照井津久美の顔画像がこちら!犯人との関係性や2階から侵入した手口についても

国内NEWS

出典:https://www.kkt.jp/nnn/news162127884.html

スポンサーリンク

26日正午、東京都杉並区のアパートで照井津久美さんが殺害された事件。未だ逃走を続ける容疑者とされる男はベランダから2階の照井さんの部屋に侵入したとみられることがわかりました。

白昼堂々の犯行。犯人は人目につかずどうやって2階に侵入したのでしょうか。

侵入方法から事件の動機を考察してみたいと思います。

女性刺され死亡

事件については朝日新聞ほか各メディアが以下のように報道しています。

26日午後0時5分ごろ、東京都杉並区下井草3丁目のアパートから「助けて、という女性の声が聞こえた」と110番通報があった。警視庁によると、2階の一室で住人の保育士照井津久美(つぐみ)さん(32)が左肩に刃物が刺さった状態で倒れており、搬送先で死亡が確認された。現場から黒っぽいコート姿の男が立ち去る姿が目撃されており、警視庁は何らかの事情を知っているとみて行方を追うとともに、殺人事件として荻窪署に捜査本部を設置した。

捜査1課などによると、現場アパートと同じ建物に住むオーナーの男性(71)が叫び声や争うような声を聞いて外に出て、近くにいた郵便局員を通じて110番通報した。照井さんはベランダから身を乗り出すように助けを求めていたという。

通報直後、男性はアパートから北の方向に立ち去る黒っぽいコート姿の不審な男を目撃しており、同課が行方を捜査している。男は30~35歳くらいで、身長160~165センチという。

照井さんは室内のベランダ手前の床の上に仰向けで倒れていた。左肩に刺さっていたのは包丁のような刃物で、他に目立った外傷はなかった。ベランダ側の窓の鍵付近のガラスが割れており、同課は、犯人がここから侵入した可能性があるとみている。室内には争ったような跡があった。

照井さんは26日午前中は勤務先に出勤。帰宅途中に飲食店に立ち寄り食事をしていたことが確認されている。現場の状況などから、照井さんは帰宅直後に襲われた可能性があるとみている。これまでにストーカーなどについて警視庁へ相談した記録はないという。

現場アパートは2階建てで、1階と2階にそれぞれ1部屋タイプの間取りの部屋が四つずつある。警察官が駆けつけた際、照井さんの部屋の玄関は施錠されていなかったという。

現場は西武新宿線下井草駅の南西約550メートルの住宅街。

オーナーの男性は朝日新聞の取材に応じ、「女性の叫び声を聞いた」と証言した。当時男性は携帯電話を持っておらず、居合わせた郵便局員に110番通報を依頼。照井さんは現場の部屋のベランダにいたが自力で室内に戻ったという。その後黒い服装の男が歩いて立ち去るのを目撃した。数分後に到着した警察官を部屋まで案内したという。

出典:朝日新聞

あまりにも堂々とした犯行、また犯人がいまだ逃走中ということもありインターネットを中心に話題になっています。

スポンサーリンク

犯人の特徴

27日午前10時現在も犯人は逃走を続けています。

ここで犯人の特徴を確認しましょう。

性別:男

年齢:30代前半

身長:165cmほど

服装:黒いコート

犯人と見られる男は犯行後、西武新宿線下井草駅のある北の方角へ徒歩で逃走を図ったそうです。

被害者を刺殺したことで返り血を浴びている可能性もあります。血まみれであれば必ず目撃者がいるはずですので、目撃証言がないということは下井草駅周辺に逃走用の車を用意して可能性も充分考えられます。

スポンサーリンク

被害者との接点は?

