井の頭公園の池に女性の遺体発見で殺人事件の可能性が!犯人や自殺・事故の可能性についても

事件

出典:ANN

スポンサーリンク

 

18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

今回は、この事件が殺人や事故である可能性、自殺などのあらゆる可能性について迫ってみたいと思います。

井の頭公園の池に女性の遺体

共同通信ほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

18日午前6時45分ごろ、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園で、「池に人が浮いている」と近くの交番に通報があった。警察官が駆け付け、60~70代とみられる女性が池に浮いているのを確認。女性は意識不明状態で病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。警視庁三鷹署は事故と事件の両面で調べる。

三鷹署によると、女性は黒っぽいトレーナーとズボン姿で靴を履いていた。目立った外傷は確認されておらず、腐敗は進んでいないという。

出典:共同通信

スポンサーリンク

現場は?

では、この女性の遺体が発見された現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、井の頭恩賜公園の池であるということです。

出典:JNN

そして、こちらがその現場となった池です。

現場は、井の頭弁財天の近くの池であり、お花見の季節や紅葉の季節には散歩コースとして多くの人々が訪れる観光スポットでもあります。

スポンサーリンク

死体遺棄の可能性は?

では、この遺体が発見されたとう件は事件なのでしょうか?それとも事故なのでしょうか?

まずは、遺体の特徴を見てみましょう。

遺体に目立った外傷はなく、水を飲んでいたということで、腐敗は進んでいなかったと言います。

水死体の場合、死蝋化(しろうか)と呼ばれる現象を誘発します。

死蝋化とは、死体が何らかの理由で腐敗菌が繁殖しない条件下にあって、外気と長期間遮断された果てに腐敗を免れ、その内部の脂肪が変性して死体全体が蝋状もしくはチーズ状になったもののことを指すのです。

水の中の死体は腐敗するとまず顔から腐敗が始まり、次に死後3日ほどで角膜が濁り、死後2週間ほどで手足の皮膚が簡単に剥がれ落ちはじめ、やがて腐敗ガスにより全身が膨らみはじめるのです。

いくら重量のある重りを死体にくくりつけ、水中に沈めたとしても、この腐敗ガスによって、数日~数週間後に自身の浮力で浮上してくるそうで、体内に充満した腐敗ガスによって全身が生前の二倍以上まで風船のように膨張することから、一般的に「巨人様化」や「土左衛門」と呼ばれるのだそうです。

さらに、冬場の場合死後3週間ほどで頭の髪の毛が自然に抜け落ち、死後1ヶ月ほどで頭蓋骨が一部露出し、死蝋化は始まって身体が石鹸のような様態になります。

そのため、顔を識別することが難しいため、今回のように黒っぽいトレーナーとズボン姿で靴を履いた状態という”綺麗な”状態で発見されるということは、目立った外傷もないということで、まず殺人死体遺棄の可能性はないでしょう。

しかしながら、薬物を投与されそのまま池に放り込まれた場合には殺人の可能性も考えられると思います。


スポンサーリンク

自殺の可能性は?

では、自殺の可能性などは考えらるのでしょうか?

井の頭恩賜公園というのは比較的穏やかな場所であり、多くの観光客がお花見や紅葉、四季折々の自然と堪能しに訪れるのですが、そこで自殺を考えるというのは極めて可能性が低いと言えるでしょう。

井の頭公園の池の平均的な深さははおよそ1.5mとされており、成人であれば足がギリギリ届くくらいの深さでありますから、よっぽど金槌でない限り溺れるということは考えにくいでしょう。

そのため、この池をめがけて投身自殺をしても助かる可能性も高く、致死率も低いためにもしも本当に自殺をしたいのであれば、もっと確実は方法を取るはずですので、この可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク

事故の可能性は?

残されるのは事故の可能性です。

女性が発見されたのは、18日午前6時50分でありその当時は意識不明の重体であったということですので、比較的時間が浅い段階で女性は発見されているということになります。

目立った外傷もないということですので、誤って池の周りから足を滑らせて転倒をし、頭を打って意識を失ってそのまま池に落ちてしまったと考えるのが自然です。

大量の水を飲み込んだというのもその時に飲み込んでしまったのでしょう。

スポンサーリンク

Twitter上の反応

この事件に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

ちなみにライトノベルの作品「オカルティックナイン」というもので井の頭公園の池で256人の水死体が発見されるというエピソードがあり、そのことを連想しているユーザーさんや、1994年4月23日に発覚した井の頭公園バラバラ殺人事件のことを連想してい方も多い様です。

何れにしても、井の頭公園で発生した事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

杉並区高井戸の浜田山駅付近で通り魔の犯人の情報がこちら!現場判明で動機についても
出典:JNN 東京・杉並区の住宅で、女性2人が男に刃物で刺され、1人が意識不明の重体となる事件が発生しました。 今回は、この事件の犯人や現場などについて迫ってみたいと思います。