小沼直征の顔画像を特定か?足利市の巡査長が酒気帯び運転を隠蔽した理由は?

国内NEWS

出典:TBSニュース

スポンサーリンク

栃木県警は7日、栃木県警の29歳の警察官が衝突事故を起こしたにもかかわらずすぐに報告しなかった疑いで逮捕しました。

さらにこの警察官は飲酒した上で車を運転していたことも明らかになっています。

なぜ”警察官”でありながら法律で禁じられている行為に走ってしまったのでしょうか。その心理背景を追求しました。

警官が事故不申告

事件についてはJNNをはじめ各メディアが以下のように報道しています。

栃木県警の29歳の警察官が、酒気帯び状態で車を運転した上、衝突事故を起こしたにもかかわらずすぐに報告しなかった疑いで逮捕されました。

道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、栃木県警の巡査長・小沼直征容疑者(29)で、7日午前2時半ごろ、酒気帯び状態で自家用車を運転した上、足利市五十部町の交差点で信号機の柱に衝突し、事故を起こしたことをすぐに報告しなかった疑いが持たれています。

警察によりますと、この事故によるけが人はいませんでしたが、小沼容疑者は、事故を起こしてからおよそ1時間後、現場で、車の中の運転席に座っているところを自らが所属する足利警察署の署員に発見され、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

出典:TBS NEWS

スポンサーリンク

犯人は…

この事件で逮捕されたのは小沼直征容疑者でした。

現在、明らかになっている小沼容疑者のプロフィールは以下の通りです。

名前:小沼直征(おぬま なおゆき)

年齢:29歳

職業:警察官(栃木県警足利署地域課)

住所:不詳(警察官舎)

警察官である小沼容疑者。法律違反を取り締まる職業だからこそ、このような事件は許されるわけありません。

スポンサーリンク

隠ぺいできた?

現場は…

小沼直征容疑者は飲酒した上で事故を起こし、さらにその事故を隠ぺいしようと工作を図ったようですがそもそも事故を起こしてそれが隠し通せるような場所だったのでしょうか。

現場を確認してみましょう。

報道では小沼容疑者が事故を起こした現場は”栃木県足利市五十部町の県道”ということでした。

出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3642212.htm?from_newsr

地図で確認してみるととても大きな県道だということがわかりました。

この交差点で事故を起こした小沼容疑者。これだけ大きい道路だと目撃者も多いでしょうし、警察官がいない事故現場に違和感を覚える人もいた可能性があると思えます。

それでも隠ぺい工作を図った理由にはあくまでも自分が警察官であることを隠そうとあがいていたのかもしれません。

スポンサーリンク

なぜ警察官が?

巡査長という階級

全国で相次ぐ警察官の不祥事。警察官である身で犯罪をおこせばたとえ軽い犯罪だとしても大体的に報道されてしまうことはわかっているはずです。

小沼容疑者も事故を隠そうとしたことからそのことは重々承知していたと思われます。では警察官である小沼容疑者がなぜ飲酒運転をしてさらに事故を隠そうとしたのでしょうか。

注目したのは小沼容疑者の階級です。小沼容疑者は栃木県警の中で”巡査長”という階級を与えられていました。

地方の警察本部での採用になる通称”ノンキャリア”で警察官になった場合、採用時は巡査という階級からキャリアをスタートさせます。

その後、法学の知識や面接の昇進試験やそして所属部署での実績から”巡査部長”という階級に昇進します。

小沼容疑者が就いていた”巡査長”という階級はこの巡査部長と巡査の間の階級になります。ただこの巡査長は警察官を奉職してから10年間、巡査部長に昇進できなかった警察官全てに昇進の意欲をわかせるため与えられる名誉階級になります。

ちなみに漫画やアニメのキャラクターでこの巡査長の階級に就いているのは”こちら葛飾区亀有公園前派出所”の”両津勘吉”が該当します。

さらに小沼容疑者が所属していた地域課という部署は交番勤務などを主な仕事としています。地域課は警察学校を出た警察官が所属する部署でこの部署で実績を上げると刑事課や警備課などの部署移動が可能になります。

しかし10年間地域課に所属しているということは小沼容疑者の勤務態度はあまり良くなかったことが伺いしれます。

この階級、所属部署から考察すると小沼容疑者は警察官という仕事に対して非常にモチベーションが低かったのだと考えられます。

そのため”警察官だから法律は守らなくてはならない”という心理ではなく”警察官もなんとなくやっているだけで法律違反もバレなければ大丈夫”という心理状況だったのかもしれません。

巡査長についている警察官、地域課に所属する警察官が全て小沼容疑者のような人ではないと思われますが、やはりどの階級、どの部署でも立派に一人の警察官であることは間違いありません。

他の警察官にも事件を機に襟を正して職務に臨んでほしいと思います。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

加藤泰浩(かとうやすひろ)容疑者の顔画像を特定か?酒気帯び運転の動機も!枚方市で警部補が事故で逃走
...

コメント