岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

川崎市多摩区で児童らが殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)が走りながら包丁を振り回し、手当たり次第に刺す様子がスクールバスのドライブレコーダーに映っていたことが明らかとなりました。

今回は、岩崎隆一容疑者のドラレコがあまりにもショッキングな映像であるという点や、岩崎隆一のいとこがカリタス小学校に通っていたという点などについて迫ってみたいと思います。

ドラレコに犯行時の様子が映し出される

共同通信ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)自宅の家宅捜索で、神奈川県警が包丁の空き箱4個を押収したことが30日、県警への取材で分かった。現場で見つかった包丁4本のものとみられ、県警は岩崎容疑者が箱から出した新品の包丁を襲撃に使った可能性があるとみて、購入先や時期を調べている。

襲撃時には両手に作業用の手袋を着けており、凶器の包丁が滑らないようにしていたとみられる。県警は大勢を殺害するため、周到な準備をしていたとみている。

岩崎容疑者がバス待ちの児童の列に後ろから近づいて切り付ける様子が、スクールバスのドライブレコーダーに写っていたことも判明した。

県警によると、空き箱は容疑者の居室の押し入れで見つかった。現場から岩崎容疑者が襲撃に使用した刃渡り約30センチの細長い包丁2本が見つかったほか、容疑者が現場近くのコンビニ店駐車場に置いたリュックサックの中に刃渡り約25センチと約20センチの2本があり、この4本が入っていたとみられる。捜査関係者によると、リュックの2本に使用された形跡はなかった。

岩崎容疑者は両手に包丁を持ち、保護者の外務省職員小山智史さん(39)やカリタス小6年栗林華子さん(11)を刺し、児童らを切り付けるなどした後、自分の首を刺して自殺を図った。

小山さんの刺し傷は心臓まで到達し、栗林さんは首を刺されていた。児童らの傷も上半身に集中しており、強い殺意を持っていたとみられる。リュックにも包丁があったことから、さらに襲撃を続けようとした可能性もあったとみている。

事件は28日午前7時40分ごろ発生。19人が被害に遭い、小山さんと栗林さんが死亡、女性(45)と女児2人が重傷を負った。

出典:共同通信

スポンサーリンク

岩崎隆一について

こちらが、岩崎隆一容疑者のプロフィールです。

出典:NNN

名前:岩崎隆一(いわさき りゅういち)

年齢:51歳

職業:不詳

在住:神奈川県川崎市麻生区

身体的特徴:坊主頭

服装:黒の半そでシャツ、ジーパンの格好

岩崎容疑者は、28日朝、川崎市多摩区登戸新町の公園近くの路上で女子児童16人と大人2人の計18人が刺され、うち小学6年の女児1人と男性(39)が死亡したという事件を引き起こしたとされる人物で、自分で首付近を刺した後身柄を確保されたのですが、のちに病院で死亡が確認されたということです。

岩崎隆一容疑者はが幼少時代に両親が離婚をしており、それがきっかけとなって父方か母方どちらか分かりませんがその兄弟である伯父と伯母の元で暮らし始めたと言います。

伯父は元々会社員であり、伯母は専業主婦という家庭に引き取られたのですが、岩崎隆一容疑者が幼少期の頃は、近所でもよく伯母や伯母の子供と一緒に遊ぶ姿が目撃されており、仲は普通だったと言われております。

地元の小学校と中学校を卒業したのち、そこから家庭でうまくいかなくなってしまったのか、10代後半で慣れしたんだ家を出て成人を迎え、定職に就いていたという情報もあるのですが、近年、伯父と伯母の自宅に舞い戻ってきたのだそうです。

この空白の何10年かの情報に関しては何も入ってきていないのですが、中学校を卒業して以降の足取りは誰1人としてつかめていないのも現状です。

現在は、伯父や伯母の家に身を置いており川崎市などの会見によって引きこもり傾向にあったということが解明されているのですが、度々夜中にで歩く姿が目撃されているなどしており、近隣住民の話によれば「不気味な人」という印象が強いとされております。

スポンサーリンク

ドラレコ動画は?

では、ドラレコ動画の映像はあるのでしょうか?

