石田礼門の顔画像判明で生い立ちがヤバい!カンボジア現地の様子や旅行の理由についても

この記事は4分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

アンコールワットなどの世界遺産があることで知られている、カンボジアのシエムレアプ付近でタクシー運転手を刺殺したとして、石田礼門(いしだ れいもん)容疑者と中茎竜二(なかくき りゅうじ)容疑者が逮捕されました。

今回は、石田礼門容疑者の顔画像や犯行動機などについて迫ってみたいと思います。

日本人2人がタクシー運転手を殺害

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

世界遺産アンコールワットで有名なカンボジア中部シエムレアプで17日、タクシー運転手の男性が首をナイフで切られて殺害される事件があり、現地警察は20代の日本人の男2人を強盗を目的とした殺人容疑で逮捕した。

警察によると、逮捕されたのは中茎竜二容疑者(23)と、石田礼門容疑者(23)。現地報道によると2人は16日、タイ国境にあるカンボジア西部ポイペトから入国し、17日にタクシーに乗車。車内で運転手の男性の首を切った後、シエムレアプの国道で男性を路上に落として300メートルほど走ったところで逮捕された。現地警察に「金が欲しかった」と話しているという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

2人の容疑者について

【中茎竜二容疑者】

こちらが、逮捕された中茎竜二容疑者のプロフィールです。

出典:Twitter

名前:中茎竜二(なかくき りゅうじ)

年齢:23歳

職業:不詳

在住:不明

【石田礼門容疑者】

こちらが、逮捕された石田礼門容疑者のプロフィールです。

出典:Twitter

名前:石田礼門(いしだ れいもん)

年齢:23歳

職業:不詳

在住:不明

2人の容疑者は、17日夕方、カンボジア北西部のシエムレアプ郊外で、地元の40歳のタクシー運転手を殺害した疑いで逮捕された人物です。

スポンサーリンク

犯行動機について

では、2人の容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現地警察の調べに対して「金が欲しかった」などと容疑を認める供述をしているということです。

お金が欲しいがためにタクシー運転手を襲うようなことをするでしょうか?

そもそも、なぜカンボジアにいたのかもわかりませんし、カンボジアは日本に比べてものすごい物価が安い為に、お金目的であっても襲う理由にならないでしょう。

そうなれば、お金以外にも何かトラブルがあったのではないでしょうか?

現地の言葉が分かるのであれば、ぼったくりなどの線も考えられますが、カンボジア語を流暢に扱うことができる日本人はまずそこまでいないと思われますので、ぼったくりなどの線は極めて低いと思われます。

刃物を持っていたということで、最初から脅すつもりだったのかもしれませんし、人を殺害したいだけというサイコパス的な人格であった可能性も十分に考えられるでしょう。

スポンサーリンク

物価が安い

カンボジアという国は、カンボジアリエルという通過を使用しており、2019年3月18日時点で1リエルあたり0.028円という驚愕の安さを誇っております。

こうした物価が安い国でありますので、日本円をそこそ持っておけばお金に困ることはありませんので、なおさら金のために犯行に及んだという点が不可解となってきます。

しかしながら、カンボジアは観光産業も盛んであるため、海外からの旅行者が集まる観光エリアや都市部などにおいては、現地人と観光客との価格に明確な差があり、レストランやカフェでの飲食代は日本で食べるのと同じであるかもしくは、高くなってしまうこともあるそうです。

この容疑者2人は、タイとの国境に近い町からタクシーで移動している最中に犯行に及んでおりますから、プノンペンやシエムレアプといって観光地ではありませんので、莫大なお金がかかったというわけでも無さそうです。

スポンサーリンク

事件現場がヤバい

今回の事件は、シエムレアプという世界遺産のアンコールワットなどがある都市の郊外にて発生しておりますが、その事件現場となったタクシーの写真が現地メディアによって公開されており、それがあまりにもショッキングな画像であるということです。

事件現場のタクシーの写真(※非常にショッキングな写真のため、閲覧は自己責任でお願いします。)

かなり大量の血が車についているのが分かりますし、相当な出血量でったということも見受けられます。

また、即死だった可能性もあるということですが、車は電信柱にぶつかって大破しており、それがなければ走り続けてさらなる被害を生んでいたのかもしれません。

スポンサーリンク

生い立ちについて

では、石田礼門容疑者の生い立ちは一体どの様なものなのでしょうか?

Twitterなどの情報によれば、自衛隊に加入をしていた可能性があるということです。

また、パスポートなどの写真から千葉県に本籍地があるのは明確となっておりますし、この広報誌も千葉県富里市のものでありますから、もしかすれば富里市に生まれ育ってそこで、地元の自衛隊に勤務していたという可能性も十分に考えられるでしょう。

1995年生まれということで、2019年には24歳となる年男であるのですが、パスポート取得は2016年であり、20歳前後であります。

基本的に自衛隊というのは海外派遣などの公務の際にはパスポートの所有などは必要なく、IDカードがパスポート代わりになりますから、わざわざパスポートを取得する人はいません。

プラベートで海外などに行く場合には、石田容疑者らの様に一般旅券を発行するのですが、20歳前後の若者が海外に行けるなおdのまとまった休みを取得することは困難であると考えられますので、おそらくですが18歳で入隊してから2年余りで除隊し、アルバイトなどで生計を立てながら、いつでも海外に行ける様にパスポートだけは取得したのでしょう。

そうして、今回やっと海外旅行をしたと思ったのですが、この様な悲惨な事件を引き起こしてしまったのです。

何れにしても、海外で日本の恥となる様な行為をしてしまっただけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2019/03/19/ishida-nakakuki-tr001/

 

https://brandnew-s.com/2019/03/18/kanbojia-tr001/

 

https://brandnew-s.com/2018/12/18/setagayaikka-ja/

 
error: You never click here!!