AKSが提訴した実行犯2人がこちら!このタイミングで提訴した理由が酷すぎる

芸能NEWS

出典:goo ブログ

スポンサーリンク

 

新潟を拠点に活動するアイドルグループNGT48の山口真帆さんが、昨年12月に男性2人に襲撃された事件において、NGTを運営するAKSが実行犯2人を提訴するとして大きな話題となっています。

今回は、このAKSが提訴した実行犯たこのタイミングの理由などについて迫ってみたいと思います。

AKSが実行犯を提訴

スポニチアネックス他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

昨年12月にNGT48山口真帆(23)がファンの男2人に襲撃された事件で、NGTの運営会社「AKS」が襲撃犯グループを提訴したことが30日、分かった。被告は、昨年12月9日に逮捕された実行犯の2人とみられる。AKSが設置した第三者委員会の聴取に応じておらず、法廷で全容を解明する狙いがあるとみられる。

事件は昨年12月8日に発生。新潟市内の山口の自宅マンション玄関先に2人が押しかけ、帰宅した山口の顔をつかむなど暴行したとされる。2人はいずれも当時25歳の男。暴行容疑で逮捕されると、「話がしたかった」などと供述。その後、不起訴処分となり釈放されている。

事件が発覚して以降、NGTの活動は困難となった。劇場公演中止、ラジオ番組の終了、広告契約の更新が保留になるなど実害が出ている。AKSは、3月に開催した第三者委の調査報告書を受けての会見で「断固とした対応をするため、民事上の法的措置を検討する」としていたが、実際に提訴へ踏み切った。

AKS側の対応が拙かったことで騒動が広がったが、全ての発端はこの事件。山口はNGTメンバーの事件への関与を訴えてきた。今月18日に山口はNGTを卒業するが、ファンの運営側に対する不信感は高まるばかり。再スタートを切るには、事件の全容解明は不可欠となっている。

損害賠償訴訟に詳しい嵩原安三郎弁護士は「2人は第三者委員会の調査に応じておらず、メンバーの関与はうやむやのまま。そのため、相手の主張などを通じて事実関係を法廷で明らかにしていくためではないか。運営側にとっては、事件の加害者への厳しい姿勢を示すこともできる」と分析した。

AKS側は提訴については否定せず、「お答えできることがありません」とした。

出典:スポニチアネックス

スポンサーリンク

山口真帆について

こちらが、山口真帆さんのプロフィールです。

「山口真帆」の画像検索結果

出典:ワラノート – Livedoor.biz

山口真帆:(やまぐち まほ)

ニックネーム:まほほん、まほほ

生年月日:1995年9月17日 

年齢:23歳(※2019年1月現在)

出身地:青森県

血液型:O型

特技:円周率100桁を言うこと

趣味:美少女の画像集め、家電調べ

好きな食べ物:水、塩

好きな言葉:ごめんなさい 

山口真帆さんは、AKBグループの一つであり、新潟に本拠地を置くNGT48というグループに所属するアイドルであります。

2015年7月25日に行われた、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格19歳という若さで合格を果たし、見事グループに加入しており、アイドル活動をスタートさせております。

3歳まで新潟で育ったのと、芸能活動に反対していた親が初めて許しをくれたからですというのが応募の動機であるそうで、過去には「P.IDL」というアイドルの2期生として活動をしていたそうですが、すぐに辞めてしまったと言います。

自身の憧れのアイドルというのは、AKB48の柏木由紀さんであるそうで、その柏木由紀さんは以下のように山口さんを評しております。

まほほんはもう変です。すごく変。顔はものすごく可愛いんですけど、言ってることもちょっと変で、天然な感じで、あとすごくすぐ泣くんですよ。
で、ダンスがすごく苦手で、でも一生懸命頑張って、喋るとめちゃめちゃ面白いっていうのがすごくギャップだと思うので、私はバラエティーとかに是非、
今出すならまほほんが一番バラエティーに向いてるんじゃないかなって現状思ってます。

出典:Asterism

2019年4月21日には、NGT48の千秋楽公演でグループからの卒業を発表すると、同グループのメンバーを起用したアパレル企業が炎上するなど社会問題にまで発展しております。

スポンサーリンク

実行犯とは?

では、AKSが提訴した実行犯とは一体どのような人物なのでしょうか?

文春オンラインでは、A氏とB氏ということになっており、Z会という組織が関わってるのだそうです。

山口さんへの暴行容疑で逮捕(不起訴)されたのは、A氏(25歳・無職)とB氏(25歳・無職)。この他に20代前半のC氏も事情聴取を受けている。加害者グループは、NGT48メンバー・中井りかとの交際が昨年6月に報じられたZ氏率いる“アイドルハンター軍団”の一員だった。周囲から「Z会」と呼ばれていたグループは、1年以上前から、事件現場となったマンション内に部屋を借りていたことも判明。その目的は、NGT48メンバーとの「接触活動」だという。

