中井りかの山口真帆へのふぇの真相とは?過去には悪口を話している時が一番楽しいと発言!

国内NEWS

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

NGT48を巡る騒動で、中井りかさんが、山口真帆さんに対して「死ね」と発言したかのような疑惑の動画が出回り、多くの波紋が広がっております。

今回はこの中井りかさんの「死ね」が「ふぇ」という赤ちゃん言葉であったという苦しい釈明や、人の悪口を言っている時が一番楽しい真相などについて迫ってみたいと思います。

ふぇという赤ちゃん言葉

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

NGT48の中井りか(21)が23日までに自身のインスタグラムを更新。昨年12月にファンの男性から暴行を受け、21日の劇場公演で卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)に対し、自身が「死ね」と暴言を吐いたとするネット上の臆測について「ふぇっていう赤ちゃん言葉見たいので遊んでただけ」と釈明した。

 ネット上では山口とみられる人物と中井が映っている動画が出回り、中井は「死ね」と言葉を発しているのではないかとツイッター上で臆測を呼んでいた。

 中井はインスタのストーリー機能でフォロワーからの質問に回答。「『死ね』なんて言ってないよね?」との質問に対し、「絶対言ってない。ふぇっていう赤ちゃん言葉見たいので遊んでただけ」と否定。「死ねって言うのは人としてどうかと思う」との声には「りかが1番嫌いな言葉。たくさん言われたこともあるし そんな汚い言葉絶対絶対使わない」と強調した。

 また「どうしても死ねって言ったって認めさせようとしてる奴ら許せない」との意見に対し「それな」と対応。「ふぇって言ってましたってなにwwあなた21でしょ かわいすぎかよ」との指摘には「(笑)(笑)だから言いにくいっていったじゃん!(笑)ツイッターのアンチもさ、なんて言ったか説明してください!(激おこ)って感じだったから ふぇっていう赤ちゃん言葉です。て真面目に返す気にならない(笑)」と明かしていた。

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

中井りかについて

こちらが中井りかさんのプロフィールです。

 

出典:http://ngt48.jp

名前:中井 りか(なかい りか)

出身地:富山県

生年月日:1997年8月23日

身長:156cm

デビュー:2015年

出身高校:県立八尾高等学校

最終学歴:通信制高校(諸説あり)

所属事務所:AKS→ 太田プロダクション

NGT48の第1期生として、2015年にオーディション合格後、翌年2016年にデビューし、デビューした年から週刊漫画雑誌にて、グラビアデビューを果たすと、ソロで表紙と巻頭のグラビアと好調な滑り出をするなどしていた人物です。

さらにはAKB48のシングル「ハイテンション」にて選抜メンバー入りするなど輝かしい活躍をしており、2017年にはNGT48として初のシングルである「青春時計」でセンターを務めるほどでした。

KB48グループの総選挙ですが、中井さんは過去3回挑戦しています。

結果がこちら↓

・第8回(2016年):96位(8,997票)

・第9回(2017年):23位(29,953票)

・第10回(2018年):37位(26,701票)

第10回の際のスピーチにて、文春にスクープされたというコメントをした為、恋愛禁止であるAKB48グループに属しながらも彼氏との同棲が判明したということになります。


スポンサーリンク

中井りかの死ねの動画とは?

では、中井りかさんが死ねと発言している動画とは一体どのようなものなのでしょうか?

こちらが、その中井りかさんの動画であります。

こちらの動画では、中井りかさんが同グループのメンバーである荻野由佳さんと共に、「〇〇ね」という言葉を連呼している様子が映し出されております。

中井りかさんはこの動画に関して自身のTwitterにおいて公式に否定をしております。

出典:Twitter

そんなひどい事言ってないです。とだけ明言をしておりますが、では逆に何と言っていたのでしょう?

