大林久晃と金古政隆の顔画像とFacebook!昭和大病院医師が女性に睡眠薬飲ませ乱暴

この記事は5分で読めます

出典:NHK

スポンサーリンク

 

女性に睡眠作用のある薬物の入った酒などを飲ませ、自宅に連れ込んで乱暴したとして逮捕された、大林久晃(おおばやし ひさあき)容疑者と、金古政隆(かねこ まさたか)容疑者ですが、準強制性交未遂などで再逮捕されていたことが明らかとなりました。

今回は2人の容疑者の犯行動機や、問われる罪について迫ってみたいと思います。

昭和医大の研修医2人を再逮捕

YOMIURI ONLINEほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

催眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませ、抵抗できない状態の女性に乱暴しようとしたとして、警視庁は19日、東京都品川区西中延、昭和大学病院内科医、金古政隆容疑者(28)と、横浜市都筑区荏田東、研修医大林久晃容疑者(26)をわいせつ略取と準強制性交未遂の容疑で再逮捕した。この薬は市販されておらず、警視庁は、医師の立場を利用し、入手したとみて調べている。

 発表によると、2人は1月18~19日、目黒区のカラオケ店で、20歳代の女性に催眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませて気を失わせた上で、金古容疑者宅に連れ込んで性的暴行を加えようとした疑い。女性が抵抗したため、未遂に終わった。2人とも「薬は飲ませていない」などと容疑を否認している。

 警視庁は先月27日、この時に一緒に酒を飲んでいた別の女性に対する準強制性交容疑などで、両容疑者を逮捕。女性2人の体内からは同じ薬が検出されていた。金古容疑者の自宅からも同じ成分の薬が見つかり、同庁が鑑定を進めている。

出典:YOMIURI ONLINE

スポンサーリンク

2人の容疑者について

【金古政隆容疑者】

こちらが、逮捕された金古政隆容疑者のプロフィールです。

出典:Facebook

前:金古政隆(かねこ まさたか)

生年月日:1990年5月6日

年齢:28歳

住所:東京都品川区

出身:神奈川県川崎市

出身高校:桐光学園高等学校

出身大学:岩手医科大学

職業:医師(内科医)

勤務先:昭和大学病院

FBアカウント:https://www.facebook.com/people/Masataka-Kaneko/100004067896573

スポンサーリンク

【大林久晃容疑者】

こちらが、逮捕された容疑者のプロフィールです。

出典:産経ニュース

名前:大林久晃(おおばやし ひさあき)

年齢:26歳

住所:神奈川県横浜市都筑区荏田東

出身高校:東海高等学校

出身大学:昭和大学医学部

職業:研修医

勤務先:昭和大学病院

FBアカウント:https://www.facebook.com/hisaaki.ohbayashi/timeline?lst=100013564207894%3A100002303957336%3A1552964957

2人の容疑者は、1月18日深夜~19日早朝にJR目黒駅近くのカラオケ店で20代女性に睡眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませ、意識をもうろうとさせた状態で金古容疑車宅に連れ込み、性的暴行を加えようとした疑いで逮捕された人物です。

2人はいずれも昭和医大学病院に勤務している医者であり、金古容疑者は内科医で大林容疑者は研修医であるということです。

スポンサーリンク

犯行動機は?

では、2人の容疑者の犯行動機は一体どの様なものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察に調べに対して金古容疑者は「薬は飲ませていない。わいせつ行為はしたが、合意です」、大林容疑者は「薬のことは分からない。わいせつ行為はした」と供述している事が明らかとなっております。

おそらくですが、眠らせて抵抗できない状態にした後に女性に乱暴するというのが定例であったのでしょう。

自らの欲求のためであれば手段を選ばないという事で、ものすごい卑劣な犯行なのですが、やはり医者という立場を利用したことも許せません。

医者であれば、大抵の女性はお金持ちに食いつく傾向にありますから、すぐに女性を落とす事が出来たのかもしれません。

女性はお金持ちを好む

女性はお金持ちを好む系にあると前述しましたが、その根拠としては以下の様なものが挙げられます。

アーキット(大阪市)が運営するAGA・薄毛治療に関するWEBメディア「フサメン」では、10代~40代の独身女性500人(10代:18人 20代:198人 30代:202人 40代:82人)を対象に「薄毛男性との結婚をどう思うか?」といったアンケート調査を実施した。

