呉市広小坪の県道で事故を起こした運転手の情報!なぜ犯人は逮捕されないのか?過失割合などについても

国内NEWS

出典:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

15日朝、広島県呉市の県道で軽自動車と自転車が衝突する事故がありました。この事故で自転車に乗っていた男子高校生が全身を強く打ち病院に運ばれましたが意識不明の重体です。

事故が起きた現場は県道とそれに合流する横断歩道も信号機もないT字路の交差点でした。

なぜ事故は起きてしまったのでしょうか。その原因と軽乗用車を運転していた男性の過失割合について見てみたいと思います。

軽自動車と自転車衝突

事故についてはFNNをはじめ各メディアが以下のように報道しています。

けさ、呉市広の県道で軽自動車と自転車が衝突する事故がありました。

この事故で自転車に乗っていた男子高校生が意識不明の重体です。

きょう午前7時40分ごろ、呉市広小坪の丁字路の交差点で県道を東へ進んでいた56歳の男性が運転する軽自動車と県道に出ようとした自転車が出会い頭に衝突しました。

この事故で、自転車に乗っていた高校3年生の男子生徒が全身を強く打ち、呉市内の病院に搬送されましたが意識不明の重体です。高校生は、通学途中だったとみられています。軽自動車の運転手にケガはありませんでした。

現場は、片側1車線の信号機や横断歩道がない丁字路の交差点で自転車側には、一時停止の規制がありました。警察は事故の詳しい原因を調べています。

出典:FNN


スポンサーリンク

事故多発の地域?

事故が起きた現場は”広島県呉市広小坪”の県道とそれに合流するT字路で発生しました。

出典:日テレNEWS24

県道に合流する道路、自転車に乗っていた男子高校生が下ってきた道路は下り坂でした。

合流地点である事故現場までは男子高校生の他にもブレーキをかけずに下って事故に遭う人が多かったようで、男子高校生もブレーキをかけずに下った結果、出会い頭に軽乗用車とぶつかってしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

どっちが悪い

一時停止は自転車

法律では信号機のない交差点で事故が発生した場合、基本的には立場の弱い自転車側が保護されます。

しかし今回は一時停止をするべきところでしなかった自転車に非があると思われます。

一時停止をしなかった自転車と自動車の事故はどちらの過失割合が大きくなるのでしょうか。

ソニー損保では自転車の一時停止無視による事故の過失を解説しています。

出典:ソニー損保

自転車Aに40%、四輪車Bに60%が基本過失割合です。
自転車に20%、四輪車に80%が基本過失割合ですが、本事故では、自転車側に一時停止(止まれ)の規制があるので、自転車の過失割合が大きくなります。

そのため、自転車に40%、四輪車に60%が基本過失割合となります。

出典:ソニー損保

”交通弱者”というものはより速度が遅い立場の方を指します。この事故では軽自動車より自転車の方が速度が遅いので自転車側が交通弱者となります。しかし一時停止無視という行為を自転車側はしてしまったため平時自転車20%、軽自動車80%という割合が自転車40%、軽自動車60%と過失の負担が変化します。

スポンサーリンク

運転手は逮捕されない?

相手が一時停止無視でも軽自動車の方が過失割合が大きくなることがわかりました。

しかしこの事故では軽乗用自動車を運転していた男性は逮捕されていません。それには事故発生時に巡回していた警察官が事故の瞬間を目撃したからだと思われます。

そもそも逮捕という行為は被疑者が逃亡するおそれがある、被疑者が証拠を隠滅するおそれがある時に警察機関で身柄を拘束することを意味します。

今回の事故では警察官が事故を目撃しているため証拠の隠滅のおそれがない、また警察が軽乗用車を運転していた男性の身元を確認し逃亡のおそれがないを判断したのでしょう。

しかし逮捕されないからそのまま取り調べは終わりかというとそうではありません。軽乗用車の男性は逮捕されて身柄を拘束されないだけで捜査というものは進められていきます。

そして資料と証拠まとまると警察から検察に資料と証拠が送られます。これを書類送検といいますが、送られた書類、証拠を検察が確認して起訴するかどうか判断します。

今回は自動車と自転車の事故でしたが自転車が起こす死亡事故というものも増加しています。自転車も車の一種です。だからこそ交通ルールを熟知して乗らなければ他人の命も自分の命を危険にさらしてしまうことを乗る前に理解してから乗りましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

泉水卓の顔画像を特定か?プリウス急発進の事故原因が酷すぎる!上級国民との差別についても
出典:NNN 15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西2丁目の梨の木公園で近くの保育園児らが遊んでいた砂場にプリウスが突っ込み、園児らをかばおうとした保育士さんが骨折をするという事故が発生しました。 今回は...