四硝酸エリスリトール(ETN)を製造した16歳の少年の名前や顔画像は?逮捕された名古屋の学生と繋がっていた?

国内NEWS

出典:JNN

スポンサーリンク

警視庁は8日、高性能爆発物の材料に使われる四硝酸エリスリトール(ETN)を製造し所持したとして東京都内に住む高校生の少年を火薬類取締法違反の疑いで書類送検しました。

少年は昨年、同様に高性能爆発物を自宅で製造していた愛知県名古屋市の元学生とSNSで連絡を取り合っていました。

少年が作成した高性能爆発物とは一体どのようなものだったのでしょうか。

爆発物に関する事柄をまとめましたのでご覧ください。

爆薬製造

事件について朝日新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

 高性能爆発物の材料に使われる四硝酸エリスリトール(ETN)を製造し所持したとして、警視庁は8日、東京都内の高校生の少年(16)を火薬類取締法違反の疑いで書類送検した。「知識として製造方法を確認したかった」と容疑を認めているという。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、少年はETNや過酸化アセトン(TATP)を製造したなどとして爆発物取締罰則違反などの罪で3月に名古屋地裁で懲役3年以上5年以下の実刑判決を受けた名古屋市の元大学生と、製造方法についてSNSでやり取りしていたという。

送検容疑は昨年8月、自宅で希硫酸や硝酸カリウムなどを調合してETN約2・4グラムを製造し、同10月に所持していたというもの。原料はインターネットで購入していたという。

元大学生への愛知県警による捜査の過程で、元大学生が今回の少年ら数人とやり取りしていたことが判明。警視庁公安部などが昨年10月に関係先を家宅捜索し、少年の自宅からETNを押収していた。

出典:朝日新聞

スポンサーリンク

犯人は?

この事件で逮捕されたのは都内に住む男子高校生でした。

未成年のため少年の身元に関する情報はありません。

唯一の情報として明らかになっているのは2016年に自宅で同様に高性能爆発物を製造したとして逮捕・起訴され現在は服役している名古屋の元大学生と繋がりがあったということでした。

 

名古屋の”元大学生”

報道で名前が挙がっている名古屋市の”元大学生”。2016年に名古屋市の自宅で今回の事件でも作られたETNという爆発とTATPという爆発物も製造していました。

 爆薬「TATP(過酸化アセトン)」や「ETN(四硝酸エリスリトール)」を製造したなどとして、愛知県警捜査1課は20日、爆発物取締罰則違反(製造、所持)などの疑いで、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)を逮捕した。今年3月に同市名東区の公園で爆発があり、捜査していた。TATPは「悪魔の母」の異名を持つ高性能爆薬で、実際にテロでも使用される。

出典:iza

元大学生は市販薬から上記の爆発物製造を繰り返していました。そして近くの公園に持ち込み誘爆を試していていました。

また爆発物のほかに3Dプリンターで拳銃を作成したり、市販薬から覚せい剤の成分を製造していました。

元大学生は爆発物取締法のほか7つの罪状に問われていましたが、先月判決が実刑判決が下り収監されました。

高性能爆薬やプラスチック製拳銃、覚醒剤を製造したとして、爆発物取締罰則違反などの罪に問われた名古屋市緑区の元大学生の少年(19)に対し、名古屋地裁は25日、懲役3年以上5年以下(求刑・懲役3年以上6年以下)の不定期刑の判決を言い渡した。神田大助裁判長はいずれも危険性や違法性を十分認識していたと認定し「反社会的かつ悪質性が高い」と指摘した。

出典:毎日新聞

実刑判決が下った元大学生。今回の高校生の少年も同様の罪に囚われているためおそらく似たような判決が下る可能性が高いと思われます。

ただ覚せい剤を作成したり拳銃の製造はしていないので執行猶予がつくのかもしれません。

スポンサーリンク

ENTとは?

名古屋市の元大学生が製造したTATP、過酸化アセトンは過酸化水素水、アセトン、硫酸、塩酸、硝酸を混合させて作成します。材料となる化学物質は消毒液やマニュキア落としなどにしようされており比較的簡単に手に入るものばかりですが、それを混合させて作成したTATPはフランスやベルギーで起きたテロで使用された過去があります。

具体的な威力として50gのTATPを握った掌の中で爆発させると指がバラバラに吹き飛ぶほどの威力を持ってるとのことです。

しかし今回高校生の少年が作成したENT、四硝酸エリスリトールはTATPを上回る威力を持っているとのことでその脅威ははかり知ることができません。

高校生の少年も名古屋の元大学生同様にどこか公共の場で誘爆の実験に臨んでいたのならば大惨事を引き起こしていた可能性もあります。

高校生の少年は元大学生のSNSから警察が調査を進め身元が判明したそうですが、少年以外にも元大学生と繋がっていた人物がいると思われます。

爆発物を悪用しようとする人間とその人物が交流を持つ前に元大学生のSNS周辺を総ざらいする必要がありそうです。

あなたにおすすめの記事

 

覚せい剤を製造した名古屋市緑区の19歳大学生の情報がこちら!名前や顔画像、作製方法も
...

コメント