死ねと言っていないのであれば、ここにはっきりと「〇〇と言っていた」という情報を載せるでしょうし、それがないという事ですし語尾の”〇〇ね”というのがはっきり聞こえることからも「死ね」と発言していたのではないかと思われます。

さらに、この動画の背景に一緒に写っているのが、渦中の山口真帆さんだというのですから暗喩というより、直接的に「山口真帆死ね」と訴えたかったのでしょう。

また、中井りかさんはアンチに対して強烈なアンチテーゼを発表しており、その様子がYouTube上で公開されております。

この動画内では、中井りかさんはアンチ勢に対して「いちいちチェックしてくれて、本当にありがとう」と、ものすごく煽っているのです。

こういう煽りをするような性格でありますから、問題の動画内で死ねと言っていてもおかしくはないですよね?

スポンサーリンク

死ねを否定?

そんな中井りかさんですが、自身のInstagramのストーリーを更新しており、「死ね」と発言したことを真っ向から否定をしております。

そのストーリーではフォロワーからの質問に答えるという形でテキスト投稿がされていきます。

「死ねなんて言ってないよね?」

「りかちゃんが死ねなんて言うわけ無い」

「騒ぐ人たちがよく分からない」

出典:Instagram

中井りかさん曰くこの問題の動画で発言をしている謎の文言は「ふぇ」と言う赤ちゃん言葉であるそうで、決して死ねなどとは言っていないということですが、それを恥ずかしくてTwitterでは言えないと豪語しているにも関わらず、Instagramでそれを報告しておりますので、支離滅裂な釈明となったことは否めません。

また、言うほど赤ちゃんも「ふぇ」などと言いませんし、赤ちゃん言葉だけで遊ぶのであれば代名詞である「ばぶー」などが妥当だと判断されますので、本人がいくらひてしようがさらに憶測が広がることとなるのは言うまでもありません。

この「ふぇ」についてですが、女子特有のいじめにある手法なのだそうで、いかに死ねに聞こえるか聞こえないかのギリギリを攻められるというのをチキンレース的に勝負しており、もしも「死ねと発言しているのでは?」と言及されてもいいように「ふぇという赤ちゃん言葉で遊んでました」という意味不明な釈明や逃げ道を用意しているのだと言います。

つまり、山口真帆さんに対して「死ね」という直接的な単語をぼかして言うことによって自分達だけの悪口のような暗号を共有し、楽しんでいると言ったところでしょうか?

悪口というのは一番森あり上がると言われておりますからね。

スポンサーリンク

悪口が一番楽しい?

そんな中井りかさんですが、2018年6月10日放送された日本テレビ系列の人気バラエティ番組「行列のできる法律相談所」に出演した際に、NGT48のメンバーから嫌われていたり、人の悪口を言っている時が一番楽しいなどと言ったコメントを残しております。

そして、最終的にはお金をもらえれば何でもイイということまで述べております。

問題のシーンはこちらから確認できます。

つまり、悪口を言っている時が一番楽しく、アイドル活動はお金をもらえれば何でも良いということですので、”ふぇ”という赤ちゃん言葉のようなぬるいものではなく、やはり死ねの隠語なのではないかと考えられるのです。

アイドルは夢を売る商売でありますから好感度が大切なのですが、中井りかさんのように好感度を気にせず思ったことをストレートに言ったり、歯に衣着せぬ物言いが魅力となる場合もあります。

しかしなながら、それであれば当初のキャラクターを貫く必要があり、人の悪口を言うキャラやアイドルとして活動し続けなければなりませんので、「(死ねに対して)りかが一番嫌いな言葉。絶対に使っていない」と釈明するのはキャラも発言の信ぴょう性もブレブレであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

中井りかが死ねと山口真帆に発言した動画がこちら!発言の真相やNGT事件の闇についても
出典:サクッと情報部 新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー、山口真帆さんが男性2人の襲われ、暴行事件へと発展した件で、当の本人である山口真帆さんがNGT8グループを卒業することが発表されました。 今回は、この卒業...