池袋事故 犯人の87歳運転手の名前や顔画像は?認知症によるプリウスの速度が衝撃的!

国内NEWS
スポンサーリンク

 

19日午後0時25分頃、東京都豊島区東池袋の都道交差点で、プリウスとゴミ収集車が衝突する大規模な事故が発生し、歩行者ら10人が負傷したほか、心肺停止となって運ばれていた30代の母親と3歳くらいの女児がその後病院で死亡が確認されたということです。

今回は、このプリウスが猛スピードで突っ込んでくる防犯カメラの映像や、犯人の87歳の運転手(ドライバー)の名前や顔画像、事故現場の状況などを詳しく解説していきたいと思います。

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

池袋の事故で2人が死亡

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道の横断歩道2カ所で、高齢男性が運転する乗用車が歩行者らを次々とはねた。警視庁と東京消防庁によると10人が負傷した。このうち自転車に乗っていた30代の女性と、3歳ぐらいの女児が心肺停止で病院に搬送されたが、死亡が確認された。

目白署によると、乗用車は東京都板橋区の無職男性(87)が運転していた。1カ所目の横断歩道と、約70メートル離れた別の交差点の横断歩道で複数人をはねたという。男性も負傷した。乗用車は2カ所目の現場でごみ収集車と衝突し、ごみ収集車は横転した。

現場は東京メトロ有楽町線東池袋駅近くの交差点。

出典:朝日新聞デジタル


スポンサーリンク

 

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

事故現場について

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:NNN

そしてこちらを調べてみた結果、以下のような場所であることが判明しております。

現場となったのは都道435号線の交差点で、東京メトロ有楽町線の東池袋駅からすぐそばの交差点であり、首都高速5号池袋線が直上に走っている場所でもあります。

事故の瞬間の映像が公開される

TBS系列の夕方の情報番組「 Nスタ」によれば、この事故の瞬間の映像が公開されており、そこで事故を起こしたプリウスが信号無視をして交差点に突っ込む様子が映し出されております。

その様子がこちらです。

非常に分かりづらいのですが、まず、信号が青になった瞬間手前の交差点では歩行者が歩き始め、一台の白い車が左から右へと直進していきます。

その車が通過した直後に問題のプリウスがやって来るのです。

よく見ると画面上の交差点のでは黒い車が停車しているのが分かりますが、その横の車線を猛スピードで走る抜ける車があり、その瞬間モザイクがかかっているのですが、自転車に乗った30代の母親と3歳の娘さんに衝突し、最後に青いゴミ収集車とぶつかって次々に歩行者を巻き込んでいったと言います。

猛スピードで突っ込んでくる車にぶつかられてはひとたまりも無いでしょうし、その証拠に自転車は真っ二つとなってしまっております。

出典:NHK

スポンサーリンク

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

現場の状況を整理

この動画では非常に分かりにくいので、現場の状況を整理していきたいと思います。

現場となったのは×印で書かれた交差点で、それぞれ以下のような進行方向でありました。

プリウスの進行方向は、都道435号線を文京区側に行くもので、ゴミ収集車は直進か右左折のどれかだったと考えられますが、何れにしても交差点内中央部に侵入していることを考えれば、右折か直進のどちらかだったのでしょう。

スポンサーリンク

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

87歳のドライバーについて

では、この事故を起こしたプリウスに乗車していた犯人の87歳ドライバーは一体どのような人物だったのでしょうか?

こちらがその詳細です。

名前:不明

年齢:87歳

職業:無職

在住:東京都板橋区

残念ながら、この犯人のドライバーに関しては名前や顔画像などの情報は公開されておらず、特定するにも至っておりませんが、信号無視によって2人の命を奪っておりますので、過失運転致死罪や、危険運転致死傷罪(飲酒などの場合)などに問われる可能もあります。

そうなれば逮捕されることとなるため、そこではじめて名前や顔画像が公開されることでしょう。

この犯人のドライバーの運転に関して、現場に居合わせた人物は、以下のような証言をしております。

 青信号になり、隣にいた60代くらいの男性が先に2、3歩くらい歩き出したときだった。右からものすごいスピードで車が突っ込んできた。隣にいた男性は一瞬視界から消え、気づくとうつぶせで倒れていた。車の部品や男性のくつが飛んだのが見えた。「バーン」。直後、大きな音がした。少し先の交差点で、ごみ収集車が倒れていた。

出典:朝日新聞デジタル

交差点に侵入する際は、たとえ青信号であり直進するのだとしても、慎重になってスピードを若干緩めるのが原則ですが、この証言や防犯カメラの映像動画などを見る限り、犯人の87歳のドライバーが運転するプリウスはアクセルベタ踏みしていると捉えられても仕方のない速度で侵入していることから、故意に殺害を起こしにいった可能性も十分にあり得ると思います。

