするという経緯だったのではないでしょうか。

ではなぜ公務員でもある余根田陽容疑者は橋本容疑者の行為を容認し手を貸してしまったのでしょうか。

それには相談を”される”という誰からか頼られるということが関係していると考えられます。

特に男性は誰かに頼られることで自分の存在価値を確認していると言われています。自分が必要とされているという承認欲求を満たすと同時に、自分が特別だという唯一無二感を得ることで自尊心を満たしているようです。

このことから余根田容疑者は橋本容疑者から頼られることに満足感を得てしまい犯罪を手助けをしてしまった可能性があります。

しかしどんな理由があれ犯罪を手助けすることも犯罪になります。余根田容疑者には満足感を手放して真実を口にしてほしいです。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

加藤紘貴の生い立ちがヤバい!矢口智恵美さんとの接点が無いのに殺害した動機が衝撃的
出典:NHK NEWS WEB 山形県東根市の眼科医、矢口智恵美さんが自宅マンションで殺害された事件で、警察は山形大学人文社会科学部4年の加藤紘貴(かとう ひろき)容疑者を逮捕しました。 今回は、加藤紘貴容疑者の生い...
error:You never click here!!