能年玲奈(のん)の現在が衝撃的!干された本当の理由や消えた真相、独立洗脳問題についても

芸能NEWS

出典:ANSERBlog

スポンサーリンク

「あまちゃん」で大ブレイクした能年玲奈さん。

共演した有村架純さんや橋下愛さんが大々的に活躍する中、表舞台に全く姿を現さない時期がありました。

世間を騒がせた独立洗脳騒動と彼女の現在についてまとめていきます。

プロフィール

能年玲奈

出典:Twitter

名前:能年玲奈(のうねんれな)

芸名:のん

出身地:兵庫県神崎郡神河町

生年月日:1993年7月13日

身長:164cm

血液型:A型

所属事務所:レプロエンタテインメント

モデルとしてデビューした能年さんは、2013年に行われた「あまちゃん」のオーディションで1953人の中から勝ち抜き主役に抜擢され、その愛らしさから人気を博しました。

なんと平均視聴率20.6%(関東地区)を記録した「あまちゃん」は、能年さんが劇中で発する「じぇじぇじぇ」が流行語大賞に選ばれる、能年さんが紅白に出場するなど国民的人気となりました。

映画「ホットロード」に翌年の2014年に出演。本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった能年さんの活躍ですが、ここから事務所の独立騒動に巻き込まれていきます。

スポンサーリンク

洗脳騒動の真相

「あまちゃん」を契機に人気女優の仲間入りを果たした能年さん。

しかし、2014年12月公開の「海月姫」を最後に表立った活動から離れることになります。

そして、これらは”独立洗脳問題”として2015年4月に世間を揺るがす騒ぎとなります。

8a8c53588baf446c7298da3f8e185a74_17030
出典:up.gc-img.net

能年玲奈(21)に突如「洗脳騒動」が持ち上がったのだ。

今週、週刊誌が一斉に報じたのは、能年が所属事務所に無断で、自身が代表を務める新事務所を設立。その裏では能年が通称「生ゴミ先生」と呼んで心酔する演出家の女性A氏(52)が糸を引いていて、現所属事務所「レプロ」からの独立を画策しているという疑惑だ。

しかも、「魅力開発トレーナー」という肩書で演出家や振付師として活動するこの女性に能年は心酔しきっており、現在は能年のマンションで同居生活を送っているというのだが……。

引用:日刊ゲンダイ

能年さんは事務所の独立を所属するレブロエンタテイメントに”無断”で行ってしまいます。

これはかなり異例の出来事で、本来芸能人が個人事務所立ち上げを行う際はお世話になった事務所に礼を通し、契約を全うした時点で行います。

それらの常識を無視した突然の行動に”洗脳”や”独立”といった疑惑が報道されるようになります。

個人事務所の立ち上げは、個人が法人になるので税金対策にもなりこれ自体は悪くないことが分かるかと思います。

スポンサーリンク

洗脳を主導したとされる滝沢充子

出典:Desafio

洗脳を主導したとされる通称「生ゴミ」先生の名前は滝沢充子さんと言い、演出家や振付師を仕事としています。

この生ゴミ先生という能年さんからの呼び方ですが、滝沢さんが能年さんに宛てた手紙から由来が来ています。

「女優じゃなければ、生ゴミ」とこう綴ったのだそうです。

能年自身が代表取締役を務める個人事務所会社、三毛andカリントウを設立したという点だ。そして同社取締役に名を連ねるのが、能年の所属事務所レプロで演技指導を務めていた滝沢充子氏であり、能年がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』ヒロインになるまで演技指導をして能年を育てた同氏に、能年は洗脳されているという。

引用:Business Journal

独立し、設立した個人事務所は「三毛andカリントウ」。

代表取締役が能年さん、取締役が滝沢さんであることから二人がビジネスパートナーとして一蓮托生であることが分かります。

株式会社インアンクという個人事務所と同住所にある会社にも滝沢さんは所属しています。

滝沢充子

名前:滝沢充子(たきざわみつこ)

職業:振付師・演出家で、演技指導も行う。

モデル・俳優・タレントの演劇指導・魅力開発を手がける彼女は能年さんだけではなく、女優のチャン・ツイィーさんや薬師丸ひろ子さん、俳優のオダギリジョーさんといった著名な方の振付を多く担当しています。

