岩崎隆一の生い立ちや幼少期の奇行がヤバい!両親の離婚と厳しい躾が残虐な犯行の引き金に

国内NEWS

出典:JNN

スポンサーリンク

 

28日午前7時40分頃、川崎市多摩区登戸のぼりと新町のスクールバスのバス停付近で、同区中野島の私立カリタス小学校の児童17人と保護者2人の計19人が次々と刃物で襲われた事件で、逮捕された岩崎隆一(いわさき りゅいち)容疑者の生い立ちや幼少期の言動、現在の生活などが次々と明らかとなってきました。

今回は、この岩崎容疑者の数々の奇行や犯罪を犯しそうな様子、未然に防げたのではないかなどについて迫ってみたいと思います。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

岩崎容疑者の親族は川崎市に相談をしていた

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 川崎市多摩区で児童ら19人が殺傷された事件で、川崎市は29日、岩崎隆一容疑者(51)=川崎市麻生区多摩美1丁目、直後に自殺=と同居していた高齢の伯父と伯母から計14回にわたって相談を受けていたことを明らかにした。伯父や伯母と岩崎容疑者はほとんど会話がなく、自宅に介護サービスの提供者が入った場合に、岩崎容疑者がどう反応するかを心配していたという。

市精神保健福祉センターによると、2017年11月15日から今年1月10日までの間、電話での相談が6回のほか、区役所などで伯父と伯母、親族を含めた面接を8回行った。岩崎容疑者本人との接触はなかったという。

同居の伯父と伯母は高齢であることから介護サービス導入を検討。ただ岩崎容疑者とのコミュニケーションがほとんどなかったことから、外部の支援者が家の中に入ることに対して、岩崎容疑者がどう反応するのかと心配していたという。

市によると、岩崎容疑者は長期間にわたって就労せず、伯父や伯母ともほとんど会話がない状態だった。ただ、伯父や伯母が食事を用意したり、小遣いを与えたりしたこともあり、険悪な状態ではなかったという。

相談の結果、昨年6月から訪問看護などのサービスを開始。スタッフが家に出入りするようになっても、特に岩崎容疑者とトラブルになるようなことはなかった。

出典:朝日新聞デジタル

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

岩崎隆一について

こちらが、岩崎隆一容疑者のプロフィールです。

出典:NNN

名前:岩崎隆一(いわさき りゅういち)

年齢:51歳

職業:不詳

在住:神奈川県川崎市麻生区

身体的特徴:坊主頭

服装:黒の半そでシャツ、ジーパンの格好

岩崎容疑者は、28日朝、川崎市多摩区登戸新町の公園近くの路上で女子児童16人と大人2人の計18人が刺され、うち小学6年の女児1人と男性(39)が死亡したという事件を引き起こしたとされる人物で、自分で首付近を刺した後身柄を確保されたのですが、のちに病院で死亡が確認されたということです。

今後は容疑者死亡のまま捜査が進められるということですが、今の所顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

自宅は犯行現場の4km先

岩崎隆一容疑者は事件を起こした川崎市内に住んでいました。場所は事件現場の最寄り駅である登戸駅から3駅ほど離れた場所だと報じられています。

出典:日刊スポーツ

さらに岩崎容疑者の自宅前には報道陣が集まっているようでその画像がたくさん上がっていました。これらの情報を元に岩崎容疑者の自宅住所を特定したいと思います。

小田急線読売ランド前駅から北西に200mのところに岩崎容疑者の自宅を発見しました。

岩崎容疑者はこの住宅に前述した高齢の伯父夫婦と暮らしていました。最近は伯父夫婦も病気がちで雨戸は閉まったまま人の気配はなかったと近隣住民は証言しています。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

