中村俊輔の結婚した嫁は今井まなみで子供の画像がこちら!伝説のフリーキックについても

この記事は6分で読めます

出典:NO FOOTY NO LIFE

スポンサーリンク

中村俊輔選手は長年、サッカー日本代表の中心選手として活躍、その左足から繰り出されるキックの精度は世界的に高い評価を得ており、日本、そして世界を代表するレフティとして現在も活躍を続けています。

特に、欧州No.1のクラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグの舞台でイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドを相手に決めた2戦連続のフリーキック弾は、世界中に大きなインパクトを与えました。

また、日本ではJリーグの横浜F・マリノスのイメージが強い中村選手ですが、2017年にジュビロ磐田に移籍し、大きな話題となりました。

今回はそんな中村選手のこれまでの活躍や私生活の部分をまとめてみましたのでご覧ください。

中村俊輔のプロフィール

出典:zakzak

名前:中村 俊輔(なかむら しゅんすけ)

生年月日:1978年6月24日(40歳)

出身地:神奈川県横浜市

出身校:桐光学園高校

血液型:O型

利き足:左足

身長/体重:178cm/71kg

所属クラブ:横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)〜レッジーナ〜セルティック〜エスパニョール〜横浜F・マリノス〜ジュビロ磐田

中村選手がサッカーを始めたのは3歳の頃でした。4人兄弟の末っ子だった中村選手は兄の影響でボールを触るようになり、次第にサッカーに夢中になっていきます。小学生になると地元のサッカークラブ横浜深園サッカークラブに入団、寝ても覚めてもサッカー少年だったそうで、クラブの練習が終わっても一人、夜遅い時間までボールを蹴っていたということです。

練習に明け暮れた中村選手の実力はみるみる上達、その実力は周囲の人にまで知れ渡るようになっており、地元では知らない人がいないほどの有名サッカー少年になっていたといいます。

中学生になるとその実力が認められ、横浜マリノス(当時は前身の日産)のジュニアユースチームに入団します。

高い競争倍率から選ばれた選手だけが集まるこのチームでも中村選手の実力は抜きん出ていました。

チームを2度の全国制覇に導くなど、チームの中心選手として活躍していましたが、自分が他の選手より上手いことで天狗になってしまい、監督からメンバーを外されることもあったといいます。

のちに中村選手は当時を振り返り、自分自身を見つめ直す良いきっかけとなったと感謝の言葉を口にしています。

中学卒業後はユースチームへの昇格が期待されていた中村選手でしたが、それは叶いませんでした。当時の中村選手は技術力こそ世代トップクラスのものを持っていましたが、体が小さく、フィジカル的な面で周りに負けてしまうことがあり、これがユース昇格を見送られた一番の原因だといわれています。

そのため、中村選手は高校3年間を桐光学園サッカー部でプレーします。2年生のときから2年連続で全国高等学校サッカー選手権大会に出場、3年生のときにはチームを全国準優勝に導きました。

スポンサーリンク

マリノス入団 最年少でMVP受賞

出典:https://i.ytimg.com/

高校卒業後は横浜マリノスに入団し、プロのキャリアを歩み始めます。1997年の入団直後から活躍し、この年のJリーグ優秀新人賞を受賞します。1999年、3年目のシーズンからは背番号を入団時の「25」からエースナンバー「10」に変更、その期待に見合う活躍を見せ、シーズン終了時には自身初のJリーグベストイレブンに選ばれます。そして迎えた翌2000年のシーズン、中村選手はチームをリーグの前半戦優勝に導くなど、マリノスの中心選手として活躍。シーズン後にはJリーグ最優秀選手賞(MVP)と日本年間最優秀選手賞を史上最年少で受賞し、日本トップクラスの選手に成長していきました。

日韓W杯メンバーから落選!海外挑戦へ

出典:http://static.goal.com/

Jリーグでの活躍を続ける一方、中村選手は日本代表でもチームの中心選手としてプレーします。各年代ごとの日本代表に選出されてきた中村選手がトップチームとなるA代表で初出場を果たしたのが2000年2月でした。その後は継続的に代表に召集され、日本代表でもその地位を確かなものにしたと思われていました。そんな中迎えたのが2002年、自国開催となった日韓W杯でした。大会前には日本代表オフィシャルユニフォームの巨大広告に起用されるなど、メンバー入りが濃厚とされていた中村選手でしたが、まさかの落選、日本中に衝撃が走りました。

