天野利光と園部友康(奥山風太郎)の顔画像がこちら!希少爬虫類捕獲は転売目的か?

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

警視庁は8日、奄美大島の希少なカエルを捕獲したなどとして天野利光容疑者と園部友康容疑者を種の保存法違反などの疑いで逮捕したと発表しました。

聞きなれない”種の保存法違反”という罪名。一体どのようなものなのでしょうか。

どのような法律なのかを追っていくと同時に容疑者2人の今後下されるであろう刑罰も見てみたいと思います。

希少カエル捕獲容疑

事件について朝日新聞をはじめ各メディアが以下のように報道しています。

 奄美大島の希少なカエルを捕獲したなどとして、警視庁と鹿児島県警は、爬虫(はちゅう)類や両生類を扱う東京都中野区のペットショップ店長天野利光容疑者(50)=同区中野6丁目=とカエルや虫関連の著書があるフリーライター奥山風太郎(本名・園部友康)容疑者(42)=東京都練馬区石神井台1丁目=を種の保存法違反などの疑いで逮捕し、8日発表した。ともに容疑をおおむね認めているという。

警視庁生活環境課によると、2人は昨年7月、奄美大島の路上で、いずれも国内希少野生動植物種に指定されている「アマミイシカワガエル」と「オットンガエル」各2匹を捕獲するなどした疑いがある。2人は「日本で最も美しいカエルとされるアマミイシカワガエルを前にして、つい手が出てしまった」などと述べているという。

同月19日、奄美空港の職員が2人のキャリーバッグに大量のカエルやヘビが入っていることに気付いた。バッグには奄美大島に生息する19種70匹が入っており、うちアマミイシカワガエルなど5種28匹が同法などで捕獲や持ち出しが禁じられている動物だった。2人は2泊3日で奄美大島を訪れ、レンタカーで夜間に山に入ってカエルなどを捕獲していたという。ほぼ毎月、奄美大島を訪れていたといい、同課は転売目的で捕獲した疑いがあるとみている。

出典:朝日新聞

スポンサーリンク

犯人は…

事件を受けて逮捕されたのは天野利光容疑者と園部友康容疑者でした。

両容疑者の明らかになっている情報は以下の通りです。

出典:http://www.news24.jp/nnn/news162128641.html

名前:天野利光(あまの としみつ)

年齢:50歳

職業:ペットショップ店長

住所:東京都中野区中野6丁目

出典:http://www.news24.jp/nnn/news162128641.html

名前:園部友康(そのべ ともやす)

年齢:42歳

職業:フリーライター

住所:東京都練馬区石神井台1丁目

園部容疑者は”奥山風太郎”というペンネームでフリーライターをしていました。カエルなど両性類の図鑑も出版していて現在も通信販売サイトなどで販売されています。

スポンサーリンク

転売目的?

ペットショップ経営

フリーライターとして活動していた園部容疑者の一方で天野利光容疑者は東京都内でペットショップを経営していました。

このペットショップの特定をしてみると”爬虫類倶楽部”というペットショップが該当しました。


 出典:http://hachikura.com/company.html

爬虫類倶楽部は関東を中心に展開しているペットショップのようで爬虫類、両生類の生体販売に関しては有名な店舗のようです。そのため口コミも多く、販売の満足は一定の評価を得ていました。

スポンサーリンク

”種の保存法”?

今回天野利光容疑者と園部友康容疑者がかけられている”種の保存法”違反。普段わたしたちには馴染みのない法律ですがどのようなものなのでしょうか。

”種の保存法”は通称で正式には”絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律”というものになります。

この法律はワシントン条約という絶滅のおそれがある野生動物の国際取引に関する条約が設立されたのをきっかけにして、国内、国外の絶滅の恐れがある生物の取引を制限するために定められました。

天野容疑者と園部容疑者が捕獲した「オットンガエル」と「アマミイシカワガエル」は平成28年に国内希少野生動植物種に指定されたため捕獲した時点でこの”種の保存法”に違反してしまったということになります。

また違反してしまった天野容疑者と園部容疑者には以下のような罰則が下ると思われます。

第五十七条の二 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 第九条、第十二条第一項又は第十五条第一項の規定に違反した者
二 偽りその他不正の手段により第十条第一項の許可、第十三条第一項の許可、第二十条第一項の登録、第二十条の二第一項の登録の更新、第二十条の三第一項の登録、第三十三条の六第一項の登録又は第三十三条の十第一項の登録の更新を受けた者

出典:e-Gov

なぜ天野容疑者と園部容疑者がこの罰則になるのかという根拠は同法律の第九条が関係しています。

(捕獲等の禁止)
第九条 国内希少野生動植物種及び緊急指定種(以下この節及び第五十四条第二項において「国内希少野生動植物種等」という。)の生きている個体は、捕獲、採取、殺傷又は損傷(以下「捕獲等」という。)をしてはならない。

出典:e-Gov

捕獲をしてしまったので第九条を違反していると思われます。

そのため罰則に則ると天野天野容疑者と園部容疑者は5年以下の懲役、もしくは500万円の罰金が下ると考えられます。

爬虫類、両生類以外にも密漁が後を絶たないペット流通業。密漁から国内に流入したペットは時折国内の野に放たれて野生化し、生態系を破壊してしまう例も報告されています。

回り回ってわたしたちの生活に影響を及ぼさないためにも密漁業者を見つけた場合は直ちにかかる機関に連絡をして防ぐしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

しまむら刀剣乱舞の転売ヤーの買い占めの様子がヤバい!転売の心理と理由についても
...

コメント