破産者マップが見れない場合と見方がこちら!削除の真相やAPI切れで地図が読めない?

この記事は5分で読めます

スポンサーリンク

 

官報に掲載された破産者を地図上に可視化するサイトである「破産者マップ」というサイトが開設され、大きな波紋が広がっております。

今回は、この破産者マップが見れない場合や、削除されたURL、見方について迫ってみたいと思います。

破産者マップで集団訴訟も検討

J Castニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

自己破産者をマップ上で一覧化したサイト「破産者マップ」が、SNS上で物議を呼んでいる。

 個人情報保護の観点から批判が相次ぎ、弁護士は「プライバシー権侵害として、損害賠償の対象となる可能性は十分にある」と指摘する。

「破産者マップ」は官報に掲載された情報をもとに、過去に破産した人物の住所をグーグルマップ上で一覧化するサイトだ。地図のピンをクリックすると、名前、住所、官報公開日などが確認できる。

 インターネット版の官報は直近30日分が無料公開され、それ以前は有料で閲覧できる。規約では「(ネット版は)官報を基に国立印刷局が編集・作成したものであり、その範囲内において著作権が発生する余地があると考えられます」とある。

 同サイトの運営者を名乗るツイッターアカウントによれば、マップの情報は紙版から得ている。サイト運営は複数人が関わり、1時間あたり230万アクセスを記録した日もあったという。

 削除要請にも応じているが、対象者の氏名、生年月日、住所、電話番号、破産理由、破産後の生活などを伝えるほか、本人確認書類の提出も義務づける。先のアカウントの2019年3月18日の投稿では、これまで800人の削除要請に応じたと明かす。

サイトをめぐっては、SNS上でプライバシーの観点から批判が噴出。集団訴訟募集サイト「enjin」では、掲載されたとみられる68人(18日夕時点)が参加し、サイトの削除や損害賠償などを求めて訴訟の準備を進めている。

 enjinの公式ツイッターでは、「Twitter上にて『破産者マップの削除依頼を代行する』として個人情報などの提出を求めるアカウントが確認されています。破産者マップ作成者同様、素性のわからない相手に個人情報を渡すのは危険ですので控えるようにしてください」と、”二次被害”の可能性にも触れている。

 アディーレ法律事務所の秦和昌弁護士は18日、J-CASTニュースの取材に、「特定の者の知られたくない情報をみだりに検索容易な状態に置いたことは、プライバシー権侵害として、損害賠償の対象となる可能性は十分にある」と指摘する。

 秦弁護士は、破産情報は貸金業にとって重要な情報のため、ネットで簡単に検索できるのは良い面もあるとしつつ、こう話す。

  「このような貸金業を営む者は、特定の個人の経済状態を知りたい場合には、官報検索で破産または再生をしたか否かを知ることはでき、これを地図上で一見して見られるようにする意味は乏しい。あえて言えば、『自宅の近所に破産などをした者がいないかなあ』という興味本位に応えるという意味以外には、『破産者マップ』には、意味がないと私は考えています」

出典:JCast ニュース

スポンサーリンク

破産者マップとは?

では、破産者マップとは一体どの様なサイトなのでしょうか?

こちらがその詳細です。

名称:破産者マップ

URL:http://www.hasanmap.tokyo/(※現在はForbiddenのエラーが出ているためアクセス不可)

出典:Twitter

破産者マップとは、 Google マップ上に「官報」へ掲載された破産者を可視化(マップ化)したサイトのことであり、サービス開始から瞬く間にアクセスが集中してしまってサーバーダウンしてしまったサイトとして知られております。

サイトの構造は至ってシンプルであり、大きくGoogleマップが掲載されており、赤い点で破産者がいることを知らせてくれる利用する人によっては便利とも捉えられるサービスと言えるでしょう。

また、似た様なサイトに「大島てる」というものがあり、こちらは賃貸物件においていわゆる”事故物件”かどうかを可視化できるサービスで、こちらは物件を借りる際に多くのユーザーが利用していることからも重宝されている一方で、大家さんやオーナーさんからはここに掲載されることにより入居者が少なくなるのではないかという懸念の声もあがっております。

「大島てる」の場合には利害関係が一致しているほか、入居者は不動産屋さに問い合わせることによっても知り得る情報であることから、こちらはそこまで問題視されておりません。

そして、破産者マップが情報源としている官報とは、政府が一般国民に知らせる事項を編集して、毎日刊行する国家の公告文書のことを指しており、破産手続きなどが開始された際には、「手続きをした裁判所」、「手続きをした日時」、「破産者の名前」、「破産者の住所」などが晒されることになります。

スポンサーリンク

エラーメッセージの意味は?