落選の理由としては、ケガしていた足首の状態が思わしくなかったこと、そして当時監督を務めていたトルシエ氏のスタイルに合っていないこと、この2点が大きく挙げられていました。

出典:朝日新聞デジタル

W杯が終わり、足首のケガも完治した2002年7月、中村選手はイタリアのレッジーナに移籍することを発表しました。移籍直後からレギュラーとして試合に出場すると、リーグ戦で7ゴールを記録、チームの一部残留に大きく貢献しました。

2003〜04年シーズンは故障を繰り返したことで出場機会が減少しましたが、翌シーズンは再びチームの主力として活躍、クラブを創設以来最高となる10位に押し上げることに貢献しました。この活躍を高く評価したのがこの後移籍することになるセルティックFCで監督を務めていたストラカン氏でした。中村選手の活躍の舞台はスコットランドへと移ります。

スポンサーリンク

アジア人選手初!欧州リーグMVP獲得!!

出典:サッカーキング

イタリアで3年間プレーした中村選手が次に選んだクラブが、スコットランド屈指の名門セルティックFCでした。新天地での活躍は目覚しいもので、移籍後最初のシーズンでリーグ戦とカップ戦を優勝、チームの2冠に貢献します。

翌シーズンには、冒頭で紹介したUEFAチャンピオンズリーグでのゴールを記録、これは同大会で日本人が挙げた最初のゴールでした。また、この大会でセルティックは決勝トーナメントに進出、これはクラブ史上初であり、日本人選手としても初の快挙でした。国内のリーグ戦も前年に続き優勝、2連覇を果たすと、大車輪の活躍を見せた中村選手はMVPとなるスコットランドPFA年間最優秀選手賞を受賞、アジア人の欧州リーグでのMVPはこれが初となりました。ほかにも、ベストイレブンや年間ベストゴール、さらには記者協会投票の年間最優秀選手賞にも選出されるなど、中村選手がもっとも飛躍したシーズンとなりました。

スポンサーリンク

日本復帰を断りスペイン挑戦も苦戦…

出典:http://number.ismcdn.jp/

セルティックで活躍を続けた中村選手は、2009年6月にスペインのRCDエスパニョールに移籍をします。このとき、古巣横浜F・マリノスからもオファーがあったと報じられましたが、欧州挑戦を続けることを選択します。

セルティックのときと同様、スペインでも活躍することが期待されましたが、なかなか結果を残すことはできず、結局中村選手のスペイン挑戦は1年を待たずして終了、翌2010年2月に古巣横浜F・マリノスに復帰することが決まりました。

 

マリノスの”顔”が8年ぶりに古巣復帰!!

出典:http://image.pia.jp/

2002年以来となるJリーグ復帰を果たした中村選手が選んだクラブはもちろん古巣のマリノスでした。かつての象徴的選手が帰ってくるとあって、2010年の入団時には大きな話題となりました。

復帰後はすぐにチームの主力として躍動、リーグ戦34試合のうち、32試合に出場すると、翌シーズンからはキャプテンとしてチームを牽引します。2013年には、以前のマリノス在籍時には達成できなかったリーグ戦での2桁得点を初めて記録、シーズン終了時には史上初となる2度目のJリーグMVPを受賞、これは同時に、当時の最年長での受賞記録でもありました。

その後中村選手は2016年シーズンまでキャプテンとしてプレー、6シーズン連続の就任はクラブ最長となりました。また、代名詞でもあるフリーキックの得点記録でもJリーグ歴代1位にランクイン、その左足はいまだに健在のようです。

スポンサーリンク

衝撃の”鬱になる”発言の末 ジュビロ移籍

出典:https://wordleaf.c.yimg.jp/

プロ入り後も、そして海外から復帰した後もマリノス一筋でプレーしてきた中村選手。キャプテンを務めMVPも獲得するなど、まさにクラブの顔として貢献してきたレジェンドに関する驚くべきニュースが飛び込んできたのは2016年のシーズン終了後で、内容は”中村俊輔、マリノス退団”というものでした。

