飯塚幸三の現在は逮捕もされず実刑判決も下らない!アキネーターにも登場し、遺族に謝罪もなし!

この記事は5分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走し10人が死傷した事故で、車を運転していた飯塚幸三さんが退院後も逮捕されずに自宅で任意の事情聴取をする方針が、警視庁から発表され、大きな波紋が広がっております。

今回は、そんな飯塚幸三さんの現在やアキネーターに登場した件、上級国民の逮捕の有無についても迫ってみたいと思います。

飯塚幸三に家族の命を奪われた遺族が悲痛の会見

日本経済新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走した事故で、妻の松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)を失った会社員の男性(32)が24日、都内で記者会見し「たった一瞬で私たちの未来を奪われた。ただ絶望しています」と語った。同様の事故が繰り返されないよう「不安がある人は、運転しないという選択肢も考えてほしい」と訴えた。

男性によると、事故直前の19日正午すぎ、テレビ電話で帰宅時間を伝えたのが真菜さんとの最後の会話だった。男性は記者会見で時折声を詰まらせながら「笑顔がすてきでやさしくて、子供思い。素晴らしい女性だった」としのんだ。

莉子ちゃんは人見知りな性格だったが、近所の公園で友達ができたばかりだったという。男性は「たった3年しか生きられない命があったということを現実的に考えていただきたい」と言葉を絞り出すように話した。記者会見は「2人のように事故で犠牲になる人を減らしたい」という思いで開いたという。

警視庁は24日、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が運転する車が暴走した事故による負傷者が新たに2人確認され、死傷者は計12人になったと発表した。2人は自転車に乗っていた30代女性と娘(2)で、19日午後、横断歩道上にいたところ、ごみ収集車と衝突してスピンした乗用車と接触して転倒した。

2人はけがはないとして現場から立ち去ったが、病院で軽傷だったことが判明し、警視庁に申告があった。

出典:日本経済新聞

スポンサーリンク

上級国民様の大勝利

Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっております。

このツイートによれば、池袋で悲惨な事故を引き起こした飯塚幸三さんは、逮捕されないのだと言います。

出典:Twitter

検察庁のホームページにれば、捜査手続において、容疑者の身柄を拘束せずに手続を進める「在宅事件」と、容疑者の身柄を拘束(逮捕や勾留など)をして手続を進める「身柄事件」との2種類が存在していると言います。

このどちらになるかというのは、(1)犯罪の重大性・悪質性、(2)逃亡のおそれ、(3)証拠隠滅のおそれなどを総合的に判断して決定されるのですが、病気や怪我などの状態で体調が芳しくなく、逮捕後に拘留することによって悪化すると判断された場合は入院などをして治療に専念させる場合もあります。

しかしながら、飯塚幸三さんの身柄に関して事故の管轄区域にある警視庁は「退院後も逮捕せず、任意で事情を聞く方針」であるとこを発表したのです。

これによって上級国民であるが故に逮捕されないということが決定的になってしまいました。

スポンサーリンク

在宅起訴などもあり得るが

逮捕されないということで、多くの国民がなぜ?という疑問符を投げかけておりますが、逮捕は処罰ではなく処遇であり、逮捕されない=刑事上で罰せられないということではありません。

逮捕されないケースであっても、在宅起訴され実刑判決が出たケースというのは数多く存在します。

ですが、飯塚幸三さんと同じ80代後半の年齢で交通事故を起こし、1人の女子高生の命を奪ったとされる群馬県前橋市の男性は、飯塚幸三さんと同じく怪我をしているにも関わらず、同日中に逮捕されているのです。

前橋市で1月9日朝、自転車で登校中だった市立前橋高校の女子生徒2人が逆走してきた乗用車にはねられ重体となった事故で、群馬県警前橋署は31日、2人のうち、1年の太田さくらさん(16)が同日午後に死亡したと発表した。死因は低酸素脳症。

同署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで逮捕した川端清勝容疑者(85)の容疑を過失致死に切り替え、事故原因などを調べる。

川端容疑者は1月9日朝、前橋市北代田町の県道で乗用車を運転中、路側帯を走っていた太田さんに衝突。直後に民家の塀にぶつかった弾みで横転し、3年の大嶋実来さん(18)を巻き込んだとして、同日逮捕された。

出典:産経ニュース

この群馬県の事故では車は、以下のようなの走り方をしたと言います。

そして、渦中の池袋の事故で飯塚幸三さんの運転するプリウスは以下のような動き方をしていたと言います。

出典:Twitter

誰がどう考えても池袋の事故の方が悪質でありますし、ここまでの状況下でなおかつ同じ様な過去の事例で逮捕されているにも関わらず、今回の飯塚幸三さんだけ逮捕されないのは誰しもが納得をしないのではないでしょうか?

