芝中央小学校クルド人いじめ問題で、加害者の罪を学校側が隠蔽する理由が酷い!

この記事は4分で読めます

出典:永井塗装

スポンサーリンク

埼玉県川口市にある、芝中央小学校でクルド人に対して同級生がいじめを行なっていた問題を、同校の校長である鈴木彰典校長や、岡和香子教頭、日本語教師などが隠蔽をしていたことが明らかとなりました。

今回は、この芝中央小学校のクルド人いじめ問題の加害者や、いじめの原因などについて迫ってみたいと思います。

クルド人のいじめ問題を学校ぐるみで隠蔽か

「忖度しない」情報ニーズに応えるオピニオンメディアとして知られているハーバービジネスオンラインにて、ライターの織田朝日さんが執筆した記事に注目が集まっております。

 3月22日、埼玉県川口市にある芝中央小学校でも卒業式が行われた。足取りは重く、それでも一歩、一歩、学校へ向かう少女の心境はいったい、いかほどであったであろうか。

少女はトルコ国籍クルド人である。両親とともに2歳で来日した彼女に、トルコの記憶は何もない。難民申請中である家族は入管の厳しい管理下に置かれ、あらゆる自由を制限されながら生活している。日本人の子供たちと見た目が違うため、学校では辛いことも多々あった。

それでも少女はしっかり勉強し、この国で生き、弁護士の夢を叶えようと日々努力していた。この家族と筆者は10年以上の付き合いがあり、少女の成長をずっと見てきた。少女の苦労を知っているがゆえに、今回のイジメ事件は心がえぐられる思いであった。

(ー中略ー)

出典:HARBOR BUSINESS ONLINE

詳しい内容をご覧になりたい方は、ぜひ記事本文をご覧下さい。

川口市の小学校、学校ぐるみで“クルド人少女のイジメ事件”隠し

スポンサーリンク

概要は?

この本文自体4000文字前後あるので、全部読むのには少々時間がかかってしまいますので、こちらにこの壮絶ないじめの内容をまとめさせて頂きました。

・いじめ被害が発生したのは、川口市立芝中央小学校

・標的となったのは、クルド人少女

・クルド人少女が女子生徒数人にトイレに閉じ込められる

・ドアを蹴飛ばしたり上からのぞくなどの行為をされ、クルド人少女を罵倒する

・学校側(クルド人少女の担任)は口を閉ざすばかり

・男女混合のサッカーの試合中、クルド人少女が男子生徒に突き飛ばされ転倒した際に足を怪我

・怪我をしているにも関わらず、別の男子生徒に無理やりサッカー続行させられる

・その後無理やりサッカーを続けさせた少年は、教室に戻るとクルド人少女に対して椅子を引いて転倒させ、背中を蹴るなどの暴行を加える

・クルド人少女は病院で治療を受けるはめに

・不審に思った家族が学校側にクレームを申し立てるも、岡和香子教頭が「(少女は)心が弱いから……」と少女に非がある様な発言

・岡和香子教頭は、筆者の取材に対して言った言わないなどの水掛け論や、主張をコロコロ変更する

・こうしたイジメや隠蔽する学校の体質によってクルド人少女は不登校に

・それでもなんとか卒業式だけは参加したいと主張したクルド人教師に対して、担当した日本語教師も「私がついているから大丈夫」と発言

・しかしながら迎えた卒業式では、1人の男子生徒がクルド人少女の容姿と服装を大声で罵倒するイジメが発生

・日本語教師や鈴木彰典校長も、男児の味方となる

・後日、卒業式の件は「少女の勘違い」という報告が鈴木彰典校長からあり、クルド人少女は校長たちの圧力に屈する

スポンサーリンク

いじめの加害者について

では、この件でいじめを働いた加害者は一体どの様な生徒なのでしょうか?

・トイレに閉じ込めた件:複数人の女子生徒

・サッカー男女混合の試合の件:男児A君(転ばせて足を怪我をさせた)と男児B君(無理やり試合を続行させ、試合後に背中を蹴るなどの暴行)

・卒業式の件:男児(容姿や服装を大声でバカにする)

もちろん、小学生でありますので加害者の名前や顔画像などは公開されておりませんが、クルド人少女が最後に参加した卒業式では、日本人の保護者たちもネットに出ているクルド人支援者の顔写真を、まるで卒業式をぶち壊す指名手配者のようにスマホで確認している様子も報告されております。

子供が子供なら、保護者も保護者ということなのでしょうか?

