岩村樹憲(松山大学教授)の顔画像と経歴がこちら!MDMAの作成理由は自分で使用するためだった?

国内NEWS

出典:ANN

スポンサーリンク

 

愛媛県にある松山大学薬学部の岩村樹憲(いわむら たつのり)教授らが合成麻薬「MDMA」などを学生に作らせていたなどの疑いで、逮捕されました。

今回は、この岩村樹憲教授の顔画像や経歴、さらにはMDMAを作らせた理由について迫ってみたいと思います。

学生にMDMAを作らせた教授を逮捕

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。

捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。

書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、自身の研究室に所属している学生にMDMAを合成させるなどした疑い。指示を受けて合成に関わった当時の学生数人も書類送検した。合成したMDMAは見つかっていないが、大学の研究室から微量の、別の種類の麻薬が見つかった。

松山大の溝上達也学長は「学生や保護者に多大なご迷惑をかけたことを心よりおわびする。再発防止策の検討を進めるとともに、捜査状況を確認した上で当該職員を処分する」とのコメントを発表した。

出典:サンケイスポーツ

スポンサーリンク

岩村樹憲教授について

こちらが、逮捕された岩村樹憲教授のプロフィールです。

出典:松山大学

名前:岩村樹憲(いわむら たつのり)

年齢:61歳

所属:松山大学薬学部医療薬学科 医薬品化学研究室

職業:教授

学位:薬学博士

学歴:岐阜薬科大学薬学部 製造薬学卒業

職歴:1986/04~1991/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助手→1991/04~2004/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・講師→2004/04~2007/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助教授→2007/04~ 松山大学 薬学部 薬学部医療薬学科・教授

岩村樹憲教授は、松山大学 薬学部医療薬学科で教授を務めている人物で、日本薬学会や有機合成化学協会、日本薬学会医薬化学部会など数多くの学会にも所属していることでも知られております。

出典:松山大学

 

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、岩村教授の犯行の動機は一体どのようなものだったのでしょうか?

MDMAについては後述しますが、この薬物を作成していたということで、このことに関して岩村教授は「勉強のためにやらせていた」と容疑を認める供述をしているのだそうです。

松山大学で危険ドラッグなども研究してた岩村教授は、大学の授業の一環なのでしょうか?MDMAを学生に作らせていたということです。

薬学の知識というのは、人の命に関わりますし、生半可な気持ちで取り組んではいけないのですが、自分の知識をこのような犯罪に応用するのはもってのほかであると言えます。


スポンサーリンク

何を教えていた?

そんな岩村教授ですが、大学では一体どのようなことを教えていたというのでしょうか?

松山大学よれば、以下のような授業を担当していたと言います。

・生命と分子

・生化学I

・有機化学実習 (1)(2)

・病院実習 (1)(2)(3)

・薬学基礎演習II

・科学英語特論II

・がん医療薬学特論

・薬学特別研究

この授業内容を見れば、主に薬学や化学のことを中心にやっているほか、がん医療に対して薬学がどのように役立つのかということも研究し、それを授業しているということも伺えるでしょう。

スポンサーリンク

MDMAとは?

では、ここで取りざたされているMDMAとは一体どのようなものだったのでしょうか?「MDMAとは」の画像検索結果

出典:Togetter

MDMAとは合成麻薬の一種であり、化学的な名称で言えば「3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン」という名称となるほか、化学名を英語に置き換えると、3,4-MethyleneDioxyMethAmphetamineとなり、その頭文字をとってMDMAと呼ばれております。

MDMAは、通称、エクスタシーやEとか、X、あるいはEXCなどと呼ばれ、日本では、丸い錠剤が多いことから玉(たま)、もしくはXから転じてバツ、ペケとしても知られております。

作用としては、脳内の幸福物質とされているセロトニン等を過剰に放出させることによって、人間の精神に多幸感、他者との共感などの変化をもたらすことが出来るため、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対し、MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行しているという医療目的の側面も持ちああせております。

