岩崎隆一の自宅住所が流出し、家族も判明か?暴れやすい性格で近隣トラブルも多数

国内NEWS

出典:産経新聞

スポンサーリンク

28日朝、神奈川県川崎市で刃物を持った男が通行人とスクールバスを待っていた小学生を次々と切り付け2人が亡くなり、男自身も首を切って死亡するという事件が発生しました。

事件発生から一夜明け、男の素性が明らかになってきました。男の名前は”岩崎隆一”。事件現場から4kmほど離れた地区に住む中年の男でした。

なぜ岩崎容疑者はわざわざ4km先の小学生の待機列を狙ったのでしょうか。その理由を追求したいと思います。

川崎殺傷事件

まず事件の概要を見てみましょう。事件についてはNHKをはじめ各メディアが以下のように報道しています。

28日、川崎市でスクールバスを待っていた小学生らが次々と包丁で刺され2人が死亡、17人がけがをした事件で、犯行後に自殺したとみられる容疑者の男はわずか十数秒の間に被害者を襲っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

28日午前8時前、川崎市多摩区の路上でスクールバスを待っていた小学生17人と大人2人の合わせて19人が包丁で刺されるなどして、いずれも都内に住む小学6年生の栗林華子さん(11)と、外務省職員の小山智史さん(39)が死亡しました。またほかの17人も重軽傷を負いました。

警察によりますと、事件を起こしたのは川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)で小学生たちを刺したあと、みずから首を刺して死亡し、自殺と見られています。

岩崎容疑者ははじめに小山さんを背後から刺し、それからわずか十数秒の間に70メートルほど移動しながら次々と小学生らを襲っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

凶器とみられる2本の柳刃包丁はいずれも刃渡りがおよそ30センチあったということで、警察は殺人の疑いで捜査するとともに、なぜ子どもたちを執ようにねらったのか詳しい動機を調べています。

出典:NHK NEWS WEB

刹那の間に19人もの人を持っていた包丁で切り付け、うち2人が亡くなりました。多くの人が切り付けられたこと、その大体が小学生だったことに全国に動揺と不安の声が広がっています。

スポンサーリンク

犯人”岩崎隆一”

神奈川県警は犯行後、自身の首を切りつけて死亡した岩崎隆一容疑者を被疑者死亡のまま書類送検しました。

岩崎隆一容疑者について明らかになっている情報は次の通りです。

出典:Twitter

名前:岩崎隆一(いわさき りゅういち)

年齢:51歳

職業:不詳

住所:神奈川県川崎市麻生区多摩美

岩崎容疑者の顔写真は中学生のころの写真が報道メディアによって取り上げられていました。事件を目撃した人によれば犯行当時の背格好は大柄で坊主頭、そして白髪交じりだったと証言が上がっています。

岩崎容疑者の生い立ちはあまり恵まれないものでした。小学校に入学するころに伯父夫婦に引き取られた岩崎容疑者の印象は細身で大人しい様子だったようです。

しかし小学校、中学校の同級生はそれとは異なる印象を持っています。大人しい見た目と反して気に入らないことがあるとすぐに暴れだし小学校のころは机や椅子を蹴飛ばしていたと言われています。さらに中学校に上がると周囲の同級生に殴りかかってトラブルが絶えませんでした。頻繁にトラブルを起こすため次第に友人はいなくなり一人で過ごすことが増えたそうです。

中学校を卒業して以降の足取りはつかめていません。一時は仕事にも就いたようですが夜に出歩くなど塞ぎがちの生活を送っていたのだと見られています。

ただ気に入らないとすぐに怒り出す性格は変わらなかったようで昨年夏ごろ、隣家の住民と「木の枝が道路にはみ出して目に当たった」と早朝に怒鳴りこんで口論になったこともありました。

とにかく岩崎隆一という人物は何を考えているのか掴めない人物だったようです。犯行当日の朝もこのトラブルになった住民に「おはようございます!」とあいさつをして走り去りその30分後に事件を起こしています。


