下山真子が釈放された理由がヤバい!過失割合や過去の事例からも検証

国内NEWS

出典:朝日新聞

スポンサーリンク

8日午前、滋賀県大津市内の交差点で乗用車と軽乗用車が衝突される事故が発生しました。この事故のはずみで軽乗用車が歩道に乗り上げ、歩道にいた近くの保育園に通う園児の列に突っ込み2人死亡1人が指揮不明の重体という惨事を引き起こしました。

滋賀県警は乗用車を運転していた新立文子容疑者と軽乗用車を運転していた下山真子さんを現行犯逮捕しました。しかし取り調べの結果、下山さんは8日夜に釈放されています。

この釈放にインターネットの一部から批判の声が上がりました。ではなぜ下山さんは釈放になったのでしょうか。その理由を考察してみたいと思います。

女性を釈放

事故、軽乗用車を運転していた女性が釈放された事実については日刊スポーツをはじめ各メディアが以下のように報道しています。

大津市で8日午前、衝突した車2台の1台が「レイモンド淡海(おうみ)保育園」の2~3歳の園児13人、保育士3人の列に突っ込んだ事故で、いずれも大津市の伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)、原田優衣ちゃん(2)が死亡した。雅宮ちゃんは頭や腹を強く打ち、優衣ちゃんは心破裂の状態だった。

時瑾潤(じきんじゅん)ちゃん(2)が脳出血などで意識不明で、一時意識不明となった女児(3)が頭蓋骨骨折などの重傷。ほか7人の園児も腕の骨折や肺挫傷などの重傷で、園児2人、引率の27~47歳の女性保育士3人が軽傷を負った。

大津署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、2台を運転していた2人を現行犯逮捕。1人は8日夜に釈放した。現場にブレーキ痕はなかった。大津署は安全確認が不十分だった疑いがあるとみて、同法違反(過失致死傷)容疑に切り替えて捜査する。

逮捕されたのは無職新立文子容疑者(52)。釈放された同市の無職下山真子さん(62)については、過失の度合いが低いと判断したとみられる。2人にけがはなかった。

新立容疑者の逮捕容疑は午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の滋賀県道交差点で前方確認が不十分なまま乗用車で右折し、対向車線を直進してきた下山さんの軽乗用車と衝突、衝撃で軽乗用車を歩道に乗り上げさせ、散歩中の園児らにけがを負わせた疑い。

2人とも買い物から帰る途中で「信号は青だった」と説明。新立容疑者は「前をよく見ていなかった」、下山さんは「左にハンドルを切って(右折してきた)車をよけた」との趣旨の話をしている。現場の状況から、間に合わずにぶつかったとみられる。

レイモンド淡海保育園は現場から約200メートル南にある。園児らは午前10時に園を出て湖畔に向かって散歩しており、横断歩道を渡るため信号待ちをしていた。

出典:日刊スポーツ


スポンサーリンク

釈放された女性

運転は丁寧という証言

滋賀県警は事故を受けて事故の発生原因を作った新立文子容疑者と園児らの列に突っ込んだ軽乗用車を運転していた下山真子さんを現行犯で逮捕しました。

8日夜に下山さんは釈放されましたが、下山さんについて明らかになっている情報は次の通りです。

名前:下山真子(しもやま まこ)

年齢:62歳

職業:無職

下山さんが乗っていた車はダイハツのムーブキャンバスだと見られています。

下山さんが住む近所の人の証言だと自動車の運転には気を遣っていたようで、周囲に注意を払いながら低速で車を運転する様子が度々目撃されていました。

そのため下山さんが今回園児の列に突っ込んだことは下山さんを知っている人からすると”信じられない出来事”だったようです。

スポンサーリンク

過失割合が低い

事故を誘因したのは乗用車

今回事故が発生した交差点は片側1車線のT字路でした。しかし信号機は設置されており、事故が発生した瞬間は新立容疑者が運転していた乗用車側も下山さんが運転していた軽乗用車側もどちらも青でした。

下山さんは右折しようとした新立容疑者の車を避けるためにハンドルを歩道のある左に切りました。この場合はどちらがどれくらい過失があるのかを見てみましょう。

 