また、猛スピードで突っ込んで原因については「アクセルが戻らなくなった」と訳の分からない供述をしており、ブレーキを踏めば解決する問題であるだけに、さらに波紋が広がりそうです。

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

スポンサーリンク

高齢者の免許返納について

今や4人に1人が65歳以上という超高齢化社会の日本では、高齢者の増加に伴い交通事故の件数も増加傾向にあります。

高齢者が事故を起こす原因として多くあげられるのが自動車の操作ミスの他、眼球運動などの運動能力の低下が挙げられます。

さらに、死亡を事故を起こした高齢者の認知機能を検査してみたところ、ほぼ半数に認知症の可能性が生じていることが明らかとなっています。

2018年に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーで直近に認知機能検査を受検した人を調べたところ、49.2%にあたる204人が「認知症の恐れ」か「認知機能低下の恐れ」との判定を受けていたことが18日、警察庁の集計で分かった。

同年の受検者全体のうち認知症の恐れの人は5万4千人(2.5%)、認知機能低下の恐れは53万千人(24.5%)。事故を起こした高齢者の方が認知症や認知機能低下の恐れがある人の割合が高く、警察庁は認知機能の低下が事故に影響しているとみている。

出典:日本経済新聞

高齢者の増加を受けて平成29年3月に道交法が改正され、75歳以上の運転手は免許更新期間が3年ごとに義務付けられているほか、認知機能を更新時に検査するようになり、「認知症のおそれ」診断された場合は医師の診断を受けらなければ免許を更新できなくなるといいます。

しかしながら、そのような制度を義務付けても事故を起こした半数は「認知症のおそれ」を秘めているのです。

この数字通りならば今回事故を起こしてしまった87歳の犯人のドライバーも「認知症のおそれ」があった可能性が高いですし、”おそれ”ではなくて認知症そのものだったのではないかとも推測出来ます。

高齢者が事故を起こさない方法で一番の得策は運転免許を国に返納することだと言われております。

運転免許を返納することで移動手段がなくなって困るという声も一定数あり、地方に行けば行くほどそれが顕著に現れるのですが、現在は免許の返納を行うとタクシーやバスの利用料金が割り引かれるほか、ドラッグストアなどの買い物も割引になるなどのサービスや保障が充実しているのです。

それでも現在運転免許の返納率は平成29年度で4.7%と低い水準で停滞しており、これが我が国の今後の課題であると言えます。

では、どうすれば免許の返納率は上がるのでしょうか?

以前放送された高齢者が運転する自動車での死亡事故数増加していることをテーマにしたNHKのドキュメンタリー番組「クローズアップ現代+」では、家族から免許返納を促され免許の返納を考え始めた男性が取り上げられており、以下のようなコメントを残しております。

下川時男さん・82歳。妻と車で出かけるのが日課です。ひざを悪くして以来、長時間歩くことは難しいため、買い物や通院に車が欠かせません。しかし、恐れていたことが起きました。通い慣れた道で、車をこすったのです。心配した義理の娘から、免許の返納を勧められていました。

下川時男さん
「みんなが考えた方がいいんじゃないのって言うときは、考えるべきだろうな。」

出典:クローズアップ現代

クロ現に登場した下川さんは、自分自身はまだ大丈夫だと思っても、周囲の人から勧告されることで考えを改め、免許を返納したのだと言います。

このように高齢者の事故を防ぐには家族から免許の返納を促して自動車から離れる生活に慣れさせるというのが、今後必要になってくることでしょう。

何れにしても、亡くなった2人の親子には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

続報:犯人の名前と生い立ちが公開されました↓

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

飯塚幸三の顔画像を特定か?元通産省の技術院長で、クボタ副社長のキャリアも
出典:NNN 東京都豊島区池袋の交差点で、19日、信号無視をして交差点に突っ込んだプリウスが次々と人をはね、この事故で2人の親子が亡くなるという最悪の事故が発生しました。 この事故でプリウスを運転していたのは、飯塚幸...

 

池袋の事故原因や80代のプリウスの運転手を特定か?信号無視は認知症で、高齢者ドライバーの事故についても
出典:NNN 19日午後0時25分頃、東京都豊島区東池袋の都道交差点で、乗用車とゴミ収集車が衝突する事故が発生し、歩行者ら11人が負傷するという悲惨な事故が発生しました。 今回は、この事故の原因や事故を起こしたプリウ...