大澤拓馬の顔画像を特定か?豊中市向上の現場判明で、飲酒量がエグい

国内NEWS

出典:ANN

 

4日未明、大阪・豊中市で酒気帯び運転の軽自動車とミニバイクが衝突し、新聞配達員の高津喜代二(こうづ きよし)さんが死亡するという事故が発生し、大澤拓馬(おおさわ たくま)容疑者が逮捕されました。

今回は、この事故で逮捕された大澤拓馬容疑者の顔画像や、事故現場、飲酒の原因などについて迫ってみたいと思います。

飲酒運転の軽自動車がミニバイクを撥ねる

MBSほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

4日未明、大阪府豊中市で新聞配達員の男性が酒気帯び運転の車にはねられ、死亡しました。

4日午前2時ごろ、豊中市向丘の交差点で、バイクで出勤途中の新聞配達員・高津喜代二さん(45)が軽乗用車にはねられました。高津さんはすぐに病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。警察によりますと、交差点を右折しようとしていた高津さんのバイクと、反対方向から直進してきた軽乗用車が衝突したということです。

軽乗用車を運転していた箕面市の会社員・大澤拓馬容疑者(31)からは基準値を超えるアルコールが検出されていて、警察は酒気帯び運転などの疑いで大澤容疑者を現行犯逮捕しました。調べに対し、大澤容疑者は「酒を飲んで運転しました」と容疑を認めているということです。

出典: MBSニュース

スポンサーリンク

大澤拓馬容疑者について

こちらが、逮捕された大澤拓馬容疑者のプロフィールです。

名前:大澤拓馬(おおさわ たくま)

年齢:31歳

職業:会社員

在住:大阪府箕面市

大澤容疑者は、4日午前2時頃酒を飲んで車を運転し、豊中市向丘の交差点で右折しようとしていた原付バイクと衝突し、バイクを運転していた高津喜代二さんを死亡させたとして逮捕された人物です。

ちなみに、大澤容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:MBS

こちらは、大阪府豊中市向上2丁目にある府道43号線沿いであるということで、すぐ近くには「大阪府豊中警察署野畑交番」があるということです。

この交番が近くにあったために、事故が発生した直後に現行犯逮捕されたものと思います。

スポンサーリンク

飲酒量がエグい

そんな大澤容疑者ですが、飲酒をしていたということで、その量がとんでもないということです。

出典:FNN

飲んでいたとされるのは、サントリービールが提供している第3のビール「金麦」であり、このラベルのアルコール度数は5%となっております。

同発泡酒は、2007年から4年連続で過去最高販売数量を更新しており、糖質75%オフやクリアラベル、ゴールド・ラガーなど様々なラインアップがあり、低価格て本格的なビールの味が楽しめると非常に話題となっております。

そんな金麦でありますが、大澤容疑者の車内からはものすごい大量の空き缶が発見されており、過去のものでもある可能性がありますが、相当飲んでいたのではないかと考えられるのです。

大澤容疑者は「酒を飲んで事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認める供述をしているのですが、これは事故が発生しなければずっと今後も飲酒を続けていたと思いますので、アルコール依存なのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

アルコール依存なのか?

今回、大澤容疑者は飲酒運転によって逮捕されているのですが、おそらくアルコール依存なのではないかと考えられるのです。

ビニール袋の中から大量のビールの空き缶が見つかっているのですが、これを全部一夜で飲んでいるとは考えられず、ずっと貯めていたのではないかと推測されるのですが、そうなれば大澤容疑者は常日頃から飲酒をしていなければ体が持たない体質なのではないかと考えられます。

つまり、アルコール依存という可能性が浮上するのです。

何れにしても、被害者が死亡してしまっているということで、一層の波紋が広がることでしょう。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

西村修さんをひき逃げした犯人の情報がこちら!取手市の現場判明で飲酒運転の可能性も?
出典: 2日夜、茨城県取手市の市道で男性が倒れているとの通報が警察にあり、駆け付けた警察が顔から血を流した状態で近くに住む西村修さんを発見しました。 西村さんはその後に搬送先の病院で死亡しました。 警察は怪我の状況から...

コメント

テキストのコピーはできません。