上級国民の飯塚幸三に無罪の可能性?逮捕されない理由はやっぱり忖度が原因だった?

国内NEWS

出典:Twitter

はm

スポンサーリンク

 

東京池袋で発生した親子2人が死亡する悲惨な事故を巡って、暴走したプリウスに乗車していた飯塚幸三が上級国民だから逮捕されないのではないかという憶測がネット上で広がっております。

今回は、この飯塚幸三が上級国民で逮捕されない理由や、神戸市三宮のバス事故の容疑者が逮捕されている理由などについて迫ってみたいと思います。

上級国民だから逮捕されない?

弁護士ドットコムほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・池袋で4月19日、高齢男性が運転する乗用車が暴走して、自転車に乗っていた母娘が亡くなった事故をめぐり、インターネット上で「上級国民」という言葉が数多く書き込まれている。

●運転していた男性は旧通産省の官僚だった

この事故で、乗用車を運転していたのは、元旧通産省の官僚で、大手企業の役員を経て、勲章を受けた80代男性だ。

男性の実名報道が一部しかなかったり、あったとしても「さん」付けだったことや、事故直後に逮捕されていないことから、ネット上で「上級国民だから逮捕されないのか」といった反発が上がった。

検察庁のホームページによると、捜査手続では、容疑者の身柄を拘束しないまま手続をすすめる「在宅事件」と、被疑者の身柄を拘束(逮捕・勾留)して手続をすすめる「身柄事件」がある。

いずれによるかは、(1)犯罪の重大性・悪質性、(2)逃亡のおそれ、(3)証拠隠滅のおそれなど、事情を総合して判断することになっている。

報道によると、男性は骨折して入院しており、警視庁はその回復を待って、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで話を聞くという。共同通信は「警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進める」と報じている。

つまり、「上級国民」かどうかは関係ないのだ。

●神戸市でも死亡事故、さらに広がる憶測

池袋の事故から2日後の4月21日、神戸市中央区JR三ノ宮駅前で、市営バスが横断歩道に突っ込み、歩行者をはねて、男女2人が亡くなる事故が起きた。こちらの事故では、バス運転手の60代男性は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで現行犯逮捕された。

ネットでは「(池袋事故の男性は)逮捕されないのにおかしいだろ」「むしろ『上級国民は逮捕されない』という小噺を補強してしまった感が有るな」といった声が強まっており、「上級国民は逮捕されない」という誤解・憶測がさらに広がっている。

出典:弁護士ドットコム

スポンサーリンク

飯塚幸三について

こちらが、飯塚幸三さんのプロフィールです。

出典:Twitter

名前:飯塚幸三(いいづか こうぞう)

年齢:87歳

職業:無職

在住:東京都板橋区弥生町

学歴:東京大学卒業

資格:工学博士

職歴:工業技術院長、国際度量衡委員、国際度量衡委員会副委員長、計量研究所長、国際計測連合(IMEKO)会長、日本計量振興協会会長、計測自動制御学会会長、機械振興協会副会長、日本規格協会理事、(株)クボタ副社長

飯塚幸三さんは、信号無視によって2人の命を奪い、今後自動車運転死傷処罰法違反で逮捕されると思われる人物で、この猛スピードで交差点に突っ込んだとされている人物です。

飯塚さんは周囲に運転をやめる意思を示したこともあったということで、マンションの駐車場ではうまく駐車できないなどの様子が近隣の住民によって目撃されております。

以前は、通信産業省で元工業技術院長を務めていた飯塚さんは、農機大手クボタの副社長を務めるなどのキャリアを持っていたのですが、ここ最近は足の具合が良くなく、杖をついた生活を余儀なくされていたと言います。

さらに1976年には、自身が監修を務めた著書、「JISとSIに基づく量記号・単位記号の使い方」を発表するなど、日本の計測において長年にわたり従事してきた功労が評価され、瑞宝重光賞という日本の勲章を受賞しております。

瑞宝重光賞は、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して送られる名誉ある勲章です。

この名誉ある勲章は従三位という階位に叙勲されているといい、江戸時代の大名で例えるならば譜代大名クラスになると言います。

関白や太政大臣、あるいは征夷大将軍クラスが正一位といい、これが階位において一番上の階級なのですが、そこから従一位、正二位、従二位、正三位と位が下がっていき、正三位の次に来る位が従三位でありますので、ものすごい上級国民に与えられる勲章という認識で間違いありません。


スポンサーリンク

上級国民だから逮捕されないのか?

