吉野家 奈良斑鳩町事故の犯人と事故原因が酷すぎる!現場は25号線斑鳩店で逃走の理由についても

この記事は2分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

1日午前5時40分ごろ、奈良県斑鳩町幸前2丁目の牛丼チェーン店「吉野家 25号線斑鳩店」に軽乗用車が突っ込み、2人の客が怪我をするという事故が発生しました。

今回は、この事故の犯人や事故原因などについて迫ってみたいと思います。

吉野家に車が突っ込む

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

1日午前5時40分ごろ、奈良県斑鳩町幸前の牛丼チェーン「吉野家25号線斑鳩店」に軽乗用車が突っ込んだ。店内には従業員1人と客2人がおり、客の20代男女2人が軽傷を負った。軽乗用車を運転していた男は車を乗り捨て、歩いて逃げた。奈良県警西和署はひき逃げ事件として男の行方を追っている。

西和署によると、男は20~30代で、黒の帽子にマスクを着けていた。軽乗用車は対向車線を横切り、国道25号沿いにある店舗に突っ込んだという。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

事故現場は?

では、事故があった現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、吉野家25号線斑鳩店ということで、こちらがその詳細です。

現場となったのは奈良県生駒郡斑鳩町幸前2丁目309-3にある吉野家であるということで、国道25号線沿いにある店舗であります。

片側一車線の追い越し禁止区域であり、法定速度は50km/hであると定められております。

スポンサーリンク

事故原因は?

まず、事故現場の悲惨な状況を見てみましょう。

出典:FNN

現場の吉野家は、斑鳩町から大和小泉方面へと向かっている最中に突っ込んだとされており、その証拠に車の向きが完全に大和小泉の方を向いているのが分かるかと思います。

出典:FNN

事故が発生したのは、1日午前5時40分ごろでありますので、車通りも少なく、速度を出しすぎてしまっ結果、ハンドル操作を誤って突っ込んでしまった可能性も十分に考えられるでしょう。

しかしながら犯人の男は、このド派手な事故を引き起こしているにも関わらず、現場から闘争をしているということで、何かやましいことがあったのかもしれません。

飲酒やドラッグによる酩酊で運転操作不可能であったと判断されれば、罪は重くなりますから、それを隠蔽しようとするには時間が必要ですし、時間を確保するためにも逃走をしたと考えるのも自然です。

車のナンバーを照合すれば簡単に所有者を特定出来ますので、逃走自体は一見すると意味のないことなのかなとも思われますが、やはり飲酒やドラッグなどの反応を消すための時間稼ぎと考えると納得がいくことでしょう。

スポンサーリンク

犯人について

では、犯人は一体どのような人物なのでしょうか?

犯人は20~30代で黒の帽子にマスクを着用していたということですが、名前や顔画像などの情報は公開されておりません。

車を現場に残して逃走をしているということですので、すぐにナンバーを照合すれば犯人の名前や顔画像などは割れると思いますし、逮捕されないとなれば指名手配されるのではないかと思われます。

そうなれば報道機関の発表によって、公開されることがあると思われますから、その際にはこちらに追記します。

この事故によって被害者の方は、気がついたらひっくり返っていたということを話しておりますので、相当な勢いで突っ込んだと思われますが、幸いにも指などを怪我する程度で済んでおり、命が助かっただけでもよかったのかなと思います。

出典:FNN

スポンサーリンク

現在の居場所と逃走経路について

犯人は現場から走って逃走をしたということで、そう遠くへはなかなかいけないのではないかと考えられます。

公共交通機関などを駆使すれば、逃走を図れるのも無理はありませんし、違う県や市などに出向くことも可能といえば可能です。

現在の居場所に関しては、分かっておりませんので、こちらも逮捕された段階で潜伏先などを追記していこうと思います。

何れにしても、令和元年初日に発生した事故であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

奈良 6 人死亡のバイク事故 定員オーバーの理由が酷すぎる!バイクの台数と人数が合ってないと話題に

 
error: You never click here!!