秋山朝子の顔画像がこちら!犯行動機判明で熟年離婚の原因や夫婦の子供についても

国内NEWS

出典:ANN

スポンサーリンク

 

東京・三鷹市で60代の男性をハンマーで殴るなどして殺害したとして、元妻とみられる、秋山朝子(あきやま あさこ)容疑者が逮捕されました。

今回は、この秋山容疑者の顔画像や、犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

元夫をハンマーなどで殴り、熱湯をかける

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

14日正午ごろ、東京都三鷹市新川6丁目のアパートから「元夫が起きない」と119番通報があった。消防隊員らが駆けつけ、60代くらいの男性を病院に搬送したが死亡した。男性には頭などに外傷があり、通報した女が殺害を認め、警視庁は住民で無職の自称秋山朝子容疑者(55)を殺人容疑で逮捕し、発表した。

三鷹署によると逮捕容疑は14日午前、アパート自室で就寝中の男性の頭をハンマーで殴り、体に熱湯をかけて殺害したというもの。秋山容疑者は容疑を認め、男性について「元夫」と説明。秋山容疑者は元夫と同居していたという。同署は死亡した男性の身元確認を進めている。

ハンマーはこの部屋にあったものだった。秋山容疑者は「床で寝ていて、いくら注意しても自分の布団で寝ないので頭にきた」と供述しているという。「傷害事件の可能性がある」と消防から警視庁に連絡があった。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

秋山朝子容疑者について

こちらが、逮捕された秋山朝子容疑者のプロフィールです。

名前:秋山朝子(あきやま あさこ)※自称

年齢:55歳

職業:無職

在住:東京都三鷹市新川6丁目

秋山容疑者は、14日午前、自宅で、睡眠中の男性の頭部をハンマーで殴ったり、洗面器にためた熱湯を上半身にかけたりして殺害した疑いで逮捕された人物です。

ちなみに、秋山容疑者の顔画像がこちらです。

出典:NNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、秋山容疑者の犯行動機は一体どの様なものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して秋山容疑者は「間違いありません」と容疑を認める供述をしているということです。

また、具体的な動機については「床で寝ていた元夫を起こそうとしても起きず、頭にきてやってしまった」などと話しているということから、カッとなって衝動的に殺害してしまったということになるでしょう。

しかしながら、床で寝ていただけで殺害してしまうというのはやりすぎな気もしますので、普段からイライラや殺害に至るまでの恨みなどが蓄積しておりそれが、床で寝ていることが引き金となって殺害してしまったとみて間違いないでしょう。

床で寝ていただけで殺害されてしまった夫が不憫でなりません。

スポンサーリンク

熟年離婚をしている?

秋山容疑者と亡くなった男性は、以前い夫婦関係にあったのだそうですが、現在はそれが解消されているということを考えると、熟年離婚をしていたたのでは無いかと考えられます。

そして、熟年離婚に至るまでには、以下の様な原因があると言われております。

(1)そもそも相手が家にいることがストレス
(2)価値観の違い
(3)性格の不一致
(4)モラルハラスメント・DVなど、相手方による精神的・肉体的虐待
(5)相手方の異性問題(浮気・不倫)
(6)他に好きな人ができた
(7)舅・姑と合わない、介護がつらい
(8)相手の親の介護
(9)会話がない
(10)浪費・借金
(11)家事を全くしてくれないなど家庭を顧みない
(12)相手の介護をしたくない
(13)年金分割制度の整備によって離婚後年金がもらえるようになったこと
(14)子どもが自立し始めたこと

出典:LEGAL MALL

これらのいずれかに当てはまっていた可能性も考えられますし、それ以外の原因があったのかもしれませんが、やはり熟年になって夫と関係を解消したいと考えるのにはふさわしい原因ばかりであると思われます。

恋は盲目と言われており、結婚するまで相手の嫌な部分とかが見えなかったりしますし、新婚の間もそれが続いていますので、意外と時は過ぎ去っていくのですが、熟年になって相手の嫌な部分が顕著に現われてしまった場合に、離婚という選択肢が出てくるのだと思われます。

スポンサーリンク

子供はいなかったの?

では、2人の間に子供はいなかったのでしょうか?

秋山朝子容疑者は55歳ということで、成人したお子さんがいてもおかしくは無いのですが、殺害現場のアパートの形状などを考えると、同居しているということではなさそうです。

しかしながら、同居の事実がなかったとしても子供がいた場合、ニュースで自分の母親が父親をを殺害したということを目にしますので、それはあまりにも可愛そうであると言えるでしょう。

子供には何の罪もありませんが、未然に防がなかったのかと思ってしまいます。

スポンサーリンク

殺害方法が酷い

今回、秋山朝子容疑者は男性の頭を金属製のハンマーで殴ったうえ、体に熱湯をかけて殺害したということですが、ハンマーで殴るだけではダメだったのでしょうか?

もちろん、殺害すること自体決して許される行為では無いのですが、それでもハンマーで殴るだけ人は殺害出来ますので、その行為だけやっていればよかったのですが、なぜかハンマーで殴った後に熱湯をかけるという鬼畜の所業をしております。

これはやはり、よっぽど恨みがあり、殴るだけでは飽き足らずに熱湯をかけたということでしょう。

非人道的でありますし、酷すぎる殺害方法であると言えます。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

斎藤市朗の顔画像を特定か?秦野市でとび職の同僚を殺害した動機が酷すぎる
出典:ANN 神奈川県秦野市のアパートで同僚とみられる男性の腹を刃物で刺したとして、56歳の斎藤市朗(さいとう いちろう)容疑者が逮捕されました。 今回は、斎藤市朗容疑者の顔画像や犯行動機、現場などについて迫ってみた...
error:You never click here!!