この時期、強化体制を見直していたマリノスのフロントは、長年クラブに貢献してきた古株のベテラン選手との契約を次々に終了、中村選手はこれに不信感を示したと伝えられました。首脳陣との対話の席を求めた中村選手でしたが、これが叶うことはなく、ついには自身もクラブを離れることを考え始めます。最終的に中村選手はマリノスとの契約を更新せず、オファーを受けていたジュビロ磐田への移籍を決断します。

この一連の報道を巡っては、サポーターの間でもさまざまな意見が出ており、クラブを支えたベテラン選手に対する冷遇が伝えられたときには、フロントに対する批判の声が多く見受けられました。また、中村選手がこの騒動の中、移籍を決めるまでに「鬱になる」と発言したことも大きな話題となりました。

俊輔が鬱になるって言ったのはマジなのか?だとしたらいよいよヤバいぞ

— 七瀬ツンツンおじさん (@noginana1994525) 2017年1月7日

出典:Twitter

出典:https://s.eximg.jp/

移籍先にジュビロ磐田を選んだのは、日本代表でともにプレーしたことがあり、中村選手同様”天才レフティー”と言われた名波浩監督の存在が大きかったようです。

選手時代からの盟友である名波監督からのラブコールは中村選手にとっては非常に魅力的で、当時マリノスで受けていた扱いとは正反対のジュビロからの誘いに心揺さぶられ、移籍を決断したとみられます。

「基本は元いるチーム(マリノス)で(やる)っていうのがあった。だけど、単純なものがそうでなくなった時、今まで普通だったものが普通じゃなくなった時に、普通のサッカーがしたいと。その矢先に名波さんがすぐ駆けつけてくれたのは大きかった。『(トップ下を)空けてる』『人間性を重視する』『年齢は関係ない』という3つを言われただけで十分だった」と俊輔はしみじみと胸の内を吐露していた。

出典:Goal.com日本

一方の名波監督も、中村選手の実力を身近で感じてきたことからその活躍には期待しているようで、お互いの信頼関係がうかがえます。

磐田の名波監督は中村のコンディションが万全ならトップ下を任せピッチ上の全権を託す方針。

出典:Yahoo!ニュース

また、ジュビロ移籍時の中村選手の年俸として伝えられたのは8000万円で、マリノス時代を下回るものでしたが、これについては”移籍の理由はお金ではない”からと語っています。

「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と、日本代表でともにプレーした名波監督が率いる磐田を選んだ。

出典:@S

お金云々よりも、まずは大好きなサッカーを一生懸命にやりたいという中村選手のサッカーへの向き合い方は、寝ても覚めてもサッカーだった少年時代から全く変わっていないようです。

スポンサーリンク

元女優と結婚!現在は4児のパパ!!

出典:Twitter

ここまで中村選手のサッカー選手としての経歴を振り返ってきましたが、最後に私生活の部分も少し紹介したいと思います。

中村選手は2004年2月に結婚しており、当時はイタリアのレッジーナに所属していた頃でした。お相手は今井まなみさんという方で、過去には女優やタレントとして芸能活動をしていた時期もあったようです。出会いのきっかけは中村選手のマリノス時代の同僚、奥大介さんの妻で女優の佐伯日菜子さんの紹介だったといいます。今井さんは中村選手と出会った頃は芸能活動をしておらず、ペットショップで働いていたようです。

出典:Twitter

現在は4人のお子さんもおり、大家族のパパでもある中村選手。4児のパパとしてイクメンぶりを発揮する一方、お子さんからはたくさんのパワーをもらっているようで、休みの日があれば一緒に遊ぶのが日課になっているようです。

40歳を過ぎてもなお現役で活躍し続けられるのは、妻・まなみさんのサポートやお子さんの存在が大きいのかもしれませんね。

出典:Instagram

スポンサーリンク

まとめると…

ここまで中村俊輔選手についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

横浜F・マリノスや日本代表で活躍したほか海外でもプレー、特にセルティック時代の活躍は日本だけでなく、世界中で注目を浴びました。

古巣マリノスに復帰した後も活躍を続け、現在は盟友・名波浩が監督を務めるジュビロ磐田で活躍しています。

妻のまなみさんや4人のお子さんにも支えられ、ジュビロでのさらなる活躍が期待される中村選手から今後も目が離せません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

本田圭佑の嫁(奥さん)と子供の画像!結婚した馴れ初めが奇跡的すぎる

 
error: You never click here!!