生い立ちから現在まで

そんな岩崎容疑者ですが、生い立ちが壮絶なものでありました。

岩崎隆一容疑者はが幼少時代に両親が離婚をしており、それがきっかけとなって父方か母方どちらか分かりませんがその兄弟である伯父と伯母の元で暮らし始めたと言います。

伯父は元々会社員であり、伯母は専業主婦という家庭に引き取られたのですが、岩崎隆一容疑者が幼少期の頃は、近所でもよく伯母や伯母の子供と一緒に遊ぶ姿が目撃されており、仲は普通だったと言われております。

地元の小学校と中学校を卒業したのち、そこから家庭でうまくいかなくなってしまったのか、10代後半で慣れしたんだ家を出て成人を迎え、定職に就いていたという情報もあるのですが、近年、伯父と伯母の自宅に舞い戻ってきたということです。

この空白の何10年かの情報に関しては何も入ってきていないのですが、中学校を卒業して以降の足取りは誰1人としてつかめていなかったということです。

現在は、伯父や伯母の家に身を置いており川崎市などの会見によって引きこもり傾向にあったということが解明されているのですが、度々夜中にで歩く姿が目撃されているなどしていたということです。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

幼少期の躾がこのような犯行に及ばせたのか?

このような世間的に残忍とされる犯行に及ぶ犯人というは、しばしば幼少期に受けた虐待や精神的苦痛・ダメージが色濃く鮮明に記憶されており、その当時に形成された性格がひん曲がっているために、犯行に及ぶことがあるのだと言います。

1988年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の首謀者である宮崎勤元死刑囚は、身体的な障害を持っておりそのことをいじめられたという幼少期の強い精神苦痛が、あのような残忍な犯行に及ぼせたとのだといい、1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件の首謀者である少年Aに関しても幼少期のトラウマが事件の引き金となったということです。

今回の事件に酷似しているという2001年6月8日に発生した附属池田小学校の殺傷事件の首謀者である宅間守元死刑囚は、幼少期は典型的ないじめられっ子であった判明、弱者とりわけ動物などに対して虐待をするなどのストレス発散方法をしており、小学生を殺害して世間に理不尽さを味あわせたかったという供述もしているほどです。

また、シリアル・キラーや大量殺人者という特異な犯罪者に限って言えば幼少期に受けた虐待経験がトラウマとなっているケースがほとんで欧米でもそのような研究結果が出ているということも事実です。

今回の岩崎隆一容疑者に関しては、叔父と伯母の家族間には2人の実子がおり、岩崎容疑者だけ血が繋がっていないという理由から1人だけ厳しく躾けられて差別されていたということで、これが虐待に繋がっていたのではないかということです。

そして実子(岩崎容疑者にとっては義理の姉)が通学していたというのが今回の事件で標的となったカリタス学園であるということで、幼い頃のトラウマが今回の事件の引き金となったことは言うまでもないでしょう。

その後、おじ夫婦に引き取られ、2人のいとこと一緒に暮らすようになったという。祖父母も一緒に住んでいたが、「よく叱られたり、外に閉め出されたり、かなり厳しくやられていた」と孫として“区別”されていたと話した。また、カリタスとの関連について「いとこのお姉さんが(カリタスに)通っていたという話を聞いた」と話した。

出典:東スポWEB

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通


スポンサーリンク

幼少期の数々の奇行

そんな岩崎容疑者でありますが、自身が幼少の頃に数々の奇行をしておりますのでご紹介します。

▼鉛筆の芯で刺された

「近寄りがたい(タイプ)。彼(岩崎容疑者)に鉛筆で手を刺されて、まだ芯が残ってる友達もいます」

出典:TBS

芯が残っているほど強く、深く刺したと言うことになるのですが、さらに岩崎隆一容疑者は幼少期の頃、勝手に他人の家に侵入し金魚鉢を除いていたことがあるそうで、こちらは近隣住民の方が証言をしております。

変わった子だったという印象が強いと言うことですが、もしかしたら凶悪犯罪者は弱者を虐待する傾向にあることからこの金魚鉢を覗くという行為は虐待するためのものだったのではないかと考えられます。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