スポンサーリンク

実母が週刊誌に騒動の真相を語る

電車に乗る滝沢充子と能年玲奈

本洗脳報道について能年さんのお母様は否定のコメントを出しています。

絵を描くのが趣味という能年さんが絵本を出すために独立したのが真相とのことです。

「洗脳報道」に、「母の私がちゃんと説明しないと」と重い口を開いたという。能年の母は演技指導の女性に迷惑をかけたことを謝罪しつつ、「ありえないですよ。『絶対に玲奈は洗脳されへんし。支配されるの嫌いやもん』って言ってました」と洗脳報道を否定。そもそも、個人事務所は能年が書いた絵本などを出すために設立したという。

引用:livedoorNEWS

能年さんが熊本地震の際に描いた「頑張れくまモン」
能年玲奈

出典:yaplog

能年さんの母親が直々に否定していることからも洗脳は誤りだったのかもしれません。

オセロの中島さんも”洗脳騒動”で話題になるなど芸能人のこういった騒動が目立つ中、能年さんの独立に関しても洗脳という目を引くワードが使われてしまったのかもしれません。

なお現在、一連の報道に関して滝沢さんは名誉毀損の裁判を起こしています。

そんな中滝沢さんの夫が黒幕ではとされる説もあるのです。

「滝沢氏の事実婚夫は、漫画家のK氏といわれている。K氏はTwitterで『能年玲奈の後見人』を自称していたほか、能年の主演映画を企画していると言って出資金を募っていたという話も。彼は、漫画家以外にも、滝沢氏と同じ事務所に所属し、映像や企画など幅広いビジネスに手を出しているとか。ネット上では、能年のイラストをグッズとして販売する案は、K氏の発案ではないかとウワサされています」

引用:livedoorNEWS

何にせよ話題の時の人には良からぬ人や噂がどうしても付いて回る宿命なのかもしれません。

引退の噂を流したのはレプロ?

出典:デイリー

しかし、この騒動以後も能年さんに関するイメージダウンが避けられない報道は止まりません。

・高給取りである

・辛辣なマネージャーへの態度

・気に入らない演技の仕事は受けない

・連絡が取れない

などです。

レプロサイドが一気に“攻撃”を仕掛けたようで、各週刊誌では、能年にとっては明らかにイメージダウンにつながるネガティブな情報が続々と報じられた。

「週刊新潮」(新潮社/5月28日号)によると、能年の月給は最初は5万円だったが、『あまちゃん』の放送が始まったころには20万円に増額。れに加え、夏・冬合わせて数百万円のボーナスも支給され、年収は1,000万円超え。寮住まいで家賃や光熱費、食費も事務所持ちという、若手女優にしてはなかなかの厚遇だったという。

また、「週刊ポスト」(小学館/6月5日号)によると、能年から投げかけられる厳しい言葉によって過度なストレスを与えられ、昨年4月、能年を担当していた女性マネジャーが長期の休養に入ったという。

能年は自己主張が強く、そのマネジャーのみならず、現場に立ち会うマネジャーはことごとく疲労困憊。おまけに、「ファンが逃げる」としてキスシーンや性的シーンはNG。某有名女優を名指しで共演NGに指定するなど、やりたい放題。事務所が「オファーを断った」とされる、今夏2部作で公開される、人気コミックを実写化した映画『進撃の巨人』は事務所を通さず、知人を通して監督と接触するという芸能界の“ご法度”を犯していたというのだ。

引用:livedoorNEWS

『重版出来!』の主演は“あまちゃん女優”こと能年玲奈だったが、昨春に勃発した独立騒動の影響で白紙に。代わって白羽の矢が立ったのは有村架純だったが断られてしまい、最終的に黒木に落ち着いたという。だが、ドラマ関係者は、「昨年1月の段階で能年さんはなくなり、春には黒木さんで決まっていた。放送直前に主演が代わったことが低迷の原因というような報道は心外」と憤る。

一方で、深刻なのは真っ先にオファーが来た能年の現状だ。事情を知る関係者が明かす。

事務所サイドはこの仕事を引き受けたかったが、なんせ本人と連絡が取れない。昨年1月はまだ独立騒動が発覚する前だったが、その時点で事務所との信頼関係はなくなっていた。仮に仕事を引き受けても、最後まで全うできる保証はない。仕事を飛ばせば、事務所の信用に関わるので、断るしかなかった」

引用:BIGLOBEニュース

能年さんが気に入らないドラマ・映画には出演しないといった報道もある中、2015年七夕に更新された彼女のブログでは、”一生演技ができますように”と短冊に記している姿が載せられています。

出演拒否は本当なのでしょうか?