スポンサーリンク

自宅は4km先

岩崎隆一容疑者は事件を起こした川崎市内に住んでいました。場所は事件現場の最寄り駅である登戸駅から3駅ほど離れた場所だと報じられています。

出典:日刊スポーツ

さらに岩崎容疑者の自宅前には報道陣が集まっているようでその画像がたくさん上がっていました。これらの情報を元に岩崎容疑者の自宅住所を特定したいと思います。

小田急線読売ランド前駅から北西に200mのところに岩崎容疑者の自宅を発見しました。

岩崎容疑者はこの住宅に前述した高齢の伯父夫婦と暮らしていました。最近は伯父夫婦も病気がちで雨戸は閉まったまま人の気配はなかったと近隣住民は証言しています。

スポンサーリンク

拡大自殺をする者たち

岩崎隆一容疑者が死亡したため詳しい動機が100%明らかなることは不可能になってしまいました。

今後、警察が自宅からパソコンや携帯電話を押収してメモや遺書、犯行計画など手掛かりがないか捜索をしていくと思われます。

ただ確かだと思われることは岩埼容疑者が他人を巻き込んで自殺をする”拡大自殺”を試みたということです。この拡大自殺というものは世界的に見ても珍しいものではなく頻繁に起こる自殺の一つに挙げられています。

例えば横溝正史の金田一耕助シリーズでも有名な作品「八つ墓村」。その小説のモデルにもなった”津山三十人殺し”も拡大自殺でした。津山三十人殺しの犯人・都井睦雄は結核を患った後に村の人間が疎外されたと思い込み犯行に及び自殺をしました。

このように拡大自殺というものは歴史を見ても度々起きてきた事件です。

しかし最近目立ってきているのは中年、高齢者による拡大自殺だと言われています。2015年6月走行中の新幹線で林崎春夫容疑者がガソリンを被って自殺を図った事件も拡大自殺だと見られています。

6月30日午前11時半頃、男は神奈川県小田原市付近を走行中の東海道新幹線「のぞみ225号」の先頭車両でガソリンをかぶり、焼身自殺を遂げた。一種の“自殺テロ”といえる行為で、炎は天井が焼け落ちるほどだった。逃げ遅れた女性1人が死亡、28人が重軽傷を負う大惨事となった。

出典:AERAdot

さらには2016年7月には杉並区で被害者こそ出なかったものの火炎瓶を投げ込んだ後に容疑者が首を吊って死亡するという事件も起きています。

7日午後7時半ごろ、東京都杉並区久我山5の商店街から「瓶が割れる音がして火が出た」と110番があった。警視庁高井戸署によると、当時は夏祭りのサンバカーニバルが開かれていた。近くの住宅から祭りの参加者に向かって火炎瓶のようなものが投げ込まれたとみられ、見物客ら男女15人が軽傷を負った。同署は殺人未遂事件として捜査を始めた。

出典:日本経済新聞

拡大自殺に共通していることは社会的不満を容疑者が抱いているという点ですが近年は社会から邪魔者扱いされている、自分は孤独だという疎外感から社会的不満を募らせていると見られています。

岩崎容疑者も結婚をしているわけでもありませんし、親しい友人がいたわけでもありません。そこから社会的不満を募らせ犯行に及んだのではないでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ小学生を…

第二の宅間守

ではなぜ小学生を狙ったのでしょうか。小学生が殺傷される事件といえば2001年に発生した大阪教育大附属池田小事件が思い出されます。

この事件で2004年に死刑執行された宅間守元死刑囚は小学校の児童を襲撃した理由として受験をさせて子どもを学校に入学させるエリートへの憎しみと、小学生だったらたくさん殺害できるということを法廷で述べていました。

なんで、幼稚園にせんかったんやろ?、幼稚園ならもっと殺せたと今でもこんなんことばかり考えてしま
うんや

出典:宅間守まとめWiki

今回川崎市で事件を起こした岩崎隆一容疑者もたくさんの人を道連れにするために小学生を狙ったのではないでしょうか。

事件から丸一日経過しましたが現場には献花に訪れる人が後を絶ちません。さらに十数秒という犯行時間なだけに既存の防犯対策では防ぐことができないと対策の甘さも露呈してしまいました。

防犯対策ができないのなら岩崎容疑者のような人物を作らないよう根本的な対策をするしかありません。現在、何か孤独感を感じているまたはそのような人物が周囲にいるという方は最寄りの行政機関、その弁護士、心理カウンセラーに早急に相談するべきだと思います。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

岩崎隆一の顔画像と生い立ちがSNSから流出か?無差別殺人の犯行動機や被害者についても
出典:Twitter 28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の公園近くの路上で、男が私立カリタス小学校(多摩区)のスクールバスを待っていた児童らを次々と刃物で刺し、児童16人と大人2人の計18人が刺され、小学6年生...

コメント

テキストのコピーはできません。