飯塚幸三の現在がヤバい!上級国民だから雲隠れ?被害者への謝罪が適当な理由や逮捕されない真相も

国内NEWS

出典:FNN

スポンサーリンク

先月19日、東京都豊島区東池袋の交差点で青信号を渡っていた歩行者の列に乗用車が突っ込み、母娘2人が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。

事故を起こしたのは旧通産省で技術院長を務めるなどハイキャリアな人生を過ごしてきた飯塚幸三元院長。しかし世間が注目したのは死傷事故を起こしたのにもかかわらず飯塚元院長が逮捕されないという事実でした。

先日、飯塚元院長は入院先の病院から退院しました。では飯塚元院長はいつ逮捕、またはこのまま逮捕されないのでしょうか。

飯塚院長の経歴、家族、今後の動向についてまとめましたのでご覧ください。

”飯塚幸三”とは

現代の貴族

「飯塚幸三」の画像検索結果

出典:ぱすぱすブログ

名前:飯塚幸三(いいづか こうぞう)

年齢:87歳

出身地:東京府豊多摩郡中野町(現東京都中野区)

最終学歴:東京大学大学院(工学博士)

飯塚幸三氏は1931年に現在の東京都中野区で生を受けました。東京府立第四中学校、旧制浦和高等学校を経て東京大学工学部応用物理学科に入学します。

大学卒業後は旧通産省に入省。退官するまでに工業技術院長を担任しました。

退官後は農業機械メーカー大手の株式会社クボタの副社長に就任、いわゆる天下りをします。

飯塚氏は在任中、退官後含めて数々の協会の委員長に就任していたようです。

工業技術院長
国際度量衡委員
国際度量衡委員会副委員長
計量研究所長
国際計測連合会長
日本計量振興協会会長
計測自動制御学会会長
機械振興協会会長
日本規格協会理事

この功績からか2015年に瑞宝重光賞を受賞しました。

日本の勲章の一つで、瑞宝章のうち、瑞宝大綬章に次ぐ。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲二等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、瑞宝重光章以上を授与するとなっている。一般行政事務では事務次官が対象となるほか、高裁判事や大学の学長などが多い。授与は皇居正殿松の間で行われるが、天皇による親授ではなく、内閣総理大臣が受章者に伝達する(伝達式)。そのあと配偶者とともに豊明殿で天皇に拝謁する。◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold and Silver Star。

出典:コトバンク

この勲章は長期に亘って公務に従事し顕著な成績を収めた人物に授与されるもののようです。

飯塚氏は任官中に東京大学大学院に進学しており、そこで培った知識で公僕として広く世間に役立てたためにそれが認められ叙勲となったのでしょうか。

スポンサーリンク

飯塚一族

デマに翻弄

飯塚幸三氏の家族ですが妻と息子がいることは事故の調査で明らかになっています。

   事故を起こしたのは旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長が運転する乗用車。カーブでガードレールに接触したのをきっかけにパニック状態に陥ったのではないかとみられるが、その直前、ドライブレコーダーには同乗する妻との会話が残されていた。「危ないよ。どうしたの?」と問いかける妻に「あー、どうしたんだろう」と答えていた。

出典:JCASTテレビウォッチ

ドライブレコーダーの記録には、飯塚元院長が事故直前に「ああどうしたんだろう」と漏らす声が記録されていた。事故後には息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいた」と電話をかけていたという。飯塚元院長と、同乗の80代の妻はいずれも骨折した。

出典:zakzak

飯塚氏は事故の影響で胸骨を骨折、同乗していた妻も骨折し病院へ搬送されています。病院に搬送される前に息子へ電話をかけていましたが、この電話ではFacebookのアカウント削除、自宅電話の解約、その他マスコミ各社に圧力をかけていたのではないかと噂されています。

実際、飯塚氏本人のものとみられるFacebookのアカウントは事故直後に削除されていました。しかし”自宅のGoogle street viewにモザイクをかけた”という噂は自宅だとされる場所を地図で確認してもモザイクはかかっていませんので虚偽の情報が紛れていると思われます。

さらに虚偽情報についてはこれだけに留まらず飯塚氏の息子に対しても様々な憶測がされました。

例えば安倍晋三首相の政策秘書を務めていた同姓の男性が”年齢差”から親子だと決めつけられたり、また警察関係者や検事だという噂が流れました。

デマ情報に一番翻弄されたのは農業機械メーカーのクボタでした。クボタの役員には同姓の飯塚という人物がいますが、これを見たインターネットユーザーが飯塚氏の息子だとして騒ぎ立てました。