MDMAを口から摂取すると30分から1時間ほどで精神が幸福感で満たされ、4~6時間程度持続するとされるのですが、その後強い幻覚作用や制御できないという不安などの副作用を催すことがあります。

MDMAを服用すると、前述のセロトニンのほか、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質と共に脳内に電気的な火花を飛ばし、幸福感に加えて社交性や共感力が高くなり、眠らなくても平気となるため、MDMAは「パーティにぴったりなドラッグ」としての認知されているそうです。

人体ではこのような報告はまだされていないそうですが、猿やネズミなどに投与した臨床試験では、少量のMDMAを投与した段階でも脳細胞の末端部分を破壊して半永久的な脳機能障害を引き起こすことが判明しているため、衣装をすれば少なからず脳みそにダメージが及ぶとされております。

スポンサーリンク

自分でも使用していたのではないか?

確かに、MDMAの化学名称は「3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン」でありますので、有機化学をしっかり勉強していなければ合成することが可能なのですが、国から指定されている MDMAのような麻薬というのはいくら研究者であっても、各地方自治体に申請をしなければ取り扱うことが出来ません。

松山大学がある愛媛県も同様で、医師や薬剤師、歯科医師などの免許を持っていることが大前提で、麻薬を取り扱うことができるようになる「麻薬取扱者」というのを申請しなければならず、MDMAを製造するに至っては厚生労働省に認可を得なければなりません。

こうした医療人であれば常識的なことを岩村教授が知らなかったはずもありませんので、自分で使用をするために生徒に勉強のためという建前で持って作成させていたのではないかと考えられます。

また、今回の不祥事を受けて松山大学では学長がすでに謝罪の声明文を発表しております。

2019年4月16日、本学薬学部の教育職員が、麻薬及び向精神薬取締法違反(麻薬研究者の免許を申請せず、麻薬の製造及び所持をした違反)の容疑で書類送検されました。本学学生及び保護者の皆様はもとより、地域の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。
学生に対して、医療人としての高い倫理観を育み、法令遵守を指導する立場の教育職員が免許申請の手続きを怠ったまま教育研究活動を行っていたことは、極めて遺憾であり、痛切に責任を感じております。
本学といたしましては、今年1月、当該薬学部教育職員が所属する研究室に、厚生労働省四国厚生支局麻薬取締部の捜査が入ったことを受け、直ちに学校法人松山大学危機管理対策本部を立ち上げ、これまで捜査に協力しながら、独自に調査を進めて参りました。引き続き、内容の詳細な把握と薬学部学生の修学環境の維持に全力で努めるほか、再発防止策の検討を鋭意進めて参ります。
なお、現在、当該教育職員に対し、自宅待機を命じており、今後の捜査状況等を確認した上で、処分については、厳正に対処して参りたいと考えております。
教育職員一同、いま一度教育研究者としての基本に立ち返り、職務を誠心誠意遂行するとともに、法令遵守を徹底し、一日も早い大学に対する信頼の回復に万全を期して参ります。

出典:松山大学

何れにしても、松山大学の名誉ある教授による不祥事であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

あなたにおすすめの記事

 

岩村樹憲教授の顔画像判明!薬物乱用防止委員を歴任し、MDMAがバレた経緯についても
出典:松山大学 学生にMDMAを作らせていたとして、松山大薬学部の岩村樹憲(いわむら たつのり)教授が逮捕されました。 今回は、この岩村樹憲教授が薬物乱用防止教育を推進していたという事実について迫ってみたいと思います...

 

ダンシー・シャノン美沙のインスタとwiki経歴、所属事務所がこちら!MDMAの入手経路も判明か
出典:NNN モデルのダンシー・シャノン美沙容疑者が、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕されました。 今回は、ダンシー・シャノン美沙容疑者のInstagram(インスタ)や所持の動機などについて迫ってみたいと思...

コメント

テキストのコピーはできません。