スクールバスのドライブレコーダーには、犯行後に自殺した岩崎隆一容疑者が児童らを次々に無差別に襲う様子が写っていたということですが、こちらは現在の警察が解析しておりますし、あまりにもショッキングな映像であるということで、ほぼ一般には出回ることはないでしょう。

現代においては街の至る所に防犯カメラが設置されており、その映像を解析するというだけでなく、車両に搭載されたドラレコなどの動画から犯行の一部始終を検証することが出来るので、便利な世の中になったという反面、見たくもない映像を見なければならない警察職員の気持ちを考えると滅入ってしまうことでしょう。


スポンサーリンク

いとこの兄がカリタス小学校に通っていた

この事件は、執拗なまでに岩崎容疑者がカリタス小学校に固執していたという様子が伺えるのですが、それはいとこ2人がカリタス小学校に通っており、そのいとこと差別されていたために、固執してしまったのではないかということです。

川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)=川崎市麻生区=のいとこ2人がカリタス小に通っていたとの情報が29日、浮上した。近隣住民が証言した。いとこ2人と同居していた容疑者は公立小を卒業しており、幼い頃の複雑な家庭環境を背景に、一方的で理不尽な恨みを抱いてカリタス小の児童を狙った可能性が出てきた。

別の近隣住民はスポニチ本紙の取材に「いとこ2人はカリタス小に通っていたと聞いた」と証言。一方、岩崎容疑者は地元の公立小を卒業。子供時代の複雑な家庭環境を背景に、岩崎容疑者が一方的で理不尽な恨みを抱き、カリタス小の児童らを襲った可能性が出てきた。

出典:スポニチアネックス

実家には、ほかにも岩崎と同世代の男女が暮らしていたという。

「その2人は兄夫婦の実子ですよ。隆一から見たら、“兄妹”になるのでしょうか。あの家では彼だけが実の子ではなく、居心地はよくなかったのではないか。実はその“兄”が、子供の頃、カリタス小学校に通っていたという話ですよ」(前出・近隣住民)

出典:NEWS POSTセブン

かたや公立の小学校、かたやカリタス小学校という名門校というこの差別が、理不尽な感情を形成してしまい、いとこと自分の何が違うのか?というのを自問自答する日々だったのではないかと考えられるのです。

ちなみに、このいとこ2人が現在何をしているのか?などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

将来の夢は意外と普通

そんな岩崎容疑者ですが、中学校の担任の情報によればからかわれやすく嫌われ者だったという印象で、すぐにいじられるようなタイプだったと言いますが、将来の夢に関して「生まれ変わるとしたら、大金持ち」、「新婚旅行はオーストラリアに生きたい」、「将来なりたいものは動物園の飼育係」ということを卒業文春で書いていたということです。

ひん曲がった性格であるにしては意外と真面目で普通な夢を持っているという印象ですが、小学校の頃でありますし、ここから段々と性格がおかしくなっていったということも考えられます。

どこで人しての道を踏み外したのか分かりませんが、少なくとも幼い頃の極めて理不尽な差別体験が引き金となっているということは言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク

伯父と伯母からの手紙の返事が酷い

伯父と伯母の家に居候していたという情報はすでに周知の事実だと思いますが、岩崎容疑者は定職に就いておらず引きこもり傾向にあったということで、伯父と伯母も心配していたということです。

不安材料はそれだけではなく、伯父と伯母が高齢となったため介護が必要となってきており、そのために介護のスタッフを家に呼んでもいいのか?というのを岩崎容疑者に直接聞かなければなりませんでした。

しかし、ほとんど会話がなかった伯父伯母と岩崎容疑者ですから、このことが気がかりで伯父と伯母は川崎市に相談をしたと言います。

普段からあまり岩崎容疑者を刺激したくないと考えていた2人は手紙を書いたというのですが、その返事は直接伯母に言われたのだそうで「自分のことは、自分でちゃんとやっている。食事や洗濯を自分でやっているのに、引きこもりとはなんだ」という強い口調のものでした。

こうした不本意ながら本人の口から直接的に意思を聞けたと判断した伯父と伯母は、しばらく様子を見るといって放っておいたところこのような悲惨な事件を引き起こしてしまったということです。

川崎市としてもあまりにも突然の出来事であるだけに、驚きを隠せなかった様子ですが、伯父伯母含めもう少し親身になって対応をしていれば、このような惨劇は怒らなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

岩崎隆一の生い立ちや幼少期の奇行がヤバい!両親の離婚と厳しい躾が残虐な犯行の引き金に
出典:JNN 28日午前7時40分頃、川崎市多摩区登戸のぼりと新町のスクールバスのバス停付近で、同区中野島の私立カリタス小学校の児童17人と保護者2人の計19人が次々と刃物で襲われた事件で、逮捕された岩崎隆一(いわさき り...