これを受けてクボタの株価が急落するなど実害が出た同社はホームページ上で役員の飯塚氏と飯塚幸三氏の親子関係を否定する異例の声明を出さざるを得ない状況に追い込まれます。D4y6Kl4WsAER15F

出典:Twitter

スポンサーリンク

Twitterで不審な動き

飯塚氏の息子に対して様々な情報が飛び交いましたがいづれもデマ情報でした。

しかし飯塚氏のものだと思われるTwitterのアカウントから飯塚姓のアカウントが削除されたこともありました。

出典:ログ速

出典:ログ速

上記画像は飯塚氏だと思われるアカウントのフォロー一覧です。2枚のうち上が事故直後、下が事故から35分経過したものだと言われています。

大きく変化はありませんがこの中で”飯塚幸典”というアカウントだけが削除され別のアカウント名になっています。

これも飯塚氏の息子であるという確固たる証拠はありませんが、何かインターネット上で不可解な動きがあったことは間違いないようです。

スポンサーリンク

逮捕されない理由

そもそも”逮捕”とは

日本国内おける逮捕の意義については検察庁が解説を掲載しています。

捜査手続においては,被疑者の身柄を拘束しないままで手続を進める「在宅事件」と,被疑者の身柄を拘束(逮捕とこれに引き続く勾留を意味します。)して手続を進める「身柄事件」とがあります。いずれの手続によるかは,犯罪の重大性・悪質性,逃亡のおそれ,証拠隠滅のおそれなどの事情を総合して判断します。

出典:検察庁

過失運転致死傷罪で故意性は認められず、かつ怪我をしているため逃亡の恐れがないということで飯塚幸三氏は逮捕を免れたのだと思います。

 

過去にもあった

元フジテレビのアナウンサーだった千野志麻さん。2013年に静岡県沼津市内のホテルの駐車場で歩行者との人身事故を起こし、相手方が死亡する事態になりました。

1月2日、静岡県沼津市内のホテルの駐車場で、男性を轢き、死亡させる事故を起こしてしまったアナウンサーの千野志麻(35才)。事故から1か月近くが経とうとしているが、そんな家族で通う常連店でも、自宅近くのご用達スーパーでも、ママ友とお茶するカフェでも、お決まりの散歩コースでさえも、彼女の姿が見かけられることはなかった。

「事故後しばらく、千野さんは実家にいたんですが、今は都内の自宅へ戻ってきています。でも、もう家から一歩も外へ出られない状態みたいで…」(テレビ局関係者)

出典:マイナビニュース

逮捕を免れた千野さんですが、当時も逮捕されない事態に批判が殺到しました。この時の理由として千野さんの父親は沼津市の市議員を務めており、夫は福田康夫元首相の甥でゴールドマンサックスに勤めるエリートでそこに忖度があったと見られていました。

飯塚氏が起こした事故直後にも千野さんの事故が取り上げられ、身内が政治家、資産家、官僚と一般的に”お偉い仕事”をしていると”上級国民”という扱いになるのだと議論が交わされました。


スポンサーリンク

退院、しかし…

逮捕はいつ?

事故から1ヶ月経過しようとしていた18日、飯塚幸三氏が病院から退院しました。

【池袋暴走事故】飯塚幸三が実刑を免れる最悪のパターンが判明! 大炎上必死の展開を記者が暴露!の画像1

出典:TOCANA

両手で杖を突き、弱弱しい様子で病院を後にする飯塚氏。同日、警視庁目白署に足を運び任意の事情聴取に臨みました。

事情聴取は5時間に及びましたが、それでも飯塚氏がこの日逮捕されることはありませんでした。

退院しても逮捕されない理由を若狭勝弁護士が解説しています。

Q.なぜ逮捕されない?
→逃亡・証拠隠滅の可能性がなく、高齢のため逮捕しても勾留に耐えられないことが理由として考えられる

出典:FNN

さらに若狭弁護士は起訴されて実刑判決を受けても高齢を理由に収監されない可能性があると述べています。

 