信号機が設置されている

直進車A、右折車Bともに青で進入

20

80

直進車A黄で進入、右折車B青で進入黄で右折

70

30

直進車A、右折車Bともに黄で進入

40

60

直進車A赤で進入、右折車B青で進入赤で右折

90

10

直進車A赤で進入、右折車B黄で進入赤で右折

70

30

直進車A赤で進入、右折車B青矢印の右折か信号で右折

100

0

直進車A、右折車Bともに赤で進入

50

50

出典:交通事故弁護士ナビ

上記図は交差点で右折する車と事故を起こした場合の過失割合を掲載しています。

今回の事故はどちらも青信号だったことが明らかになっていますので、2:8の割合で新立容疑者の方が過失が大きいことがわかります。

ドライブレコーダーの映像やこれによって警察は下山さんの過失の割合が小さいと判断して釈放に至りました。

 

釈放を批判、相次ぐ

下山さんは釈放に対して釈放したことへの批判がSNSを中心に相次ぎました。


下山真子さんの釈放を不服としている人の意見は園児を轢いた張本人だから、ブレーキを踏んでいれば止まれたからという意見が多数です。

しかし果たしてブレーキを早く踏んでいても間に合ったのでしょうか。

この道路は時速50kmが制限速度です。下山さんは普段から安全運転を心がけていたようなのでおそらく制限速度で走行していたと思われます。

制限速度で走行、かつ道路上が乾いていた場合車がブレーキを踏んでから完全に停車するまでの距離はどれくらいあるのでしょうか。

車が完全に停車するまでには空想距離と制動距離という二つの距離が関係しています。空想距離はドライバーが対象物に気が付いてブレーキを踏むまでの距離で、制動距離はドライバーがブレーキを踏んでから車が完全に停車するまでの距離を表します。

この2つを足したものがその速度で自動車が止まれる距離、停車距離になるのですが、時速50kmの場合まず空走距離は14mになります。続いて制動距離は道路上が乾いていた場合18mになり、そうなると下山容疑者が今回の事故で完全に停車するのに必要となった距離は32mだったと思われます。

事故現場を見てみると発生場所から園児たちがいたと見られる歩道までは10mほどしかなくたとえ早めにブレーキを踏んでいたとしても園児らの列に突っ込むことを避けるのは難しかったでしょう。

スポンサーリンク

過去にも…

轢いた男性が釈放

また今回のように被害者を自動車で轢き死傷させた人物が、その事故を誘発させた人物が他にいるとして釈放された事例が過去にもありました。

2011年、大阪市でタンクローリーが歩道に突っ込み歩道を歩いていた2人が死亡するという事故が発生しました。当時タンクローリーを運転していた男性が逮捕されましたが、男性が歩道側にハンドルを切った原因が車道を無理やり横断しようした自転車を避けたからだったということが明らかになり、男性は処分保留で釈放になりました。

一方でこの事故を誘発する原因となった自転車に乗っていた男が逮捕、起訴され禁固2年の実刑判決が下されています。

事故があったのは今年5月。大阪市内の国道でタンクローリー車が歩道に乗り上げ49歳と75歳の男性が死亡した。なぜ歩道に乗り上げたのか。運転手は「隣の車線を走っていたワゴン車が急に車線変更をしてきたので左にハンドルを切った」ためと陳述した。ワゴン車は右側から飛び出してきた自転車を避けようとしたのだった。

タンクローリーとワゴン車のドライバーが逮捕されたが、処分保留のまま釈放され、自転車に乗っていた越智茂が重過失致死罪で逮捕・起訴され、禁錮2年の実刑判決が言い渡された。裁判長は「注意欠如は甚だしいばかりか、信号待ちという当然の事柄を嫌がり、周囲の交通に大きな影響を及ぼす行為に自ら進んで出たもので、安易かつ身勝手である」と断を下した。

若狭勝弁護士(元東京地検特捜部副部長)「亡くなった人の死亡原因と自転車の無謀運転との結びつき、因果関係を直接的に断罪した異例の判決。最近の自転車の危険性を踏まえたうえでの判決と言っていい」

出典:JCASTニュース

今回事故を誘発した乗用車を運転していた新立文子容疑者が逮捕されました。新立容疑者は自動車運転死傷行為処罰法の第五条過失運転致死傷罪によって起訴されると思われますが重罪は免れないでしょう。

下山真子さんも少しでも過失が高ければ起訴されていたと思います。車を運転するときは”かもしれない運転”を心掛け自己防衛に努めることが最善策なのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

下山真子の顔画像の情報がこちら!衝突は不可抗力で、右折車を避けきれなかった?
出典:MBS 8日午前、滋賀県大津市の滋賀県道交差点で右折中の乗用車と対向車線を直進していた軽乗用車が衝突するという事故が発生しました。事故の衝撃で軽乗用車が歩道に乗り上げ信号待ちをしていた保育園児13人と女性保育士3人を轢き、園...