北九州の保育園で体罰をしたカナダ人講師を特定!暴力の理由は欧米文化によるものだった?

この記事は5分で読めます

出典:ANN

スポンサーリンク

 

北九州市の認可外保育施設でカナダ人講師が園児に体罰をする映像がインターネット上に投稿され、大きな波紋が広がっております。

今回は、この認可外保育施設がリトルジェムス北九州校という噂や、カナダ人講師の名前や顔画像、体罰の動機などについて迫ってみたいと思います。

カナダ人講師が保育園児に体罰

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤めるカナダ人の男性英会話講師が、施設に通う当時2歳の男児に尻をたたくなどの暴力行為をしていたことが15日、市への取材で明らかになった。関係者がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に暴行の様子の動画を投稿し発覚した。市は14日、施設への特別立ち入り調査を実施し口頭で指導した。

施設は1歳半~6歳の未就学児を対象にし、英語を母語とする講師との会話を通じて英語力を磨くことを特色に掲げる。

 市保育課によると、4月に市民から電話で通報を受け調査した際、施設側は「不適切な対応はない」と否定。しかし今月13日、再び市民から「SNSに動画が上げられている」との連絡があり、講師が今年2~3月ごろ、男児の尻をたたいたり、服を強く引っ張ったりする様子を確認した。男児にけがはないという。保育課は「継続的に指導し、他の認可外施設の巡回や研修も進める」としている。

 施設は市に対し事実関係を認め、講師を14日から出勤停止とし、同日夜に保護者説明会を開いた。施設の関係者は15日午前、「子どもを預かっている時間なので、何もお伝えすることはできない」と答えた。保護者の女性は「動画が無遠慮に拡散されたことが子どもたちへの配慮に欠けている」と話した。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

問題の動画とは?

では、問題となった動画は一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、西日本新聞が後悔した暴行の様子を表した動画であります。

この動画では、水色のポロシャツを着用した男性が、右側にいる園児のお尻を激しく叩くなどの行為をしており、暴力を振るっている様子が見受けられます。

そして寝転がっている園児に暴力を振るったのち「Why did you do that? -なぜこんなことしたんだ?-」という発言をするなど、保育とはかけ離れた言葉をかけており、配慮に欠ける指導をしているのも事実です。

この、問題のあったとされる保育園でありますが、福岡県北九州市小倉北区にある認可外保育施設の一覧がこちらで、この中のどれかに該当するということです。

・香春口保育園

・アニマルクラブ

・託児所マミー

・friend~smile~

・にこにこ保育園

・NPO法人CIC英語幼児園小倉校

・キッズルームAngel

・ブライトキッズガーテン

・ママトモ魚町

・Little Gems International School Kitakyushu(リトルジェムスインターナショナルスクール北九州校)

・カーサ・デ・バンビーニ

・くるみ保育園

・小倉医療センターみどり保育園

・保育所ちびっこランド下曽根園

・託児所パピィハウス

・かんかんむら幼児園

そしてこの保育施設の中から、1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたうという条件を満たしているのが「Little Gems International School Kitakyushu」という保育施設であることが判明します。

スポンサーリンク

リトルジェムス北九州校について

リトルジェムスインターナショナルスクール北九州校は北九州市小倉北区馬借1-1-17 小倉タワー1Fにある認可外保育施設であり、気軽に英語を学べるアフタースクールという立ち位置のようです。

1歳半から6歳までの未就学児が英語を学ぶために通っているのだそうで、大阪や東京、京都などにも姉妹施設があります。

▼1歳半から6歳までの未就学児の英語教育をうたうリトルジェムス北九州校

さらに、リトルジェムスの公式ホームページには施設での1日を紹介している動画が公開されており、ここに登場するのが水色のポロシャツを着用した男性なのです。

出典:YouTube

つまり、保育園の公式ホームぺージが公開している動画に写っている制服と、暴行の動画に写っている制服が一緒であるということです。

遊具に関してもFNNが以下のような映像を公開しており、全く同じ遊具がリトルジェムス北九州校のホームページで紹介されておりましたし、床の色の一致します。

出典:FNN

出典:リトルジェムス北九州校

また、FNNによれば以下のようにモザイク処理をして保育施設の外観を公開しております。

出典:FNN

そして、ジェムス北九州校の外観を見てみると、以下のようになっていることからも間違いなく当該保育園はジェムス北九州校とみていいでしょう。

スポンサーリンク

なぜこのような体罰を?