メディアからの批判

飯塚氏が退院したのにもかかわらず逮捕されない件。現在メディアから批判が相次いでいます。

国際弁護士でいくつものニュース番組のコメンテーターを務めている八代英輝弁護士は「逮捕するのが普通」と異論を唱えています。

  週明けの20日放送の「ひるおび!」(TBS系)も、今回の退院・任意聴取を取り上げた。八代弁護士は、「退院後も逮捕なし」の現状への違和感を口にした。前半は、

「この事件って信号無視で、横断歩道を渡っていた何の過失もない2名が死亡している事故なんです。それで、実質否認事件なんですね」

と指摘した。調べに対し当人が、事故を起こしたことは認める一方で、ブレーキが効かなかった、アクセルが戻らなかったと主張していると報じられており、八代弁護士は「これは恐らく踏み間違えという認定がされると思いますけど」とみており、これが「実質否認」という表現につながったようだ。ブレーキなどの機能については、「乗用車機能検査で異常なし」(7日、共同通信)という趣旨の複数の報道が出ている。

八代弁護士は続けて、

「否認事件であって、今までは胸骨骨折で入院中だったので身柄拘束を見送るという運用は分かるんですけれど、おととい(18日)退院されて事情聴取を受けた時点で、通常だったら逮捕状(を取って)、逮捕するのが普通だと思いますね。それをなぜ今回見送ったのかについて、違和感を持っている人が多くてですね」

と指摘。

出典:JCASTニュース

弁護士ですら疑問を抱く飯塚氏への対応。逃亡の恐れがない、証拠もそろっているから逮捕しないのであれば今まで過失運転致傷罪を起こして逮捕された人との違いはなんだったのでしょうか。元官僚だから、勲章をもらっているから逃亡することも証拠を隠滅することはないということであればやはり”上級国民”への忖度は存在していたと言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

被害者への謝罪

飯塚幸三氏は今月頭に被害者へ謝罪の手紙を送っていました。

「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」

手紙の日付は今月2日と記されています。差出人は旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)。先月19日、豊島区東池袋で乗用車を暴走させる事故を起こしました。

「事故により負傷された方々のお名前が、つい先頃まで私共に知らされなかったために、お詫びが大変遅れましたことも、重ねてお詫び申し上げます」

青信号の横断歩道を渡っていた松永莉子ちゃん(3)と母親の真菜さん(31)が死亡するなど、あわせて12人が死傷した事故。手紙は重傷を負った78歳の男性に宛てたものです。男性は自転車で仕事場に向かっていたところ、飯塚元院長の車にはねられました。前歯を折り、手と足を骨折したほか、頚髄を損傷するなど全治3か月の重傷を負い、今は都内の病院でリハビリを行っています。

事故直後、飯塚元院長は「アクセルが戻らなくなった」と説明していたということですが、手紙では・・・

「ご自身のお苦しみとお怒り、ご親族のご心痛とお怒りは、いかばかりかと思い、自分の過失を責めるばかりです。治療などの費用について、私の方で保険会社の協力も得て誠意をもって償ってまいりたいと存じます」

出典:TBSNEWS

さらに事故で無くなった松永真菜さんと娘の莉子ちゃんの夫で父親の男性にも謝罪の申し入れがあったようです。しかし男性は「2人の死を受け入れることで精一杯」と謝罪を断りました。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで飯塚幸三氏が起こした池袋死傷事故をまとめてきました。

元官僚である飯塚氏は官僚を退官したあとも大手企業に勤め社会に貢献し勲章を叙勲されたようです。

事故直後、息子に電話をして身元と隠す工作をしたとされていますが息子の情報共々はっきりしたことは依然不明のままです。しかしインターネット上には隠ぺい工作を図ったような形跡が遺されています。

この1ヶ月、当該の事故以外にもたくさんの事故が発生し尊い人命が失われました。その度に事故を起こした人物は逮捕され”容疑者”と呼ばれて報道されています。しかし1ヶ月経ち退院した今でも飯塚氏の身柄が拘束されないこととそれ以外の事故の違いが不明慮のままであります。

警察機関はこの違いを説明しなければならないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

飯塚幸三が逮捕されない理由が衝撃的!過去の全事例の中で唯一で、警視庁の忖度がバレバレ
出典:Twitter 東京・池袋で乗用車が暴走し、10人が死傷した平成最後の大惨事事故を巡って、事故を引き起こした飯塚幸三さんが逮捕されない件を巡って大きな波紋が広がっております。 今回は、飯塚幸三さんが逮捕されない...