2019年3月18日19:40分現在、http://www.hasanmap.tokyo/にはアクセスすることが出来ず、URLを入力するとForbiddenのエラーメッセージが返ってきます。

Forbiddenとは403エラーの一種であり、以下の様な場合に現れるエラーメッセージです。

  1. ドメインの設定(DNS設定)が不適切な場合
  2. .htaccessの設定が不適切な場合
  3. WAFの設定が不適切な場合
  4. パーミッション(権限・属性)の設定が不適切な場合
  5. 一時的にアクセスが増え、サーバー側で制限をかけている場合
  6. レンタルサーバー自体の障害やメンテナンスしている場合

サイトを運営したりしたことがない人にとっては、全ての項目において何のことか分からないと思いますが、いずれもサーバーによるトラブルが原因であるのです。

ウェブサイトを閲覧する際には、サーバーと呼ばれるインターネットを通じてサービスを提供するコンピューターに瞬時にアクセスされ、ユーザーへ情報を提供しているのですが、インターネットに接続をするということは、全てこのサーバーを介して行われます。

例えば、企業のHPを見たり、楽天やAmazonなどの通販サイトで買い物をしたり、LINEやFacebook、InstagramにTwitterなどのSNS、メールを送信、スマホゲームなどありとあらゆ”通信”に関して、いずれもサーバーがサービスを提供してくれるおかげで、アクセスすることが可能になります。

基本的な仕組みとしては、ユーザーからの情報を受け取ったサーバーがサイトを表示するためのデータ(HTML、CSS、JavaScript、画像など)をブラウザに返すことが主なもので、このデータをブラウザが処理して、ウェブサイトを表示させてくれるのです。

しかし、1つのサーバーに、無数のアクセスが集中した場合には、サーバーの負荷がかかってしまい、サーバーが機能することが難しくなってしまいます。

JCastによれば、1時間あたり230万アクセスがあったということですのが、これがどれほどのものか説明しましょう。

日本でもトップクラスのアクセス数を誇るYahoo! JAPANのトップページは1ヶ月でおよそ1億ものアクセスがあるということで、1日に換算すると330万アクセスということになります。

つまり、破産者マップは多い時で1時間でYahoo! JAPANの1日分のアクセスを稼いだということになるのです。

Yahoo! JAPANやGoogleなどIT大手であれば、これほどのアクセスの負荷に耐え得るサーバーを所持しているのですが、個人での運営となればレンタルサーバーを使用していると思いますので、このアクセスに耐えられなかったためにサーバーがダウンしたとみて間違いないでしょう。

スポンサーリンク

見れない場合には?

見れない場合にはどの様にすればいいのでしょうか?

WEB魚拓サービに破産者マップがキャッシュ保存されておりましたので、そちらのURLを掲載しておきます。

https://megalodon.jp/2019-0318-0140-10/www.hasanmap.tokyo/

キャッシュを確認したところウェブ広告も掲載されており、とあるDSP業者から配信されておりますので、広告関係による収入も視野に入れていた可能性もあります。

上記のURLのリンクや地図などは閲覧可能ではありますが、タップしたりクリックしたりは出来ませんので、一応見れますがこのURL内で操作は出来ません。

スポンサーリンク

Google Map APIが関係している?

破産者マップのURLが削除された可能性は低く、そもそもサーバー負荷によってダウンしているとすればアクセスできないことは納得できるのですが、マップが表示されないというエラーはおそらくGoogleのAPIが関係していると思います。

GoogleAPIとは?

「Google Maps API」とは、Google社が提供している高機能で世界中の地図データを扱っているGoogleマップを、さまざまなサービスで利用できるようにしたものです。AndroidやiOS向けアプリやWebサービスにGoogleマップを使用することができます。

「Google Maps API」は単に地図を載せるだけではなく、目的の場所や建物にマーカーを配置したり、さまざまなデータをインポートしてGoogleマップ上でデータを可視化するなど、高度で多彩な使い方も可能となります。

出典:Googleマップ使ってみよう

GoogleMAPは無料で埋め込みなどが出来るのですが、それであればリアルタイムで赤いピンのの表示などを反映出来ませんし、可視化することも不可能です。

そのためAPIという機能を使用するのですが、無料表示回数は1日25,000 回までと定められており、それ以上表示したい場合には課金をしなければなりません。

今回表示されていない現象は無料のAPIを使用してしまったために表示回数に限界が訪れたために、表示出来なくなってしまったのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2019/03/18/hasansyamap/

 

 
error: You never click here!!