今回の池袋の事故だけを見れば、入院していたり逃亡の恐れがないなどの理由で逮捕されなかったり、敬称つきの呼び方であることに納得がいくのですが、池袋の事故から2日後の2019年4月21日に発生した神戸市三宮のバスの事故で、運転手は容疑者として逮捕されていることから、明らかに上級国民への忖度なのではないかという声が多く寄せられています。

そして、この2つの事故を整理すると以下のようになります。

・池袋の事故:被害者11名(うち2名が死亡)、運転手はさん付けで逮捕されていない

・三宮の事故:被害者8名(うち2名が死亡)、運転手は逮捕され容疑者と呼ばれている

被害者の数もほぼ同じですし、暴走したという事故の構図も一緒であります。

結局、池袋の事故で2人の命が奪われているにも関わらず、容疑者として逮捕もせず、在宅捜査で対応をし、さらには昭和の政治家のようにそこまで重症でないにも関わらず、即入院させるという手法を取っているあたりに、上級国民への忖度が感じてしまいます。

また、弁護士ドットコムの記事で「つまり、『上級国民』かどうかは関係ないのだ。」という文言がありますが、これすらも忖度に感じてしまいます。

(1)犯罪の重大性・悪質性

これについては、上級国民にとっては重大な事故ではないという判断なのでしょうか?

(2)逃亡のおそれ

これは、昭和の政治家のような入院もしていましたし、さらに三宮の事故と池袋の事故で何が違うのでしょうか?

どちらも逃亡恐れがあると言われればそれまでですし、ないと言われればそれまですが、池袋が逃亡恐れなしで三宮が逃亡の恐れがありと判断される意味が分かりません。

(3)証拠隠滅

最後に、証拠隠滅についてなのですが、これは池袋の事故直後に息子に電話していたり、Facebookなどの自分の身の回りの情報に関わるものを削除要請したりするなど、しておりますので、むしろ池袋の方が可能性はありますので、こちらを逮捕すべきではないかと考えられるのです。

スポンサーリンク

過去に発生した忖度

過去に重大な死亡事故を起こしているにも関わらず、忖度されたことによってかなり罪が軽くなった事例が多く存在しております。

▼福田康夫の甥の妻という上級国民の千野志麻

「千野はフリー転身後の2013年1月に、静岡県沼津市内のホテル駐車場で38歳男性を乗用車ではね死亡させ、自動車運転過失致死の容疑で書類送検。裁判では100万円の罰金刑に処され、即日納付しています。当時、千野が逮捕されなかったことが大きな話題となりましたが、彼女の場合は警察にすぐ届け、公式HPでも事故を報告。逃亡の恐れがないと判断されたようです。もっとも一部では、父親が沼津市議会議員であること、夫が福田康夫の甥であったことが関係しているとの声も上がっていましたが……」

出典:日刊サイゾー

千野志麻アナウンサーに関しては、1人の人間が死亡するという事故を犯しているにも関わらず、在宅起訴から執行猶予3年というものすごい軽い刑で終わっておりますし、現在は「もう済んだことだから」と笑ってると言います。

東京地方検察庁特別捜査部長という上級国民の石川達紘

東京都港区で2月、男性を乗用車ではねて死亡させたなどとして、警視庁交通捜査課は21日、元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(79)=神奈川県鎌倉市=を自動車運転処罰法違反(過失致死)などの容疑で書類送検した。容疑を否認しているという。