能年玲奈

出典:yaplog

演じたいという想いは変わらず持っていることが分かります。

引退と噂されるほどに報道によって表舞台から遠ざかってしまった能年さん。

2015年4月に洗脳報道が出た時点で、能年さん側と所属事務所側には決定的な亀裂が生じていたということでしょう。

芸能界の規律を破り、無断で個人事務所を立ち上げたことは能年さん側の落ち度であると言わざるを得ません。


スポンサーリンク

レプロと和解?

自分で作ったスカートで登場

能年玲奈

出典:yaplog

おそ松さんのコスプレ

能年玲奈

出典:Navermまとめ

サンタさんコスプレ

能年玲奈

出典:livedoorblog

独立後の能年さんの姿はブログなどから散見できます。とてもキュート!

ですが、楽しげな写真の一方でこの頃は仕事がなかったのも事実です。

しかし、騒動がようやく落ち着いてきた頃、過去に共演した小泉今日子さんの個人事務所へ移籍するのではという噂が出ます。

能年玲奈がいよいよ復帰するか。6月末には所属事務所との契約が切れると見られている能年だが、独立後のレールは敷かれつつあるようだ。

先日、能年はブログで小泉今日子との2ショット写真を掲載。NHKの「あまちゃん」で親子で共演した2人にネットも大騒ぎとなった。「この2人は朝ドラ撮影のときも本当の親子のように仲がよかった。小泉さんも何かと能年のことを気にかけていましたし、独立を表明してからの能年は仕事らしい仕事をしていないが、このことにも早い段階から相談を受けていたようです」とは芸能関係者。

いよいよ能年の独立のタイミングも近づいてきたが、「どういう形にせよ、小泉さんのところへ身を寄せることになりそうです。小泉さんは芸能界の重鎮クラスとの人脈もありますが、芸能界で独立というのはなかなか厳しいものがある。すぐにドラマや映画というわけにはいかないでしょうが、舞台の話は来ているようなので、その辺りから再スタートしていくつもりでしょう」

引用:livedoorNEWS

小泉さんは個人事務所を設立していますが、同時にバーニングプロダクションにも所属しています。

「能年の話題は、現状ではスポーツ紙やワイドショーではかなり触れにくい。しかし、小泉は芸能界のドンこと周防郁雄社長に面と向かって物申すことができるため、周防氏率いるバーニングプロに所属しながら、個人事務所を設立。能年と事務所の契約が6月で切れることから、その後は小泉が自分の事務所に能年を所属させ、演技経験を積める舞台を中心に仕事をさせるという流れが固まっているようだ。いまやブログの更新ぐらいしか活動をしていない能年だが、近いうちにファンにとってはうれしいお知らせがありそう」

引用:livedoorNEWS

「あまちゃん」で親子を演じた二人は、たびたび能年玲奈さんのブログにも登場するほど仲が良いです。

小泉今日子・能年玲奈

出典:yaplog

スポンサーリンク

芸名を「のん」に変更し復帰

そしていよいよ復帰に至ります。

芸名を「のん」に変え、心機一転再出発を図るのです。

休養中に何をしていたのかはFRIDAYで話しています。

独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなった能年玲奈。

今回、芸名を「のん」に改め活動を再開する。再出発にあたり、元気で楽天家な母親が上京して挨拶回りをしてくれたという。 

「休養中」にはクラシックバレエや洋服作り、モノマネや作曲に没頭していた。そんな毎日についてフライデー最新号(7月15日発売)で熱く語っている。

グラビア撮影にも挑戦しており、「久しぶりで緊張します~」と言いながら、自前の衣装で『あまちゃん』ばりの大ジャンプまで披露した。

「楽しくて、顔が開きっぱなしでした~!」

と素直な感想をこぼし、白い歯を見せたのだった。

引用:Yahoo!ニュース

『この世界の片隅に』で高評価

44653295

出典:livedoorblog

2016年11月12日公開のアニメ映画『この世界の片隅に』で主演声優を務め、異例のロングラン大ヒットを記録。

第38回ヨコハマ映画祭審査員特別賞、第31回高崎映画祭ホリゾント賞、第21回日本インターネット映画大賞主演女優賞およびベストインパクト賞、2016年度全国映連賞女優賞、第11回声優アワード特別賞を受賞する高評価を受けます。

