新紙幣はいつから発行予定?流通日の具体的な日付や、デザイン変更の理由についても

国内NEWS

出典:JNN

スポンサーリンク

 

麻生太郎財務相は9日の閣議後の記者会見で、1万円札、5千円札、千円札のデザインを一新すると発表しました。

今回は、この新紙幣はいつ頃発行されるのかや、デザイン変更の理由、新紙幣に掲載される人物について迫ってみたいと思います。

紙幣のデザインが変更に

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

麻生太郎財務相は9日、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を20年ぶりに刷新すると発表した。新札の肖像画には、一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる医学博士の北里柴三郎を用いる。肖像画の変更は平成16年以来で、発行は令和6(2024)年度上期となる。

最新の偽造防止技術を反映させるのが主な目的。選んだ人物について、明治以降の文化人から選定するという前回の考え方を踏襲。偽造防止の観点から鮮明な写真が残っていることや、紙幣にふさわしい品格があること、国民に広く認められていることなどから決めたという。

3人について、麻生氏は「新たな産業の育成、女性活躍、科学技術の発展など現代にも通じる諸課題に尽力し、新元号のもとでの新しい日本銀行券にふさわしい人物だ」と述べた。

裏面には一万円札が東京駅、五千円札は花のフジ、千円札は葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」の図柄が採用される。

新たな偽造防止策として、現行の「すき入れ」をより高精細なものにするほか、一万円札と五千円札に導入されているホログラムを大きくし、千円札にもホログラムを新たに入れる。記番号も9桁から10桁とし、大量発行に備える。新紙幣発行後も、現在流通している紙幣は引続き使用可能という。二千円札は流通枚数が少ないことなどから、変更は行わないという。また、五百円硬貨も素材などを変更する。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

デザインは?

では、新紙幣のデザインは一体どの様なものになるのでしょうか?

こちらが、その新紙幣のデザインとされる画像です。

出典:ハザードラボ

このデザインの変更によって、新紙幣は以下の様に生まれ変わります。

千円札:野口英世→北里柴三郎

五千円札:樋口一葉→津田梅子

一万円札:福沢諭吉→渋沢栄一

日本国において紙幣のデザインを刷新するのは偽造防止のためになのだそうで、20年周期でデザインを刷新しております。

貨幣というのは古より存在しておりましたが、偉人の肖像画が使われる様になったのは、明治6年に発行された国立銀行紙幣券というものであります。

ちなみに、日本で初めて全国通用の政府紙幣「太政官札」が発行されたのは、1868年の慶応4年であるということです。

500円や100円も紙幣であった時代もありましたが、硬貨として扱われる様になったため、過去を遡ると以下の様になります。

一万円:聖徳太子→福沢諭吉→渋沢栄一

五千円:聖徳太子→新渡戸稲造→樋口一葉→津田梅子

千円:聖徳太子→伊藤博文→夏目漱石→野口英世→北里柴三郎

1万円の福沢諭吉の在任期間が長いことが分かりますし、1万円というのは最高価値のある貨幣ですから早々変えられないという財務省の意思表示の様なものも見受けられます。

スポンサーリンク

いつから変わるの?

1964年、1984年、2004年と20年周期で新紙幣のデザイン刷新は行われてきておりますので、次回は2024年の上半期を予定しているということです。

旧紙幣から新紙幣へとデザイン変更を経験したことがある方ならわかるかと思いますが、2024年頃から数年は旧紙幣が支払いに使えるのか疑問点が残ったり、自動販売機では新紙幣しか使えなかったりと、それなりの混乱が予想されます。

また、新しいデザインに慣れておらず偽装紙幣を使用した犯罪なども考えられますので、デザイン変更の際に現金を扱う商売の方は、しっかりと対策を取らなければならないでしょう。


スポンサーリンク

新紙幣の人物について

では、新紙幣に登場する3人とは一体どの様な人物なのでしょうか。

渋沢栄一「日本の資本主義の父」

渋沢栄一さんは、江戸時代末期に現在の埼玉県に相当する武蔵国という地域の富裕な農家に生まれ、江戸幕府15代将軍である徳川慶喜(この当時は一橋慶喜)に師事しており、パリ万博に幕臣として派遣された経験を持っているそうです。

幕臣とは、幕府の長である征夷大将軍を直接の主君として仕える武士のことを指します。

その後時は過ぎ明治維新へと突入し、大政奉還され江戸幕府が崩壊したのですが、その辺りで渋沢さんは民部省に勤務しており貨幣や銀行の制度の調査立案を発表するなどの活躍をしたのち、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)や王子製紙、東京海上保険(現東京海上日動火災保険)といった大手企業およそ500社の設立に携わったため、「日本の資本主義の父」と呼ばれております。

資本主義のみならず、社会活動として慈善事業や国際交流にも積極的に取り組んでいたため、1926年と1927年のノーベル平和賞の候補にも選出されております。

スポンサーリンク

津田梅子「日本の女子教育の先駆者」

津田梅子さんは、1864年にのちに津田仙の次女として誕生しております。

満6歳となった1871年に岩倉具視使節団に同行してアメリカに渡ったのですが、これまで女性で留学した経験を持った人物がいないことから、日本で初の女子留学生となりました。

11年後の1882年に帰国をすると、華族女学校の教授を務めるなどし、1900年に自身が開いた私塾「女子英学塾」(現在の津田塾大学)を創立し、開校式において英語力と共に高い教養を身につけた女性「All Round Women」を目指すべきだと力説をしておりました。

まさに、女性の教育と地位向上に積極的に務めた教育者として知られ、日本の女子専門教育の先駆者として知られております。

スポンサーリンク

北里柴三郎「日本の細菌学の父」

北里柴三郎さんは、1853年に熊本県に誕生しまた。

熊本大学医学部(旧・熊本医学校)、東京大学医学部(旧・東京医学校)という超難関の学校を卒業したのち、1886年から6年間もの間、医学の本場ドイツへと留学を果たします。

留学中の1889年に破傷風菌の純粋培養に成功するなどの功績を収めており、そこで破傷風菌の毒素を弱める「抗毒素(抗体)」を血液中から発見することに成功しております。

また、人の血液から採取した「抗毒素(抗体)」と注射することで感染症の病状を和らげる「血清療法」を開拓したことでも知られ、これが故に「日本の細菌学の父」と称される様になりました。

東京大学医科学研究所(旧・伝染病研究所)を設立したのですが、その際には福沢諭吉さんからの支援を受けたり、野口英世さんが務めているなど、紙幣と関わり深い人物としても有名です。

慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長などを歴任してきたほか、1962年の北里柴三郎さんが設立した北里研究所が創立50周年を迎えたということで、記念事業で北里大学という教育機関も設立されるほどであります。

あなたにおすすめの記事

 

1000万円を盗んだ中3の14歳少女(犯人)の顔画像を特定か!ネットに実名報道の規制はない!友人宅から窃盗した動機や手口なども
...

コメント