原田雅志の顔画像を特定か?吉野家25号線斑鳩店に突っ込んだ理由が酷すぎる

この記事は3分で読めます

出典:テレ朝ニュース

スポンサーリンク

元号が変わった1日、奈良県斑鳩町の牛丼チェーン「吉野家25号線斑鳩店」に軽乗用車が突っ込んだ事件。軽乗用車を運転していた男はその後逃走していましたが14日、奈良県警に出頭しました。

奈良県警は出頭してきた原田雅志容疑者を逮捕、現在逃走した理由について取り調べをしています。

原田容疑者はこの2週間、どこに潜伏していたのでしょうか。逃走犯の心理から原田容疑者の足取りを追いました。

逃走から約2週間

容疑者逮捕の詳細についてはテレビ朝日が以下のように報道しています。

奈良県斑鳩町で1日、牛丼チェーン店に軽自動車が突っ込んで2人がけがをした事件で、逃走していた男が逮捕されました。

ひき逃げや無免許運転などの疑いで逮捕されたのは住所不定・職業不詳の原田雅志容疑者(34)です。原田容疑者は1日、斑鳩町の牛丼チェーン店「吉野家 25号線斑鳩店」に軽自動車で突っ込み、店内にいた20代の男性客と女性客にけがをさせ、そのまま逃走した疑いが持たれています。警察はひき逃げ事件として捜査していましたが、事故から約2週間経った14日に原田容疑者が出頭してきたということです。原田容疑者は容疑を認めていて、警察は今後、逃走の理由などについて詳しく調べる方針です。

出典:テレ朝ニュース

スポンサーリンク

住所不定の男

奈良県警に出頭してきたのは原田雅志容疑者でした。

原田容疑者について明らかになっている情報は次の通りです。

 

名前:原田雅志(はらだ まさし)

年齢:34歳

職業:不詳

住所:不詳

 

SNSで原田容疑者のアカウントを捜索したところ奈良県奈良市に在住の同姓同名のアカウントがありました。出身校はお笑い芸人の浜田雅功さんや今田耕司さんの出身校の系列である日生学園第三高等学校と記載されていましたが、同校は過去に非常に厳しい校則を設けていたことで有名で話題になったことのある学校です。

非常に上下関係や秩序を重んじる学校のようでしたが現在は変革が行われ厳しい校則はなくなっているようです。原田容疑者も厳しい校則を受けてきたのでしょうか。

スポンサーリンク

現場は?

では改めて事故が起きた「吉野家25号線斑鳩店」の場所を確認してみましょう。

現場となったのは奈良県生駒郡斑鳩町幸前2丁目309-3にある吉野家であるということで、国道25号線沿いにある店舗であります。

この国道25号線は片側一車線の追い越し禁止区域であり、法定速度は50km/hであると定められております。
現場の吉野家は、斑鳩町から大和小泉方面へと向かっている最中に突っ込んだとされており、その証拠に車の向きが完全に大和小泉の方を向いているのが分かるかと思います。

出典:FNN

事故が発生したのは、1日午前5時40分ごろでありますので、車通りも少なく、速度を出しすぎてしまっ結果、ハンドル操作を誤って突っ込んでしまった可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

2週間の足取り

左回りの法則

原田雅志容疑者はこの2週間どこでどのように過ごしていたのでしょうか。

乗っていた軽乗用車は乗り捨てているため自宅には戻っていないと考えるのが妥当でしょう。

現在、事件を起こした犯人が検挙される確率はおよそ75%。4人に1人は検挙できないでいるというのが警察の現状のようですが逃走を図る犯人にはとある法則があるようです。それは”左回りの法則”と呼ばれています。

人間の習性として左側を選択する本能が存在します。その理由としては”左側に心臓があるから”、”臓器で一番重い肝臓が右側にあってバランスをとるから”と様々な説がありますがはっきりしたことはわかっていません。しかしこの習性を利用してコンビニエンスストアなどは入って左側に商品が並ぶように作られています。

逃走犯もこの習性は同じようで、左側つまり西側を目指すとされています。実際、オウム真理教の平田信受刑者や英国人女性殺害で逃亡していた市橋達也受刑者も東京に潜伏ではなく大阪を逃走先に選んでいました。

そのため原田容疑者も逃走先に大阪を選んでいた可能性があります。

また「逃亡犯には西に向かいたい」という無意識な心理が働く、と語るのは心理学者の鈴木丈織氏である。

「野球のダイヤモンドもそうですが人間は左回りに動くことを好むんです。そして閉塞感のある山よりも開放的な海や人の出入りの多い土地に希望を見出す。逃亡犯は最終的には西を目指す傾向があるように思える」

出典:NEWSポストセブン

スポンサーリンク

逃走というストレス

精神を病んだか

原田雅志容疑者は逃走という手段を選んだにもかかわらず最終的には出頭してきました。

人間は隠し事をするとストレスを溜めやすくなってしまうようで他人に秘密を話してしまいたくなるようです。

そもそも普通の人は嘘や隠し事をすると尋常じゃないほどのストレスに見舞われる。かなり敏感な人にとっては少しの嘘やちょっとのルール違反にも大いに自分も苦しめてしまう。そうでない人も時間がたてばたつほど自分の内側に押し込めていることに疲れ果て、誰かに打ち明けたくなってしまう。自分の中、一人ぼっちで危険なものを持っていたくないのだ。だから共犯者や秘密を共有する人を無意識に作りたがる。仲間を作りたがる。自分が一人だけ知っているという状況をできるだけ長くしたくないのだ。

出典:かやのみ日記帳

特に犯罪を起こしたという秘密は精神的に非常に重い負荷をかけるようで殺人事件を起こし16年の逃亡の末、警察に出頭してきた男は「他人に頭の中を見られ、人を殺したことがばれたので出頭した」と供述しました。警察はこの男を医療機関に送致しましたが、長年のストレスで精神を壊してしまったのだ考えられます。

原田容疑者も逃走を図ったもののストレスに耐えきれなくなって出頭してきたのでしょうか。

今回の事件で死者こそいませんでしたが、けが人が出ました。一歩間違えれば大事故になっていたかもしれないこと猛省して罪を償ってほしいと思います。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

吉野家 奈良斑鳩町事故の犯人と事故原因が酷すぎる!現場は25号線斑鳩店で逃走の理由についても

 
error: You never click here!!