栗林華子さんの顔画像をマスコミが入手した方法が酷い!出回った経緯は視聴率確保のためか?

国内NEWS

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺すという無差別殺傷事件が発生し、東京都多摩市の栗林華子さんや容疑者を含む3人の命が亡くなってしまいました。

今回は、亡くなった栗林華子さんの顔画像を報道したマスコミや、その顔写真の卑劣な入手方法などについて迫ってみたいと思います。

亡くなったのは栗林華子さん

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 川崎市多摩区で28日、小学生らが男に刃物で刺され、多数が死傷した事件で、神奈川県警は死亡したのは小学6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市桜ケ丘2丁目=と、外務省職員の小山智史さん(39)=東京都世田谷区桜上水5丁目=と確認し、発表した。ほかに小学1~6年の児童16人と40代女性が重軽傷を負ったことも確かめられたといい、事件による死傷者は計19人となった。

県警によると、男は28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、登校中の小学生らを刃物で次々襲った。死亡した2人は首などを刺された。

男は襲撃後まもなく、近くで自らの首を切りつけ、搬送先の病院で死亡が確認された。そばには血の付いた包丁が2本落ちていたという。県警はこの2本が事件に使われたとみて殺人容疑で捜査している。

捜査関係者によると、男は川崎市麻生区の51歳とみられる。県警によると、両手に刃物を持ち、小山さんを背後からいきなり刺した後、スクールバスの乗降場所近くにいた栗林さんら私立カリタス小学校(多摩区)の児童や女性に襲いかかった。小山さんはカリタス小に子どもが通っていたという。小山さんの子どもにはけがはなかった。

スクールバスの運転手が「何をやっているんだ」と怒鳴るとその場を立ち去り、自らを切りつけたという。現場に残された男のものとみられるリュックの中から、ほかに包丁2本が見つかったという。

搬送先の病院によると、小山さんは背中や首などに計4カ所、栗林さんは首に1カ所の刺し傷が確認された。ほかの児童らも首や顔、胸などに切り傷や刺し傷があったという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

栗林華子さんについて

こちらが、亡くなった栗林華子さんのプロフィールです。

名前:栗林華子(くりばやし はなこ)

年齢:11歳

所属:カリタス小学校6年

在住:東京都多摩市桜ケ丘2丁目

栗林華子さんは、川崎市多摩区で28日に起きた無差別殺傷事件で犠牲となってしまった人物で、カリタス小学校に通う6年生であったという事です。

笑顔が素敵だったという栗林さんは、カリタス小学校を見学しにきた編入希望者に対して自ら「外国語がたくさんできるよ」と笑顔で説明することもあったといい、カリタス小学校の教頭先生は「お願いしていないのに、学校の良いところを話してくれた」と栗林さんの性格の良さについて語っております。

スポンサーリンク

小山智史さんについて

こちらが、亡くなった小山智史さんのプロフィールです。

出典:日本経済新聞

名前:小山智史(こやま さとし)

年齢:39歳

職業:外交官

宮崎県宮崎市出身の小山さん、平成10年に偏差値64もある県内トップクラス進学校の宮崎大宮高校を卒業、東京外国語大学に進学しました。

「アジアに興味があって珍しい言語を学びたいと思っていた」

そして東京外国語大学ではミャンマー語を学び、2004年に専門職員として外務省に入省します。ミャンマーの日本大使館勤務経た後に現在は広報文化外交戦略課に所属して国内外へ情報発信する仕事に携わっていました。

さらに通訳官も任官しており13年の国連総会では岸田外相(当時)とミャンマー外相の会談の通訳にあたったり、同年来日したアウンサンスーチー氏に同行したりするなど大役を任されていました。

「アウンサンスーチー 小山」の画像検索結果

出典:Yahoo!ニュース

事件当日はカリタス小学校に通う子どもを送りきておりそこで事件に巻き込まれました。岩崎隆一容疑者は柳葉包丁のような長い包丁で小山さんを背後から襲撃したと見られています。


スポンサーリンク

チェロを習っていた

栗林華子さんですが、自宅近くにある音楽教室でチェロを習っていたという事で、その当時の様子を教えていた先生は以下のように振り返っております。

 佐藤さんによると、栗林さんは3歳から今年3月まで週1回、教室に通っていた。レッスンの際には、よく冗談を言って周りを和ませ、その人柄をうかがわせる「いい音を響かせていました」という。

 いつもかばんにお菓子を入れていて、5年生のときに、佐藤さんが「ちょうだい」と言うと、「いいよ」と板チョコの包装をむき、「親切だな」と思っていると、半分以上を自分が食べてから、残りをくれるような、ひょうきんな一面を持っていた。

出典:東京新聞

栗林さんは金輪際チェロを奏でる事など出来なくなってしまい、それを奪う権利など何人たりともないのですが、残念ながら無差別通り魔という防ぎようにない事件に巻き込まれてしまいました。