職歴が、工業技術院長、国際度量衡委員、国際度量衡委員会副委員長、計量研究所長、国際計測連合(IMEKO)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、機械振興協会副会長、日本規格協会理事、(株)クボタ副社長などを歴任している訳ですから、一般国民よりは優遇されるのかもしれません。

スポンサーリンク

アキネーターにも登場

質問への5段階の回答例を元に、実在または架空の人物・キャラクターを絞込み推測しながら特定するプログラムエンジンであり、データベースを応用した人工知能のことをアキネーターというアプリもしくはウェブサイトがあるのですが、早くもこのアキネーターに「飯塚幸三」の名前が出てきているとして話題になっています。

では、「飯塚幸三」を頭に思い浮かべながら実際にプレイしてみましょう。

Q1:「現在50歳以上ですか?」

A1:「はい」

Q2:「人を殺した?」

A2:「はい」

Q3:「犯罪を犯したことがある?」

A3:「はい」

Q4:「既に亡くなっている?」

A4:「いいえ」

Q5:「60歳以上ですか」

A5:「はい」

▼思い浮かべているのは「飯塚幸三」

なんと、アキネーターの質問通りに答えていった結果、飯塚幸三さんの名前が出てきたのです。

ついに、アキネーターにも登場してしまった様ですが、現在アクセス出来なくなっているなど、ここにも上級国民や国家権力による圧力がかかっているのでは?という憶測が飛び交っており、大きな波紋が広がっております。

スポンサーリンク

実刑判決が下されない可能性が

東京スポーツによれば、この飯塚幸三さんは実刑判決が下されない可能性があるということです。

交通ジャーナリストの今井亮一氏(64)は過去の同様の判例から「男性が急に認知症となって裁判が受けられなくなることでもない限り、不起訴はないはず。罰金刑でなく、正式な裁判への起訴がなされるだろう。判決は禁錮3年、執行猶予5年というところじゃないか」と予想する。

今井氏は数々の踏み間違い事故(被害者死亡は1件)の裁判を傍聴してきたが、実刑判決は1つもないという。「被告人が前科もない普通の人で、過失による死傷事故だったから」である。

2011年に起きた東京都大田区の踏み間違い事故。女性ドライバー(70=当時)が駐車場を出て直進し、そのまま反対側のガードレールを突き破り、歩道に乗り上げ、下敷きになった歩行者の女性は死亡した。「被告人はセレブ風の女性で判決は禁錮3年、執行猶予5年。被害者が死亡していない他の踏み間違い事故はもっと軽い執行猶予判決だった」

出典:東京スポーツ

さらに、交通ジャーナリストの今井亮一さんは「おじいちゃんを刑務所にぶち込んでも、死刑にしても、何ら得るものはない。それよりも、踏み間違え事故を起こさせない現実的な仕組み作りを急ぐべき」と刑務所に入れる必要性のなさを訴えかけています。

果たして、本当にそうでしょうか?

2人の命が奪われ、なおかつ多くの怪我人を出している悲惨な事故を起こしているにも関わらず、踏み間違いで認知症だったから執行猶予付きで刑務所に入れられないというのは、あまりにも非情な判決なのではないでしょうか?

現在、飯塚幸三さんは入院をしているということですが、退院しても逮捕すらされずに、在宅起訴されても執行猶予付きの判決が下される可能性が出てくるとなれば、上級国民の差別で納得いかないのも無理はありません。

飯塚幸三さんに関しては弁護士や家族、代理人からの謝罪の言葉もないですし、被害者の夫の会見では圧力によって謝罪の有無を言わされておりません。

出典:Twitter

自分の明らかな過失運転によって2人の命を奪っているにも関わらず、上級国民で逮捕されず、実刑判決が下らないというのはこの先も大きな波紋が広がっていくことでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

上級国民の飯塚幸三に無罪の可能性?逮捕されない理由はやっぱり忖度が原因だった?

 
error: You never click here!!