TWICEサナの炎上や令和インスタを投稿した理由がヤバい!ネチズンに対してのアンチテーゼか?

この記事は4分で読めます

出典:Instagram

スポンサーリンク

 

ガールズグループTWICEのサナさんが日本の改元に関する日本語メッセージを掲載し、韓国のネチズンの間で意見が分かれて炎上する騒ぎとなっております。

今回は、このネサナさんの炎上騒ぎや、なぜ炎上しなければならないのか?投稿の意図や理由などについて迫ってみたいと思います。

サナの投稿が炎上

fnnewsほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

TWICEの日本人メンバー・サナが4月30日、インスタグラムに平成時代の終わりに対する心境をつづった。平成生まれのサナはTWICEの公式インスタグラムに「平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした」とし「令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう」と平成時代の最後の日にあたって日本人としての感想を正直に表現した。

しかし、アイドルらしい普通のこの投稿が韓国のネット上で炎上している。このサナの投稿に一部のネット民は「個人のアカウントでもないのに、チーム公式アカウントでこれも日本語でこんな内容を残す意図はなんなのか」「元号が変わるのは日王(天皇)が変わることなのに、それを祝う?韓国国民の感情を無視することかな」などの旨で批判のコメントを書き込んでいる。

その一方、「日本人が自国の大きな変化に個人的な思いを語ったことだけなのに、度を過ぎた非難だ」という意見も多数寄せられている。特に「サナさん、傷つかないでください。ネトウヨらの馬鹿馬鹿しい八つ当たりに過ぎませんよ」「明仁天皇が生涯をかけて戦争の悲惨さを知らせたことも知らない奴らの過激な言動には動揺する必要はありません」「韓国人を代表して私が謝罪します」などサナを応援するコメントが殺到している。

明仁天皇の退位と関連して韓国の雰囲気は大体好意的だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領も書簡を送り、在位期間中に平和の大切さを強調し、日韓関係の発展に大きく寄与したことに対して謝意を表した。

出典:fnnews

スポンサーリンク

サナについて

こちらが、サナさんのプロフィールです。

出典:Twice最新情報局

名前:湊崎紗夏(みなとざき さな)

韓国語表記:미나토자키 사나

英語表記:Minatozaki Sana

ニックネーム:キューティー・セクシー

生年月日:1996年12月29日

年齢:22歳(※2019年5月現在)

出身:大阪府大阪市天王寺区

身長:163cm

血液型:B型

所属事務所:JYPエンターテイメント

趣味:ボディミスト・香水集め、ショッピング、食べること

特技:マッサージ、書道

学歴:大阪市立夕陽丘中学校卒業

家族構成:父、母

練習生期間:3年7ヶ月 (2012年4月13日~)

ポジション:サブボーカル

サナさんは、TWICEでキューティーセクシーを担当をしていることで知られ、3人いる日本人メンバーの1人でもあります。

全世界にファンがいると言われているガールズグループTwiceですが、その中でも日本や韓国を中心に絶大な人気を博しており、時に見せる天然の入ったおっとりした性格とキュートなルックス、そしてセクシーなスタイルが人気のメンバーです。

韓国語も堪能であり、現地の人から言わしてもネイティブくらいの発音をしているのだそうで、そうした努力家な一面と、Twiceの楽曲「CHEER UP」のステージ上で見せた「シャシャシャ」が韓国国内でブームとなったことから、一躍1番人気となった人物としても知られております。

スポンサーリンク

炎上している問題の投稿とは?

では、問題のあった投稿とは一体どのようなものだったのでしょうか?

こちらが、炎上している問題の投稿です。

出典:Instagram

こちらの投稿は、2019年4月30日にTwiceの公式アカウントから投稿されたもので、サナさんの写真と共に「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!!」という日本語のコメントが残されております。

しかしながら、このコメントに対しては韓国語で辛辣な批判がされているのも事実です。

スポンサーリンク

なぜ批判されているのか?

では、Twiceのサナさんはなぜ批判をされてしまっているのでしょうか?

韓国の中央日報によれば以下のような原因があると言われております。

該当の書き込みは日本語で作成され、「天皇退位」には直接言及してはいない。韓国語の翻訳は特になかった。その後、ソーシャルメディア上では甲論乙駁が広がった。一部インターネットユーザーは天皇の名前を取った年号そのものが日本国粋主義・民族主義と関連性が大きいため、TWICE公式アカウントにこれに関する言及をしたのは慎重ではなかったと指摘した。

出典:中央日報

つまり、天皇陛下が退位されることに直接的な言及はしていないものの、韓国人で韓国語しか分からない方が翻訳機を利用した結果、誤訳してしまい、平成と天皇が結びついてしまって炎上したということです。

その証拠に韓国のネットニュースでは「天皇退位のお知らせ、寂しいけどお疲れ様でした」という見出しに変換されてサナさんの炎上案件を紹介しているといいます。

寂しい、お疲れ様でしたという単語は見事に変換できているにも関わらず、平成が唯一天皇という言葉に変換されてしまうのは何か違和感を感じざるを得ません。

スポンサーリンク

ネトウヨやネチズンの仕業?

このサナさんの炎上なのですが、本来であれば炎上するはずのない案件ですが、韓国を拠点に活動するグループの日本人メンバーのよるナイーブな問題に関する投稿であるだけに、ネトウヨやネチズンの方々が黙っていなかったと捉えられても仕方ありません。

ネトウヨとは?:ネット右翼の略で、保守派やナショナリズムといって愛国精神を持ち合わせ、その自分自身の思想に反するネット上の意見に対し、攻撃的なコメントを展開する人々のこと

ネチズンとは?:ネットワークシチズンの略で、インターネット上のみで過激かつ思想的な発言をしたり、攻撃的な発言を繰り返す人々のこと。多くはその国を前につけた呼称で”〇〇ネチズン”といった呼ばれ方をする

韓国ネチズンによれば、「公式アカウントに日本語で年号変更心境を掲載するのは正しくないようだ」などという辛辣な批判がされているといい、日本語のみで投稿したことが炎上の火に油を注いでしまったということでしょう。

スポンサーリンク

なぜこのような投稿をしたのか?

Twiceは韓国を拠点に活動をしておりますが、メンバーは日本や台湾といった多国籍なグループであり、SNS投稿も英・韓・日など様々な言語が飛び交っております。

そうした多国籍なグループであり、主に韓国を拠点として活動するグループであるだけに、このように平成の終わりから令和になるというナイーブな問題に関する投稿は避けるべきだったのではないかと考えられます。

おそらくサナさんはある一定の思想があって投稿した訳ではないと思われますし、平成から令和に移り変わる世代の変化に対する感情をストレートに表現しただけでネチズン に対するアンチテーゼなど微塵もないのかもしれませんが、SNSは多くの人々の目に触れますし、などはしてやTwiceという人気グループのメンバーの投稿でありますので、少なからず注目が集まることは目に見えていたはずです。

あえて投稿した訳ですから、反応は過激ではありますが、その後のリアクションは何かしらあるものだと想像しなければなりませんし、Twiceの運営側ももう少し危機管理をしっかりしないと国際問題にも発展しかねない案件ですから、SNSは慎重に向き合うべきでしょう。

「平成が終わるのが寂しい」という投稿が尾ひれをつけてサナさんの思惑とは全く違うところで炎上しているのは本当に可哀想ですが、こうした反応は実際に起こりうるということをしっかりと教訓にして、今後の活動に励んでもらいたいものです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

BTSの海外の反応がヤバい!地元韓国では肯定するも海外からは厳しい批判!防弾少年団反日騒動のまとめ

 
error: You never click here!!