近隣住民ともトラブル

社交的ではなく暗い印象だったという近隣住民の方からの証言が数多く出てきており、以前は「りゅうちゃん」という愛称で親しまれていたものの、最近では近隣住民の方とも大きなトラブルとなっていたということです。

「昨年の今ごろ、朝6時にいきなり『おたくの庭に生えている木が目に入る』とブチ切れながら、乗り込んできたんです。30分近く口論しましたが、話していることは支離滅裂でした」とは隣接する女性住民。

出典:東スポWEB

 別の住民は「散歩していた犬がほえたことに『うるせー!」と立腹。いきなり犬を蹴り上げ、飼い主と大モメしたと聞きました」と証言する。

出典:東スポWEB

自室の窓は閉めっぱなしであったということで、引きこもりの岩崎容疑者に関しては時折見せるこの凶暴性が近隣住民の中で大きな不安材料であったことは言うまでもありません。

そのため、川崎市の精神保健福祉センターが岩崎容疑者との直接的な面接はなかったものの、親族を含めた面接を8回も行っており、なんとか現状を打破できるように尽力していたことも伺えます。

対人関係やコミュニケーション能力が著しく欠如しており、幼少期に差別をされたと言うトラウマや積年の恨みなどが相まって、今回のような残忍な犯行に及んだのではないでしょうか?

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

わずか40分で豹変

岩崎容疑者が犯行に及ぶおよそ40分ほど前には、近隣住民の方と挨拶を交わしていると言うことで、この挨拶をしてからおよそ40分後にあの残虐すぎる犯行に及んでいるのです。

「朝7時頃、ゴミ捨てに出たときに向こうから挨拶されました。黒のジーンズに黒のポロシャツ、黒のリュックと全身黒ずくめの服装で、駅の方向に走りながら、何食わぬ顔で『おはようございます!』と声を掛けてきたので、こちらも挨拶をしました。表情は普通に見えました。会ったのはこれが2回目です」

出典:文春オンライン

わずか40分という間に岩崎容疑者が豹変してしまっているのですが、むしろ計画的な犯行であったと言う犯罪心理学者の見解があるだけに、この挨拶を交わした際にはすでに小学生を殺害するという強い意志があったということになります。

それを考えるとあまりにも恐ろしく、全くの赤の他人というは基本的に何を考えているのか分からないということです。

普段我々が生活している中にも、犯罪者は潜んでおり、岩崎隆一容疑者のような犯罪者予備軍も何食わぬ顔で生活をしているということを考えるとゾッとしてしまいます。

何れにしても、幼少期のトラウマが今回の犯罪を引き起こすきっかけとなってしまったということで、子育やその環境というのは改めてしっかりと愛のあるものにしなければならないのかなと考えされる一件となりました。

続報:岩崎容疑者のいとこについてはこちらから↓

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

岩崎隆一のいとこの現在やスクールバスのドラレコ動画が流出か?将来の夢は意外と普通
出典:NNN 川崎市多摩区で児童らが殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)が走りながら包丁を振り回し、手当たり次第に刺す様子がスクールバスのドライブレコーダーに映っていたことが明らかとなりました。 今回は、...

 

岩崎隆一の自宅住所が流出し、家族も判明か?暴れやすい性格で近隣トラブルも多数
出典:産経新聞 28日朝、神奈川県川崎市で刃物を持った男が通行人とスクールバスを待っていた小学生を次々と切り付け2人が亡くなり、男自身も首を切って死亡するという事件が発生しました。 事件発生から一夜明け、男の素性が明らかにな...

 

宅間守の生い立ちが壮絶すぎる!獄中結婚の相手や兄、父親、元嫁の末路も酷い?
出典:AERAdot 21世紀に入って間もなかった2001年6月8日。大阪府池田市にある大阪教育大学附属池田小学校に男が侵入し児童を次々と刃物で襲撃するという事件が発生しました。 この事件で逮捕されたのは宅間守元死刑囚。宅間...