あまりにも卑劣ないじめと人種差別でありますので、容認は出来ません。

スポンサーリンク

校長と教頭について

今回、この芝中央小学校においてクルド人いじめを隠蔽したり、主張を二転三転させたのは、鈴木彰典校長と岡和香子教頭だということです。

【鈴木彰典校長について】

こちらが、鈴木彰典校長のプロフィールです。

出典:芝中央小学校

名前:鈴木彰典(すずき あきのり)

年齢:不明

所属:川口市立芝中央小学校

肩書き:校長

鈴木彰典校長は、平成30年度の人事異動において、川口市立鳩ヶ谷中学校より再任用という形で川口市立芝中央小学校に赴任してきた校長であります。

【岡和香子教頭について】

こちらが、岡和香子教頭のプロフィールです。

名前:岡和香子(おか わかこ)

年齢:不明

所属:川口市立芝中央小学校

肩書き:教頭

岡和歌子教頭は、平成29年の4月に川口市立中居小学校から川口市立芝中央小学校に赴任してきた人物で、平成26年に在籍していた川口市立飯仲小学校では教諭として、中居小学校では主幹教諭を歴任していたことでも知られております。

平成31年度(令和元年度)に川口市立芝中央小学校より人事異動がされ、現在は川口市立領家小学校の教諭であるということです。

残念ながら、顔画像などは公開されておらず、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

隠蔽する理由は?

では、なぜ隠蔽しなければならなかったのでしょうか?

いじめというのは、どの世代にも必ず存在しており、それが日本人同士であったとしても学校側や教育者は黙認していたりする場合がありますので、クルド人という外国の方が絡んだ問題だと尚更なのではないでしょうか?

日本という国は、事なかれ主義でありますから基本的には、いじめもそれを解消としようとする努力の時間なども極力関わりたくなく、できればなかった事にして面倒を起こさない様に穏便に生活したいと考えるのが普通です。

そのため、今回のいじめの件についても岡教頭は証言をコロコロ変えるなど二転三転する主張を繰り返しておりますし、校長についても中立であるとしながらも加害者側に立って擁護しようとしないのです。

スポンサーリンク

クルド人とは?

では、いじめられていたクルド人とはそもそもどの様な人々なのでしょうか?

クルド人とは、トルコや中東など世界各国にいると言われ、独自の国家を持たない世界最大の民族集団だとされている民族で、世界に約4500万人いるとされているのですが、独立国家を持たないせいか各国では少数民族として迫害を受けてきた苦難の歴史があることでも知られております。

日本においては、およそ2000人前後の在日クルド人が生活しているとされており、特に埼玉県蕨市や川口市を中心とした埼玉県南部に多く在住しております。

この影響は、1990年代にトルコ政府の迫害を恐れたクルド人たちが友人を頼って来日したためだと言われており、1300人あまりが現在でも暮らしております。

在日クルド人のほとんどは、トルコ国籍が占めておりますが、イスラム教を進行するトルコ人とは違い世俗的な文化を好む傾向にあるため、イスラム教を信仰しているクルド人は多くないのだと言います。

我が国においては、クルド人は難民認定されておりませんので、在留資格のないクルド人(不法滞在)が多くいるのだそうですが、こうした人物でも日本の公立校の教育を受けることが出来るのだと言います。

それは、文科省のHPにも明記されてあります。

「外国人の子供が日本で幸福な生活を実現するためには、日本語や知識・技能の習得が不可欠な条件である。日本人の子供も外国人と共に学ぶことで、国際社会を生きる人間として望ましい態度や能力が育まれる」

出典:Yahoo!ニュース

義務教育は受けられるものの、在留資格のないといった複雑な環境下にいるのがクルド人であると言えるでしょう。

我が国において難民認定されているのはおよそ0.2%であるということで、世界的に見ても極めて高いハードルを設けていることで知られております。

政府は働き手不足解消の打開策として、外国人労働者を積極的に受け入れる方針を固めたにも関わらず、政治問題が絡む難民受け入れには消極的であるため、この様に在留資格のない民族が多く取り残されており、それによって子供たちの教育の場でいじめなどが蔓延ってしまうです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

松戸市のいじめ小学校は常盤平第一小学校で、担任と教頭の名前が判明!音声流出で人種差別をしていた

 
error: You never click here!!