所属していた事務所から独立して“のん”と改名した能年玲奈にとって本作は本格的な復帰作。しかしネット上ではテレビ等での露出が極端に少ないことを指摘し、元所属事務所からの圧力があると非難する論調が現れたのだ。

一方で「この規模の映画では常識的な露出量」とする反論もある。「芸能界のしがらみで映画が潰されるのはけしからん」派と「ゴシップで過度に騒ぎ立てるのは作品に失礼」という派に分かれている状況だが、いずれの側も本作を高く評価し、愛情を持っているからこそ起きた議論と言えよう。『この世界の片隅に』の公式サイトでテレビでの紹介が告知されたのはNHKと地方局のMXテレビのみ。もちろん今後、映画の盛り上がりを反映してキー局でも取り上げられることが増えれば解消される疑念ではある。

引用:シネマトゥディ

映画はこれだけの評価と動員を記録しながら主演を演じきったのんさんの仕事は途絶えてしまいます。

元事務所のレプロが仕事を与えないよう圧をかけているのではとも囁かれました。

 

元所属事務所に突然の謝罪

出典:kai-you

その後は女優としての活動はしておらず歌手としてアルバムをリリースします。

その最中、『フライデー』で能年さんが元所属事務所レプロエンタテイメントに訪問し、謝罪したとの一報が出ました。

これが2018年10月16日のことです。

これは2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』への出演を実現し女優業を行うために必要な和解だったとされています。

出典:芸トピ

19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)によると、のんは10月上旬に関係者と前所属事務所「レプロエンタテインメント」を訪問。その席でのんが詫び、再びマネジメントを受けるという形で和解に向けた話し合いが持たれたという。

今回の和解報道に対して、レプロ側は面会を認めた上で、「なんら解決に至っていない」と説明する一方、こうした記事が出たことについて「大変不可解であり、誠に遺憾」と不信感をのぞかせている。フライデーは、のんが来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』に出演したいがために、事務所トラブルを解決しようと動いたと見ているが……。

引用:@niftyニュース

スポンサーリンク

事前リークの噂

この記事には、その場に同席しなければ知り得ない情報が載っており、上記の写真もリークなしでは撮影できないと言われています。

能年さん側からリークしたと推測されますが、この事実にレプロは大激怒。

「フライデー」に掲載された写真も、事前リークがなければ、まず撮れない代物だ。同記者は「フライデーにお詫び訪問の写真を“撮らせる”ことで、和解に向けて少なくとものん側は動いたと既成事実を作った。いまボールを持っているのはレプロ側。恥を忍んで再びのんを抱えこむか、決裂するか。後者の場合は、あまちゃん時代から彼女を高く買っていた大手芸能プロが手を差し伸べるとウワサされている」と話す。

一部で、のんが仕事減により苦境に立たされているという報道もあるが、それはまったくの見当違いという話もある。

CMや創作活動など、収入はレプロ時代の数倍。最近では中国でも人気が急上昇している。芸能プロからすれば、のどから手が出るほど欲しい逸材であることに変わりはない」(テレビ関係者)

引用:@niftyニュース

スポンサーリンク

まとめ

・事務所独立洗脳騒動が2015年4月に起こりメディアから消える
・生ゴミ先生こと滝沢充子からの洗脳を受けたとの報道が先行
・「のん」に2016年7月改名をする。しかし相変わらず女優業はほぼない状態
・そして2018年10月に騒動を起こした元事務所レプロに謝罪をしたと報道される

出典:ASAGEIplus

独立洗脳騒動から改名を経てもテレビでは見かけることのなくなったのんさん。

「この世界の片隅で」で見せたように彼女にしか出せない素朴で純粋な演技は失われていません。

事務所問題の渦中にはありますが、この才能を活かせるように今後も彼女の活躍を見守りたいです。

あなたにおすすめの記事

 

女優の年収ランキング 2019最新版!収入1位は超意外なあの女優?
出典: たくさんの人が憧れる芸能界。 その華やかな芸能界で活躍する方たちはプライベートもとても華やかなものです。 この記事では芸能人はどれほどの収入を得ているのか、現在活躍する35人の女優を年収順にご紹介します。 ...

 

20代の女優ランキング2019年最新版!美人や可愛いトップ45まとめ
出典: 現在、活躍し続けている若手女優が数多くいますがその中でも10代からブレイクし、CM女王などに輝いている方も多くいらっしゃいます。 今回は、女優ファンが選ぶ人気の女優45名をランキング形式でご紹介していきます。