ひょうきんな一面も持っていたという栗林さんですが、根はものすごく真面目で優しい性格であったという事で、チェロを教えていた先生によれば好奇心旺盛で楽しそうな華子さんの笑顔ばかりが思い浮かぶのだと言います。

スポンサーリンク

栗林さんの顔画像が出回る

2019年5月31日に放送されたお昼の情報番組「情報ライブミヤネ屋(読売テレビ)」において、亡くなった栗林華子さんの顔画像が公開されておりました。

出典:ミヤネ屋

2019年5月31日の放送の様子がこちらです。

こちらの放送では、2018年7月に奥さんを殺害して逮捕されたきらぼし銀行の銀行員の特集や、この登戸の殺傷事件について特集をしておりました。

登戸の事件に関しては事件を引き起こした首謀者の岩崎隆一容疑者の生い立ちや近隣住民の方の話などを中心に番組は進行していったのですが、その中で栗林華子さんの顔画像を堂々と公開しており、さらに栗林さんが以前通っていたチェロ教室の先生に取材をするなどしていたのです。

栗林さんの遺族によれば、こうした取材などはしてほしくないという趣旨のコメントを代理人の弁護士を通じて報じていたにも関わらず、なぜか報道が過激化してしまったのです。

 本来であれば、取材にお応えし、我々の気持ちをお話しすべきところではございますが、人生で最も大切な、最愛の娘を突然奪われ、今は全く気持ちの整理がつかない状態です。ただただ、失ったもののあまりの大きさと深い悲しみに打ちひしがれております。

報道関係者各位におかれましては、自宅及びその近隣、葬儀場における取材・撮影はご遠慮くださいますよう、何卒(なにとぞ)、宜(よろ)しくお願い申し上げます。

残された我々が、最愛の娘との最後の時間を大事に過ごし、大切な思い出を胸に、少しでも穏やかな気持ちで娘を見送ることができますよう、温かく見守っていただければと存じます。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

なぜ出回ったのか?

こうした故人の顔画像というは、しばしばワイドショーなどで出回ることがあるのですが、一体なぜ出回ってしまうのでしょうか?

遺族の方が提供する場合はあると思いますが、今回の栗林華子さんの件では遺族の方々は取材や撮影を極力避けるように訴えておりますし、能動的に顔画像を提供するようなことはまずあり得ないと考えられます。

しかしながら、東京都多摩市永山にある写真スタジオ「フォトスタジオリブレリー」の公式Twitterのアカウントが以下のような告発をしており、なぜ入手出来たのか?という疑問を解決できるようになりました。

つまり、これを整理すると以下のようになります。

・マスコミの考え方は、栗林さんが卒業式が近いため、写真スタジオにて卒業写真の撮影依頼をしているはず

・カリタス学園や関係各所、また栗林華子さんの住所の近所にある写真スタジオに片っ端から連絡をして写真の提供を依頼

・写真提供を断られるとサラリーマン風格好をした男(駐車場には黒塗りのバン)を写真スタジオに直接派遣

・栗林華子さんの写真を出させようとサンプルを見せてくれるように、写真スタジオのスタッフに直接依頼

現に連絡があった「フォトスタジオリブレリー」は拒否したそうですが、マスコミは栗林さんに関係のありそうな写真スタジオ全てにアタックをして写真を入手しており、あまりにも卑劣なやり方であるために数多くの批判が殺到しているのも事実です。

マスコミも報道をすることが仕事でありますから、色々な方面に取材をして事件の全容解明に務め、それを世間に広く知らしめることが重要です。

ですが、世間が求めている情報が全てマスコミが流す情報とは限りませんし毎回イコールになるわけではないので、需要と供給のバランスがおかしいのだと思います。

今回の場合、栗林華子さんという小学校6年生にして無差別殺人に巻き込まれてしまった故人の顔画像を報道することによってセンセーショナルな画が放送出来ますし、それによって視聴率が取れると思ったのでしょう。

この入手方法が事実であればあまりにも卑劣ですが、ここまでして視聴率を稼がなければならないマスコミというのも大変な職業なのだと痛感させられます。

マスコミはしばしマスゴミと揶揄されることがありますが、報道の需要と供給を間違っているだけで、SNSなどで批判をしている人はそこでしか正義を振りかざせない偽善であると捉えられても仕方ないと思われますし、マスコミのやり方に文句があるのであれば直接抗議をしたほうが賢明であると言えます。

何れにしても、亡くなった栗林華子さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

小山智史さんの家族や嫁、娘の情報!妻のコメントやミャンマー専門家としての経歴も
出典:FNN 28日朝、神奈川県川崎市で発生した19人が死傷した殺傷事件。この事件で2人が亡くなりましたがそのうち1人は外務省に勤める外交官、小山智史さんであったことが明らかになりました。 外交官ということで日本と海外諸国の...