リトルジェムス北九州校が体罰をしていたという保育園であるということですが、カナダ人講師は一体なぜこのような体罰をしてしまったのでしょうか?

体罰と良質な躾というのは往々にして紙一重であると言われており、日本における体罰の概念と欧米における体罰の概念はそもそも違っているという現状を理解しなければなりません。

欧米では、子供に対して悪いところを確認して直させるというような躾の方法を取っており、「人は原罪を背負って生まれ、もともと悪への傾向を持っているので、これを正す必要がある」という根本の概念がある一方で、日本では「人は美徳の性を持って生まれ、教育がそれを開花させる」という概念が根本にありますから、そもそも考え方が欧米と日本で違うのです。

「心の中の悪を追い出す」が欧米の考え方で、「生来の善を育んでいく」が日本の考え方です。

つまり、ある程度の体罰(悪いことをしたら叩いたりすること)は必要であるという考え方が欧米であり、このカナダ人講師もそうした教育を受けて育ってきた可能性もあるのです。

もちろん、日本の保育の現場においてこのような考え方がまかり通るのもおかしな話ではありますが、そういた背景があるからこその躾ということで、一概に体罰をしていると捉えるのもおかしな話です。

配慮に欠ける指導をしているのは事実なのですが、それ以上にこの映像だけをみて体罰は悪であると騒ぎ、炎上するのもどうかと思われます。

スポンサーリンク

暴力でしか人を正せないのはおかしい

「昔は体罰が当たり前にあった」などと能書きを垂れている人が多いのも現状ですが、”体罰”という暴力行為でしか生徒や学生などを指導出来ないのは、その指導者の手腕がない事をひけらかしており、自分は無能であるとアピールしているようなものです。

人が人を殴ったり、叩いたりする権利などはないため、絶対にしてはいけないことかもしれませんが、それでも言う事を聞かない場合には時として必要であると考えている事自体も間違っているでしょう。

いくら欧米の文化であろうとも自分の言葉でもって、説得させしっかりと選手や生徒・学生を納得させるだけの話術や指導力がなければいけませんし、何でもかんでも力(暴力や権力)に身を任せてしまっては、動物と何ら変わらなのです。

時として厳しく指導するのはその子のためにも必要ではありますが、暴力などを用いるのはあまりにも配慮に欠けると言えるでしょう。

今回のケースに関しては、対象の園児は言われた言葉が理解出来ないために、叩いて指導するということのようですが、やはりそのほかの指導の方法を模索しなければならないのではないでしょうか?

このままでは、このカナダ人講師が自身のストレス解消のためだけにやっていると捉えられても仕方ありません。

スポンサーリンク

幼い頃の記憶がトラウマになる可能性も

日本には三つ子の魂百までということわざがあり、海外にも同様の意味のことわざが多数存在します。

・What is learned in the cradle is carried to the grave.(ゆりかごで覚えたものは、墓場まで持って行かれる)

・As the twig is bent, so grows the tree..(小枝が曲げられれば、木も曲がって育つ)

・The child is father of the man.(子どもは大人の源である)

・As the boy, so the man.(少年であると同様に、大人である)

これら全ての意味は、三つ子の魂百までと一緒で、幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということを意味します。

幼い頃に形成される性格というのは、その当時の生活環境や周りの人に大きく左右されるということで、このように体罰や殴られるといった暴力的な躾を受けて育ってしまえば、トラウマとなってしまう可能性もあります。

問題となっているカナダ人講師が上記のことわざを知っているのか定かではありませんが、トラウマとなるというリスクがあるということも理解しなければならないでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

北九州の保育園で暴行をしたカナダ人講師の名前と顔画像を特定!動画から場所はリトルジェムスと判明

 
error: You never click here!!