下山真子の顔画像の情報がこちら!衝突は不可抗力で、右折車を避けきれなかった?

この記事は4分で読めます

出典:MBS

スポンサーリンク

8日午前、滋賀県大津市の滋賀県道交差点で右折中の乗用車と対向車線を直進していた軽乗用車が衝突するという事故が発生しました。事故の衝撃で軽乗用車が歩道に乗り上げ信号待ちをしていた保育園児13人と女性保育士3人を轢き、園児2人が死亡しほか園児2人が意識不明の重体となっています。

事故の原因は乗用車を運転していた新立文子容疑者が下山真子容疑者が運転していた軽乗用車と衝突したことでした。下山容疑者の運転していた軽乗用車が園児の列に突っ込んだことで逮捕となりましたが、新立容疑者の車と衝突しなければ下山容疑者が運転していた車は歩道に乗り上げることはありませんでした。

では、逮捕された下山容疑者は今後どのような刑事罰を科せられるのでしょうか。

保育園児の列に車

事故については朝日新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の県道交差点付近で、「保育園児の列に車が突っ込んだ」と近所の住民から119番通報があった。滋賀県警や大津市消防局などによると、園児13人と保育士2人が搬送され、うち園児2人が死亡、2人が意識不明の重体。事故には2台の車がからんでおり、県警はそれぞれの車を運転していた女2人を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、事故当時の状況を調べる。

逮捕されたのは、大津市一里山3丁目の無職、新立文子(52)と、同市若葉台の無職、下山真子(62)の両容疑者。

搬送されたのはレイモンド淡海保育園(大津市)の園児ら。同園を運営する社会福祉法人檸檬(レモン)会(和歌山県紀の川市)によると、園児らは散歩中で、事故当時は現場となった交差点で信号待ちをしていたという。県警によると、この付近で、直進してきた軽乗用車と右折しようとした乗用車が接触。はずみで軽乗用車が園児らがいる歩道に突っ込んだとの目撃証言があるという。

現場はJR瀬田駅の北西約1・5キロで、住宅などが点在している。

出典:朝日新聞

事故で2,3歳という尊い命が2人犠牲になりました。令和に変わって早々また起きてしまった自動車の人身事故なだけに全国で波紋を呼んでいます。

スポンサーリンク

逮捕されたのは2人

滋賀県警は事故を受けて2人の容疑者を逮捕しました。

逮捕された新立文子容疑者と下山真子容疑者について明らかになっている情報は次の通りです。

 

名前:下山真子(しもやま みちこ)

年齢:62歳

職業:無職

住所:滋賀県大津市若葉台

 

名前:新立文子(しんたて ふみこ)

年齢:52歳

職業:無職

住所:滋賀県大津市一理山3

 

新立容疑者が乗用車を、下山容疑者が園児たちに突っ込んだ軽乗用車を運転していました。

顔写真、SNS等の捜索を試みましたが発見には至りませんでした。新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク

現場は?

見通しのいいT字路

では、事故現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、大津市大萱6の滋賀県道付近であるということで、こちらがその現場画像であります。

出典:Twitter

また、現場上空からの映像がこちらです。

そして、こちらを調査してみた結果以下の様な場所である事が判明しました。

現場は、琵琶湖のほとりを走っている県道559号線(さざなみ街道)と市道とが交差するT字路であり、基本的には片側一車線の中央分離帯のない道路であります。

現場のT字路には右折専用車線がありますが、基本的に道幅は狭く、右側部分にはみ出しての追い越しが禁止されている他、さざなみ街道や夕照の道に関しては制限速度は50km/hとなっております。

しかし平坦な道路のため見通しは良く、道路環境が原因で事故が起きたとは考えられません。

スポンサーリンク

事故の原因は?

下山は不可抗力?

目撃者の証言では事故が起きた原因は直進してきた下山真子容疑者の軽乗用車が右折しようとしていた新立容疑者の乗用車と衝突しただということが明らかになっています。

ではそもそも衝突事故を起こした過失はどちらにあるのでしょうか。

出典:交通事故弁護士ナビ

現場は信号機のある交差点だったためその信号機がどのような状況だったかということによって新立容疑者、下山容疑者の過失の度合いが変わってきます。

まず下山容疑者側の信号機が青だった場合、下山容疑者側が優先となりますので新立容疑者側の過失が大きくなります。

逆に下山容疑者側が赤、新立容疑者側が矢印の青信号だった場合は下山容疑者が全過失を負います。

またどちらも黄色で侵入した場合は4:6で新立容疑者側の過失が大きくなります。

今回の事故では特に信号機の色について目撃証言はありませんでした。しかし新立容疑者が逮捕されていることから新立容疑者が優先順位を超えて右折しようとしたところに下山容疑者の車がきてしまったのだと思われます。

そうだとすると咄嗟のことに下山容疑者は衝突してから歩道を乗り上げるまで車の操作を完全にするということは困難だと思われ、園児の列に突っ込むことを防ぐ手立てというものなかったようにも感じます。

スポンサーリンク

過失運転致傷は妥当

下山容疑者が逮捕されたのは自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律、通称自動車運転死傷行為処罰法の五条にある過失運転致死傷罪の違反が基となっています。

(過失運転致死傷)
第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。
(無免許運転による加重)

出典:e-Gov

過失運転致死傷罪は上記の条文により被害者の傷害の程度で刑事罰が軽減されることがあります。今回下山容疑者が事故を起こした原因でなかったにしろ園児の列に突っ込んでしまったのことは紛れもない事実です。さらに2人の園児が亡くなっていますので、罪数が軽減される余地もなくおそらく一番重い刑事罰が言い渡される可能性が高いと思われます。

事故が起こした本人が下山容疑者でなかったとしても難しいかもしれませんが新立容疑者が右折しそうだということを察知していれば事故は避けれられたのかもしれません。とにかくこれ以上子どもたちの命を奪う交通事故が発生しないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

新立文子の顔画像の情報がこちら!事故原因判明で、事故は未然に防げた可能性が

 
error: You never click here!!