中茎竜二と石田礼門の2人の関係性と400万借金の理由!カンボジアを狙った真相も

国内NEWS

出典:https://www.fnn.jp/posts/00438570HDK

スポンサーリンク

容疑者の企みが明らかになってきました。

石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者はカンボジアをタクシーで移動中に運転手の男性をナイフで刺して殺害した疑いが持たれています。

容疑者2人は車を盗んで別の犯罪に利用する計画があったと伝えられています。

石田礼門容疑者はイケメンとの噂もありますが、何が容疑者を殺人に駆り立てたのでしょうか。

その真相を追求しました。

運転手刺殺で邦人2人逮捕

事件についてANNほか、各メディアが以下のように報道しています。

 カンボジアでタクシー運転手を殺害したとして、石田礼門容疑者(23)と中茎竜二容疑者(23)が逮捕された。世界遺産『アンコールワット』の近くの町で、タクシーで移動中に運転手の男性をナイフで刺して殺害した疑いが持たれている。石田容疑者らは、そのままタクシーを奪って約300メートル走ったところで事故を起こし、逮捕された。2人には、車を盗んで別の犯罪に利用する計画があったと伝えられている。

出典:テレ朝NEWS


スポンサーリンク

元自衛官の犯人

殺人の疑いで逮捕されたのは石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者の2人。

改めて両容疑者のプロフィールを見てみましょう。

出典:https://www.fnn.jp/posts/00438570HDK

名前:中茎竜二(なかくき りゅうじ)

年齢:23歳

職業:不詳

出身:福島県

出典:https://www.fnn.jp/posts/00438570HDK

名前:石田礼門(いしだ れいもん)

年齢:23歳

職業:不詳

出身:千葉県

さらに石田容疑者は元自衛官と報道されていました。

地元メディアによると強盗殺人の容疑で逮捕されたのは千葉県出身の石田礼門容疑者、元陸上自衛官。

出典:FNNPRIME

石田容疑者の出身地だと思われる千葉県富里市が発行している「広報とみさと」には自衛隊に入隊する石田容疑者を紹介している記事が掲載されていました。

日本国民の安全と信頼を守る自衛官だった石田容疑者。なぜカンボジアで殺人を働いたのでしょうか。

スポンサーリンク

借金返済目的?

石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者がカンボジアでタクシー運転手を殺害した動機は”車の調達”だったようです。

現地警察によると「金が欲しかった」と供述している両容疑者。石田容疑者、中茎容疑者には400万円の借金があったそうで盗んだ車で他の犯罪を起こそうとしていたことが明らかになりました。

なぜカンボジアで…

腑に落ちないのはなぜカンボジアで借金返済の資金を集めようと思ったか、ということです。

石田容疑者、中茎容疑者はアメリカドルを狙っていたことは判明しています。

ではカンボジアでアメリカドルはどのように扱われているのでしょうか。

カンボジアは通貨単位を「リエル」と定めていますが、主に使用されている通貨はアメリカドルです。

東南アジアではカンボジアの他に、ベトナム、ミャンマー、ラオスですがアメリカドルに使用の重点を置いているのはカンボジアだけで、これにはリエルのレートが不安定ということとリエルの価値が低いことが関係しています。

さらにカンボジアの警察機関は先進国と比較して組織的に発達していなく、アメリカドルを使用しているかつ犯罪を起こしても逃げ切ることのできる国として石田容疑者、中茎容疑者はカンボジアを選んだと考えられます。

スポンサーリンク

借金した理由は?

投資に失敗?

では石田礼門容疑者と中茎竜二容疑者はなぜ23歳という年齢で400万円の借金を背負ったのでしょうか。

確かに23歳のあたりの年齢ですと大学の奨学金で400万円ほどの学生ローンを組んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

しかし石田容疑者、中茎容疑者は大学を進学してはいないと見られますので学生ローンという可能性はまず考えられません。

そこで注目したいのが”アメリカドルを狙った”という行動です。

借金を抱えたから強盗を働くという犯罪は珍しくはありません。ただその犯罪のほとんどは日本国内で日本円を強盗しています。

石田容疑者と中茎容疑者が日本円でなくアメリカドルで強盗しなければならなかった理由を考えてみましょう。

まず考えられることはレートの差分で盗んだ金額以上の日本円に換金できるからだということです。

しかしわざわざ海外に足を運んでアメリカドルを手にしても日本で換金した際に疑われてしまうリスクがあり、それを容疑者たちは視野に入れてなかったとは考えられません。

そしてもう一つの可能性としては抱えた借金をアメリカドルで返済しなければならなかったということが挙げられます。

2018年の為替はドル安が進んだ年でした。もしも石田容疑者、中茎容疑者が為替レートの投資を行っていて、昨年のドル安で借金を抱えてしまい失った元手を取り戻そうとした結果アメリカドルを入手しなければならなかったのではないでしょうか。

借金を抱えていたこと、アメリカドルを狙っていたことなど次々と事件の真相が明らかになってはいますが、未だその全容は掴み取れておりません。

続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

石田礼門の顔画像判明で生い立ちがヤバい!カンボジア現地の様子や旅行の理由についても
出典:FNN アンコールワットなどの世界遺産があることで知られている、カンボジアのシエムレアプ付近でタクシー運転手を刺殺したとして、石田礼門(いしだ れいもん)容疑者と中茎竜二(なかくき りゅうじ)容疑者が逮捕されました。...

 

中茎竜二の顔画像あり!物価が安いカンボジアでタクシー強盗殺人の理由がヤバい
出典: 東南アジア・カンボジアで17日、タクシー運転手の男性が首をナイフで切られて殺害される事件がありました。 現地警察によると殺人容疑で逮捕されたのは20代の日本人の中茎竜二(なかくき りゅうじ)容疑者と石田礼門(いしだ ...