根本智紀の顔画像とFacebookが流出!元ホストでギャンブル中毒の過去や犯行動機についても

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

 

東京都品川区の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」に入居していた黒沢喜八郎さんを殺害したとして、根本智紀(ねもと ともき)容疑者が逮捕されました。

今回は、根本智紀容疑者の顔画像や犯行動機やFacebookなどについて迫ってみたいと思います。

老人ホーム暴行事件で男を逮捕

時事通信社他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都品川区の老人ホームで4月、入所者の男性=当時(82)=を殺害したとして、警視庁捜査1課は22日、殺人容疑で元職員の根本智紀容疑者(28)=新宿区北新宿=を逮捕した。「暴行を加えたことはありません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は4月3~4日ごろ、品川区北品川の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」の個室で、入所していた黒沢喜八郎さんを殺害した疑い。

同課などによると、同月4日未明、ヘルパーとして夜勤に就いていた根本容疑者が、自室で苦しんでいる黒沢さんを見つけ119番した。黒沢さんは病院に搬送されたが5日朝に死亡。司法解剖の結果、死因は臓器を損傷したことによる出血性ショックで、外部から強い衝撃を受けたとみられていた。肋骨(ろっこつ)が折れており、転んだりしてできた傷ではなかったという。
事件当時、根本容疑者以外に職員2人が勤務していた。同課は施設内の防犯カメラ映像を分析し、黒沢さんの部屋への出入りの状況や、職員らへの聴取などから、根本容疑者が暴行に関与したと判断した。
老人ホームの運営会社などによると、根本容疑者は入所者に対する「不適切な対応」があったとして、4月10日付で解雇された。同容疑者は同社が運営する別の施設で2014年7月から勤務。昨年11月から事件のあった老人ホームに勤めていた。

出典:時事通信社

スポンサーリンク

根本智紀容疑者について

こちらが、逮捕された根本智紀容疑者のプロフィールです。

名前:根本智紀(ねもと ともき)

年齢:28歳

職業:元施設職員

在住:東京都新宿区北新宿

根本容疑者は、は4月3~4日、サニーライフ北品川内で黒沢さんを暴行し、殺害した疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、こちらが根本容疑者の顔画像です。

出典:NNN

また、一部ネット上の情報ではありますが、元ホストであったということで、さらにはパチンコやスロットなどのギャンブルに興じているという情報も公開されております。

これらの情報は根本容疑者のSNSに掲載されていたということですので、そちらをご紹介します。

根本容疑者のFacebook

スポンサーリンク

犯行動機について

では、根本容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、根本容疑者は警察の調べに対して「暴行を加えたということはありません」と容疑を否認する供述をしているということですが、集中治療室で最後の言葉を聞いたご遺族の方は、以下のように証言をしております。

黒沢さんの次女(52)は搬送先の病院の集中治療室で、変わり果てた姿の父と向き合った。目を見開き、懸命に口を動かしていた。何か伝えようとしていると感じ、酸素マスクを外してあげた。

「何か言いたいこと、ある?」「若い男に腹を蹴られた」 はっきりした口調だった

出典:朝日新聞デジタル

つまり、若い男性に蹴られたというのは本人の口から出ておりますので、まず間違いないことなのではないかと考えられます。

厚生労働省の調査結果によれば、高齢者虐待の件数は年々増加傾向にあるのだそうで、それらを分類すると以下の5つに分けられるといいます。

●身体的虐待

●介護等放棄

●心理的虐待

●性的虐待

●経済的虐待

介護施設で虐待が起こる理由は、「教育・知識・介護技術等に関する問題」が全体の65.6%を占め最多であり、以下、「職員のストレスや感情コントロールの問題」が26.9%、「虐待を行った職員の性格や資質の問題」が10.1%、「倫理感や理念の欠如」が 7.7%、「人員不足や人員配置の問題及び関連する多忙さ」が7.7%という順で続いているのですが、おそらく根本容疑者は、ストレスが原因んで虐待に及んだのではないかと考えられます。


スポンサーリンク

サニーライフ北品川とは?