それによると、薄毛・ハゲの男性について「好き?嫌い?」を聞くと、90%もの女性が「薄毛の男性が嫌い」と回答。ただ、「薄毛・ハゲの男性は恋愛対象になる?」との質問では54%の独身女性が「薄毛・ハゲの男性が恋愛対象になる」と回答するなど、ハゲを毛嫌いするほどでもない様子がうかがえる。さらに「薄毛・ハゲの男性と結婚できる?」との問いには60%以上の人がハゲの男性と結婚できると答えていた。

次に「金持ちのハゲ」と「貧乏なイケメン」で結婚するなら──との質問には、約8割の女性が「貧乏なイケメン」より「金持ちのハゲ」を結婚相手に選んだ多くの女性にとって結婚相手選びで大切なのは、ルックスよりも経済力であることがわかる。

出典:OVO

スポンサーリンク

市販の薬を使用していない

産経ニュースなどによれば、その日の行動と飲ませた睡眠薬について言及がされてあります。

その後、4人はタクシーで金古容疑者の自宅マンションへ移動したが、防犯カメラの画像などによると、このときすでに女性2人は自力で歩けない状態だったとみられている。

途中で記憶がなくなるなどしたことから、不安に思った被害者の女性が19日午後に警視庁に相談。検査の結果、体内から睡眠薬の成分が検出された。薬物は市販されていないといい、同課は入手経路を調べている。

出典:産経ニュース

つまり、医者として立場の利用しており、市販されていな薬を処方しては女性に投与するという最低の行為をしているのです。

市販の睡眠薬ですと、効果はあるもののそこまで強力ではなかったりして酩酊させるのには不十分と考えた結果、実際に不眠症患者に処方する強い睡眠薬を処方した可能性もあります。

処方箋のハルシオンという睡眠薬は、不眠症ではない一般の方が半錠飲めばすぐに眠りにつくと言われており、それが1錠でさらにアルコールと一緒となれば記憶がなくなる事は明白であります。

スポンサーリンク

準強制性交罪とは

そもそも強制性交罪とは、刑法177条から180条に定められる性犯罪の中で最も重い犯罪とされるもので、準強制性交罪と強制性交罪が存在します。

準強制わいせつ罪は,人の心神喪失・抗拒不能に乗じるか,心神喪失・抗拒不能にさせて,わいせつな行為をするという罪ですので、”準”がつくからといって罪が軽くなることは決してありません。

「心神喪失」とは,意識喪失(睡眠・泥酔など)や、高度の精神障害などによって性的行為につき正常な判断ができない状態にあることをいいますので、この高木容疑者の場合は、泥酔した女性を無理やり性交していますので、準強制性交罪が適用されるのです。

準強制わいせつという犯罪もありますが、わいせつな行為とは性行為を含まず、体などを触る行為であるとされていますので、性犯罪の中で最も重いとされているのがこの準強制性交罪なのです。

お酒を飲ませて抗拒不能に陥らせたのはわざとであり、そこから心神喪失させて性的暴行を加えるというのは、最低の行為でありますし、しっかりと処罰されてしかるべきでしょう。

この犯罪に関しては、厳罰化を望む声も多くあり、女性が性犯罪の被害に遭わなくなるためにも、厳罰化や規制などをかけていく必要があるのかなと考えられます。

スポンサーリンク

医師免許も剥奪か?

医師免許を剥奪される可能性もあるのですが、どの様な場合には医師免許は剥奪されるのでしょうか?

以下の様な場合に、医師免許は剥奪されてしまいます。

医師免許剥奪の条件

1.心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合

2.麻薬、大麻またはあへんの中毒者

3.罰金以上の刑に処された者

4.医事に関し犯罪または不正の行為があった者

5.医師としての品位を損するような行為のあった者

医者というのは人の命に関わる職業ですから、医師免許というのは健全でなおかつ品位のある犯罪に手を染めない人にしか与えられません。

今回でいうと3番と5番に該当しますので、まず医師免許は剥奪されるとみて間違いないでしょう。

しかしながら、示談交渉が成立して不起訴処分となった場合などは、もしかすれば医師免許は剥奪されずに、またのうのうと暮らす可能性も十分に考えられますので、性犯罪者の示談交渉による不起訴というしっかりと厳罰化しなければならないと思われます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2019/01/10/soumakazuhito/

 

https://brandnew-s.com/2018/12/14/nakanokeimei/

 

 
error: You never click here!!