 送検容疑は2月18日午前7時20分ごろ、港区白金6で歩道に乗り上げ、歩いていた足立区の外構業、堀内貴之さん(当時37歳)をはねて死亡させたなどとしている。

 同課によると、石川弁護士は事故直前、停車して運転席から降りようとした際にバッグを落とし、体を乗り出して拾おうとしたところで誤って左足でアクセルを踏み込んだという。ブレーキ部品の痕跡などから、事故当時、サイドブレーキはかかっていたが、エンジンを止めず、ギアはドライブに入ったままだったとみられる。

 車は約300メートル暴走し、堀内さんをはねた。時速は100キロ以上出ていたという。石川弁護士は「事故の状況からアクセルを踏んだかもしれないが、踏んだ認識はない」と供述している。

 石川弁護士は事故後に一時、入院。同課は在宅で捜査していた。

 石川弁護士は東京地検特捜部長や福岡、名古屋両高検検事長を歴任。特捜部には3回勤務し、ロッキード事件捜査などに加わった。

出典:毎日新聞

石川達紘弁護士は、東京地検特捜部の部長で、特捜部時代にはロッキード事件や平和相互銀行事件、撚糸工連事件など数々の事件を手がけたことで有名であります。

そんな石川達紘弁護士も1人の人間を死亡させているにも関わらず、逮捕はされておりません。

石川達紘弁護士は、ゴルフのコンペでドラコンを勝ち取るなどゴルフの腕前はピカイチで、この事故があった日も20代の美女と自前のレクサスでゴルフに向かう途中、100km/hもの速度を出して人を轢いているのです。

これら全てに共通するのが、”上級国民”というくくりです。

そもそも上級国民とは、一般国民に対してそれ以外(特別な国民がいるかのような発言を受けて、それを皮肉るために生まれたネットスラングのことで、主に、政治家や役人、資産家などを批判的に表現する言葉として知られております。

元東京地検特捜部の部長、父親が沼津市議会議員で、夫の叔父が福田康夫元総理というのは紛れもなく上級国民でありますし、池袋の事故を起こした飯塚幸三さんも経歴や瑞宝重光賞という勲章から上級国民であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

法の下の平等とは何なのか?

検察官の大物OBや元官僚などの交通事故というのは、このように忖度や圧力によってもみ消されてしまうことがほとんで、かけがえのない命が失われているにも関わらず、裁かれることはありません。

近代憲法には、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという観念があり、このことを法の下の平等という風に呼んでおります。

つまり、上級国民であろうが一般国民であろうが「悪いことは悪い」と法律のもとで裁くというのが原則であるということです。

しかしながら、法律を司る弁護士・裁判官・検察官も結局は上級国民のお膝元でありますし、法を作る立法機関の政治家もまさに上級国民でありますから、法の下の平等というのは事実上不可能なのかもしれません。

もちろん悪いものは悪いということで、しっかりと元特捜部の部長であろうが一般国民であろうが平等に裁いているのであれば、このような問題は発生しないのですが、実例が何個もある上に、極めて理不尽なジャッジが多いため納得がいかないのも現状です。

何れにしても、今回の池袋の事件も上級国民であるだけに、昭和政治家のように即座に入院し、さらには逮捕もされないということでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

石川達紘弁護士が書類送検の理由がヤバい!20代の美女とゴルフに行く途中に事故を起こし、実刑判決も?
出典:JNN 今年2月、東京都港区の都道で乗用車が暴走し、歩道の男性がはねられて死亡した事故で、警視庁は石川達紘(いしかわ たつひろ)弁護士を書類送検しました。 今回は、石川達紘弁護士の現在などについて迫ってみたいと...

 

飯塚幸三は息子や家族にFacebookの削除依頼をしていた!さん付けは上級国民への忖度か?
東京・池袋の乗用車暴走事故で、暴走していたプリウスを運転していたのが、飯塚幸三さんであると判明しました。 今回は、この飯塚幸三さんがなぜメディアでさん付けなのか、そして息子や家族にFacebookの削除依頼を出していた...