こちらが、殺害事件の発生したサニーライフ北品川の詳細です。

サニーライフ北品川は、東京都品川区北品川3-8-6にある有料老人ホームで、定員66名で全室個室となっており、事業主体の管理運営は株式会社川島コーポレーションが行なっているということです。

そして、料金体系に関しては次のようになっております。

月額利用料内訳自立要支援1・2 要介護1~5
家賃相当額125,000円 (非課税)125,000円 (非課税)
食費43,465円 (税込)43,465円 (税込)
管理費35,175円 (税込)35,175円 (税込)
生活サポート費36,000円 (税込)0円
合計239,640円 (税込)203,640円 (税込)

決して安いとは言えない金額ではありますが、全設備に厨房を完備しており、専属スタッフが毎日三食健康に配慮したお食事を調理している他、お花見・クリスマス会・誕生日会など季節に合わせた行事や、踊り・演奏など、様々なレクリエーションを通じて日々の暮らしを豊かなものにしようとしております。

スポンサーリンク

虐待や暴行が起こりうる背景

なぜ、今回のように介護施設では虐待や暴行事件が頻発してしまうのでしょうか?

これらが起こりうる背景にあるのは、介護士やホームヘルパーの圧倒的な人手不足が上げられ、その理由としてはその仕事量に対して対価すなわち賃金ならびに給与が非常に安いからであると言われております。

介護士やヘルパーなどは、その見た目以上に力仕事であり、重労働とされている割には賃金が低く、誰もなりたがらないのに需要はあるという極めて珍しいケースの職業であると言われております。

特別養護老人ホームなどに入居してくる年配の方は、介護士さんやヘルパーさんの言うことを聞かない頑固な方がいたり、寝たきりや足腰の不自由な方、食事もままならない方、お風呂や排泄が自分で出来ない方など、様々です。

健常者である介護士さんからすれば、こういった老人を相手にするのは非常にストレスが溜まるだけなく、肉体的にも50〜80kg前後の人を担いだりしなければならなために、体力的にもキツイとされております。

しかしながら、賃金は他の職業と同じどころか低い場合が多く、そのストレスを入居者や利用者にぶつけてしまうために、虐待や暴行が起こってしまうのでしょう。

少子高齢化社会において非常にナイーブな死活問題ともなってきており、医療が発達した現代社会においては、避けては通れない問題なのです。

人というのは自分のことしか考えることが出来ませんので、自分にこのような問題が関わって初めてことの重大さを認識するのだと思います。

もし、身内がこのような虐待を受けていたら、絶対に許せない行為だとして躍起になって訴えたりするでしょうが、それでは根本の解決にはならず、日頃よりこういった社会問題と面と向き合ってどのような対策を講じられるかを議論していく必要があるのです。

手っ取り早い話では、介護士やヘルパーさんの人手不足が原因なのですから、その仕事量に見合った賃金や待遇にしてあげれば、人気の職業として花が咲くこともあるかもしれませんが、行政側は待機児童を0にすることばかりを考えており、老人ホームにおける悲惨な現状に目を向けようとはしません。

スポンサーリンク

自分の身内だったら

今回、逮捕された根本容疑者は28歳ということで、年齢から推測すると70代もしくは80代の祖父母がいてもおかしくありません。

もし、自分の身内がこのように介護士さんの暴行によって亡くなったと判明してしまった場合、どのような感情を抱くでしょうか?

当然「ふざけるな」という強い憤りを覚えると思うのですが、そうした感情がある場合には、自分の身内だったらという考え方を犯行を起こす前にぜひ考えてもらいたかったと言わざるを得ません。

何れにしても、自分の身内だったということを考えていない根本容疑者の犯行であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

風の舞(鹿児島県鹿屋市老人ホーム)での入居者6人死亡の死因がヤバい!スタッフの退職理由も関係?
出典:FNN 鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で、10月から11月半ばにかけて入居者6人が相次いで死亡していたことが明らかとなり、大きな波紋が広がっています。 今回は、この事件についての真相や死因などに...