ゆたぼんの父親・中村幸也の経歴がヤバすぎる!少年革命家は不登校に対する発言で炎上

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

現在、注目されているYouTuberの1人である”ゆたぼん”こと中村逞珂さん。年齢10歳で小学生、しかし学校には通わずいわゆる不登校状態ですが”不登校は不幸”じゃないと全国の学校に通えない児童の相談に受け付けるなどして注目を浴びています。

そんなゆたぼんはどのような環境で育ってきたのでしょうか。

この記事ではゆたぼんの父、中村幸也さんについてその経歴、仕事、子どもたちへの接し方をまとめましたのでご覧ください。

プロフィール

ゆたぼん

中村幸也さんの経歴に迫る前に”ゆたぼん”こと中村逞珂さんのプロフィールを見てみましょう。

出典:YouTube

名前:中村逞珂(なかむら ゆたか)

年齢:10歳

出身:大阪府

住所:沖縄県宜野湾市

チャンネル名:少年革命家ゆたぼんチャンネル

ゆたぼんが注目を世間から浴びたのは2019年5月5日の琉球新報にその活動が紹介されたことがきっかけでした。

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

出典:Yahoo!ニュース

記事が掲載されたことで茂木健一郎氏など著名人がゆたぼんの活動を賞賛しました。

しかしその一方でYouTubeの登録チャンネルを中心に批判が殺到し”炎上”する事態となっていまいました。

スポンサーリンク

中村幸也

ではそのゆたぼんの父である中村幸也さんのプロフィールを見てみましょう。

「中村幸也」の画像検索結果

出身:中村幸也オフィシャルブログ

名前:中村幸也(なかむら ゆきなり)

出身:大阪府茨木市

職業:心理カウンセラー

オフィシャルブログ:中村幸也オフィシャルブログ

自身のブログで作家、心理カウンセラー、自由人を職業としている幸也さん。

誰かにやさしい言葉を投げかけるのに資格なんかいらない、という思いで情報を発信し自分の好きなことをしながら生きる時代を目指しているようです。

スポンサーリンク

経歴

出典:ハート出版

現在、奥さんと子ども4人を連れて沖縄県に住んでいる中村幸也さんですが中学生の時は非行少年だったようです。盗んだバイクでグランドを走り回り、廊下をたばこをふかせながら堂々と歩きまわるなど不良行為を重ねました。

中学を卒業後、就職して働き始めますがすぐに辞職し以降は20個以上の職を転々と回ります。

しかし納得のいく仕事に出会えなかったようで暴走族に入団し副総長を務めます。そこで恐喝、窃盗、傷害、シンナー、覚せい剤など様々な悪行に手を染めた結果、うつ病を発症しそれをきっかけに暴走族から足を洗いました。

その後高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格し、営業の仕事をしながらカウンセリングを学びます。そして2010年に心理カウンセラーとして活動を始めたようです。

スポンサーリンク

心理カウンセラー

本も出版

出典:Amazon

心理カウンセラーとして活動を始めてから5年経った2015年、中村幸也さんは『あきらめる勇気』という本を出版します。

読者からの評判は良く、レビュー欄には内容を賞賛する言葉が並んでいました。

私はこの本かなりオモシロかったです。
目次を見て読みたい所だけ読んでいますが、ドキッとさせられる箇所が多いし、読んで損はないと思う。
「今日が残りの人生最初の日だ。死を恐れずに自分の番を生き抜こう。」という言葉が心に残りました。

最後は感動しました。

出典:Amazon

私はこの本を読んで自分が何をあきらめて、何をあきらめないで生きるべきかを深く考えさせられました。
この本は決して「あきらめる勇気」だけを書いている本ではありません。
だけど幸福に生きる為に必要な確信をズバッとついている本です。

出典:Amazon

幸也さんはこのあきらめる勇気というものを掲げて全国各地で講演会、ほかメールマガジンなどを配信して日々自身の主張の啓蒙を行っています。

そんな幸也さんですが日本メンタルヘルス協会の衛藤信之氏という人物に心理カウンセラーとして師事を受けました。

衛藤氏は日本メンタルヘルス協会の会長を務めている人物でもあり、同協会は健康な心、幸せを発見できる能力の育成を目的としています。

スポンサーリンク

ゆたぼんにも影響

 

出典:Twitter

現在親子で講演会を開催するなど精力的に活動をしているお二人ですが、ゆたぼんが学校に通うのを辞めた理由に父である中村幸也さんの考えがあるようです。

ゆたぼんが学校に通わなくなった理由は当時通っていた学校で宿題をしなかったことで居残りをさせられ、そのことを疑問に思ったゆたぼんは「俺は先生のロボットではない」と感じ不登校という選択を選んだそうです。

幸也さんも自身のブログでロボットのように働くだけではなく、やりたいことをしながら生きる時代を目指していると述べていますので、ゆたぼんが不登校を選択した理由の一つに幸也さんの信条に感化されたことが考えられると思います。

スポンサーリンク

学校に行かせなくてもいい?

教育を受けさせる義務

しかし果たして中村幸也さんは息子であるゆたぼんを学校に通わせなくてもいいのでしょうか。

日本の規律の大元である日本国憲法第26条には国民に教育を受けさせる義務があることを定めています。

第二十六

条すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

出典:e-Gov

2017年、”ネットアイドル”として活動する15歳の娘を学校に通わせなかったとしてその母親が学校教育法で逮捕されました。

この逮捕により法律では教育を受けさせることは義務付けられているため、いじめや病気など理由がなく学校に通わないことは法律違反で逮捕される前例ができました。

ゆたぼんも何かいじめや病気などやむを得ない理由で学校に行くことを辞めた訳ではないので法律違反に問われる可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで小学生YouTuberゆたぼんの父親である中村幸也さんについてまとめてきました。

幸也さんは過去、犯罪に手を染めたことをきっかけに心理カウンセラーとなり、その影響で息子のゆたぼんも不登校という道を選択しました。

いじめや病気などでフリースクールに通うという選択肢も増えている現代。宿題での居残りで不登校を選択したというゆたぼんに批判が相次いでいますが、この炎上を受けどのようにゆたぼんが考えYouTuberとして世界に発信していくのか楽しみでもあります。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

ヒカルのセクハラ相手A子の顔画像がこちら!DMとLINEが流出し、風俗嬢で性癖がヤバい

 
error: You never click here!!