出典:文春オンライン

そしてZ会やメンバーなどの相関図に関してはこちらです。

出典:Twitter

文春では、Z会となっておりましたが、本来は容疑者であった北川丈(きたがわ じょう)さんの名前をとってジョー会と呼ばれているのだそうです。

ジョー会とはアイドルハンターと呼ばれる、その界隈では知らない人はいない派閥グループで、アイドルのいわゆるストーカー行為などをしている集団として知られております。

リーダー格の男性が北川丈さんだと言われており、北川さんとNGTメンバーの太野彩香さんが交際関係にあるといいます。

しかしながら、リーダーは中井りかさんの彼氏であると以前に文春砲が炸裂した、森山力貴也(もりやま りきや)さんが率いているのではないかとも噂されています。

交際相手A氏は、以前から48グループを応援する関西出身の20代ファン。中井の握手会にも足繁く通っていた男性だ。6月11日の夜、A氏は誰もいない中井の自宅マンションに入ったが、その約3時間後、ネット生放送番組「SHOWROOM」の仕事を終えた中井が帰宅。翌12日の早朝に中井が家を出ると、その約5時間後にA氏も中井の自宅を後にした。

14日、「週刊文春」取材班は中井を直撃。中井は質問に対し、無言で首を横に振り、その場を去った。所属事務所にも事実確認を求めたが、期日内に回答は得られなかった。

出典:“ポスト指原”NGT中井りか

また、ジョー会のリーダーとされている森山力貴也さんですが、自身のInstagramのストーリーにてこのジョー会(Z会)について否定をしております。

出典:Instagram

ですが、AKSが提訴した実行犯の2人というのは北川丈さんと笠井宏明さんであるということです。


スポンサーリンク

北川丈について

こちらが、北川丈さんのプロフィールです。

出典:Twitter

名前:北川丈(きたがわ じょう)

愛称:じょう、ジョー、金髪

年齢:25歳(※2019年1月13日現在)

生年月日:1993年1月31日

自宅:新潟市(NGTメンバーと同じマンションに1年前から移り住む)

実家:神奈川県座間市ひばりヶ丘

職業:無職

推しメン:NGT48メンバーの太野彩香

北川丈さんは、アイドルハンター軍団であるZ会に所属するメンバーとして知られる人物で、推しメンはNGTメンバーの太野彩香さんであるそうです。

NGTのライブ中にはそんな太野さんが目の前に来て話しかけるほどの関係であると言います。

ちなみに、嫌疑不十分として不起訴、釈放された際にJR新潟駅の万代口にて撮影された北側さんを映した動画がこちらです。

北川丈「なんか新潟県警のマッポが、なんか2人やってきたんよ、俺に向かって。だけど結局俺に何も言えずに立ち去っていったし、実質新潟県警はかいせー、ガチで弱ぇよ」

スポンサーリンク

AKSについて

こちらが、提訴をしたAKSの詳細です。

名称:株式会社AKS

事業内容:芸能プロダクションの経営(AKB48グループの運営管理)、音楽・映像ソフトの企画・制作・製造・販売、著作権などの使用許諾・管理、音楽スタジオの経営・運営・提供、放送番組・演奏番組の企画提供、映画の企画・制作・提供、各種SP・イベント・企画制作

所在地:東京都千代田区外神田六丁目1番地8思い出ビル

役員:吉成夏子(代表取締役)、大村拓也(取締役)、松村匠(取締役)、寺田明弘(取締役)、秋田英好(監査役)

AKSは、AKB48・HKT48・NGT48の3グループの運営管理会社として知られている会社で、2006年に設立された会社であります。

AKSはそれぞれ、AKB48の総合プロデューサーとして知られる秋元康(AKIMOTO)さん、AKBノエグゼクティブ・プロデューサーの窪田康志(KUBOTA)さん、AKBの創設者として知られ、株式会社office48代表取締役社長の芝幸太郎(SHIBA)の頭文字から取られております。

この会社やAKBグループのコンセプトとしてあげられるのが、「平凡な少女が、夢を追いながらAKB48として活動し、事務所が決まり、スターになっていくというプロセスを歩むという芸能界の最も夢のある部分を見せる」ということで、AKSはそれを体現するために運営として様々サポートをしているということです。

スポンサーリンク

なぜこのタイミング?

では、なぜこのタイミングで提訴するに踏み切ったのでしょうか?

実行犯がいることは運営側も分かりきっていたことであると思いますし、もっと早い段階で提訴していればここまで大ごとにはならなかったと思われますが、逆を考えれば大ごとになるまで運営側が気が付かなかったということも十分に考えられます。

提訴をするということは裁判になるのですが、裁判をして勝訴すれば被害者面を出来ますし、敗訴してしまっても事件性はなかったと開き直ることが出来ますから、どのみち裁判や提訴するのはAKSにとっては有利なのです。

しかしながら、世間の人々にとってはあまりにも遅い提訴であるためになぜ今頃という疑問が多く残ってしまったのでしょうが、事件を徐々に風化させるためにはこのタイミングとなってしまったのでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

山口真帆の文春録音テープの音声データフル動画が公開!中身やメンバーの実名、所有者についても
出典:ぷちっと速報 暴行被害を受けたNGT48のメンバー、山口真帆さんが2019年4月21日の千秋楽公演でグループからの卒業を発表し、大きな話題となっています。 今回は、この山口真帆さんの卒業に関して暴行していた際に...