保育士だった被害者

犯人と見られる男と被害者の間に何かしらの関係はあったのでしょうか。

被害者の情報も見てみましょう。

照井津久美さん

出典:https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0327/tbs_190327_2671813985.html

名前:照井津久美(てるい つぐみ)

年齢:32歳

SNSを検索するとFacebookに照井さんのものと思われるアカウントが発見されました。

ただし照井さんご自身のものという確証はないので掲載は控えさせていただきます。

そのアカウントが照井さんのものだとすると照井さんは東北の大学を卒業した後、東京で保育士になったようです。

現在は”乳児院”という場所で働いていたそうです。

あまり聞きなれない”乳児院”という施設ですが何かしら事情のある乳児を親元から引き取って一時的に保育する施設のようです。

乳児院とは、さまざまな事情によって親や保護者との生活が困難な1歳未満の子どもを保護し、養育する施設のことを言います。親が働いている時間のみの一時的な預かりを行う保育園とは大きく異なり、子どもたちは、1日24時間のすべてを乳児院で過ごしています。全国では136か所、2901人/定員3877人(2016年現在)の子どもたちが入所しています。
短期間の入所の場合は子育て支援が目的とされています。長期間入所している子どもたちについては養育の他に、保護者支援や退所後のアフターケアなど重要な役割を担っています。
2歳ぐらいまで乳児院で過ごした子どもたちは、その後親許へ戻ったり、里親に引き取られたり、児童養護施設へ入所したりします。運営は地方自治体、社会福祉法人などが行っています。

出典:保育士バンク

照井さんが被害に遭ったのは仕事から帰宅した直後だと報じられています。

時刻は午後0時5分ころと真昼の帰宅になったのも24時間施設を運営する乳児院で働いているからこそ帰宅時間が一般の保育士よりも早いのかもしれません。

このことから犯人は照井さんが昼に帰宅することを知っていた可能性も大いに考えられます。

スポンサーリンク

侵入手口が明らかに

まるで空き巣の手口

これまでの警察の現場検証で犯人は照井さんの部屋の窓から侵入したことが明らかになっています。

窓からは鍵付近を割って侵入したようです。

発見時、部屋の玄関は無施錠だったが窓ガラスのクレセント錠付近が割られており、同庁は犯人が窓から侵入し、玄関から逃走した可能性もあるとみている。室内には物が散乱するなど争ったような形跡があった。

出典:日本経済新聞

窓を割っていることから照井さんが帰宅する前には侵入を試みていたことが想像できます。

ではそもそも照井さんの部屋のあるアパートの2階にどうやって上がったのでしょうか。

 

2階にどうやって…

まず事件現場を見てみましょう。

事件現場となったのは”コンフォール杉並”というアパートです。

地図で確認すると侵入に使われた窓は日当たりの良い南側、さらに遮る建物もない所に面しています。

犯人と見られる男は黒いコートを着ていたとのことですが、たとえば2階に下からよじ登ったとして目立たずに上ることが可能でしょうか。

そう考えると日当たりの悪い時間、深夜や早朝にあらかじめ侵入していたということが考えられます。

あらかじめ侵入して照井さんが出勤したことを見計らって室内に侵入したのではないでしょうか。

出典:https://www.kkt.jp/nnn/news162127884.html

また現場画像を確認すると事件現場となった照井さんの部屋と隣室にあるパーテーションが破壊されているのがわかります。

このパーテーションは災害にあった時にすぐ避難できるよう簡単に割れる仕組みになっています。

このことから犯人は隣室からパーテーションを割って照井さんの部屋のベランダに侵入したとも考えられます。

しかしこの可能性が真実だとするのならば隣室に住む住民が何かしら事件に関与している可能性も考慮しなくてはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで杉並で起きた保育士殺害事件の真相を追求してきました。

侵入経路から考えると強盗という可能性も見えてきました。

強盗が侵入直後、照井さんが帰宅して鉢合わせてしまい、そしてもみ合って争った結果照井さんは刺殺されてしまったのではないでしょうか。

いづれにしても犯人の早期確保を強く願っています。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

下井草殺人事件の現場アパートの場所はコンフォール杉並!犯人の特徴判明でストーカー殺人か?
...

 

下井草で殺人事件!犯人の名前や顔画像の情報がこちら!現場アパート判明で動機についても
...

 

コメント