秋田市雄和種沢の乳児遺棄事件の犯人の情報がこちら!名前や顔画像、現在の居場所についても

国内NEWS

出典:https://www.sakigake.jp/news/article/20190317AK0027/

スポンサーリンク

奇妙な事件です。

秋田県秋田市の民家の作業小屋から生まれて間もない乳児とみられる骨が見つかりました。

警察が詳しく調べると他に2体分、合わせて3体分の乳児の骨が見つかりました。

誰が骨を遺棄したのか。そしてどんな目的があったのか。現場や発見された住宅に住む家族の関係から考察したいと思います。

作業小屋に乳児の3遺体

この事件について朝日新聞ほか、各メディアは以下のように報道しています。

秋田県警は17日、秋田市雄和種沢(ゆうわたねざわ)の作業小屋から乳児の遺体3体が見つかったと発表した。いずれもほとんど白骨化しており、死後数年たっているとみられるという。県警が、死体遺棄事件として調べている。

秋田東署によると、16日午後2時40分ごろ、作業小屋の持ち主の70代男性から「赤ちゃんのような死体を発見した」と通報があった。県警が確認したところ、作業小屋の2階の物置部屋にあった段ボール箱などに、遺体が計3体入っていた。持ち主の40代の長男が、小屋を掃除中に見つけたという。

県警が17日に司法解剖した結果、乳児の骨と確認された。性別は不明で、布のようなものにくるまれていた遺体もあったという。

現場はJR秋田駅から約17キロ、秋田空港からは約4キロ南で、田園地帯の一角にある。

出典:朝日新聞


スポンサーリンク

現場は…

乳児の骨が発見された現場は秋田県秋田市にある雄和種沢という地域でした。

秋田市街地から南に4kmほど、近くには秋田自動車も走っていますが、山と田畑に囲まれている長閑な地域だということがわかります。

平成27年度の人口は112世帯326人と人口密度をあまり高くないことが数字から明らかになっています。

さらに遺体が発見された場所付近を見てみると目の前を県道が走っているなど雄和種沢の中でも特に住宅が密集してはいない場所でした。

では誰が民家に死体を遺棄していったのでしょうか。

スポンサーリンク

一体誰が?

家族という説

現在DNA鑑定を受けるなど疑惑の目を向けられているのは乳児の骨が発見された作業小屋を持つ70代男性の家族です。

遺体の第一発見者となった男性は同じ敷地内の住居に40代長男、40代長女とその娘の4人で生活をしています。

また40代長男には妻がいたようですが昨年に亡くなったようです。

この家族が乳児の遺体を遺棄する理由はあるのでしょうか。

家族構成から推測できる可能性としては乳児の遺体は長男夫婦の子どもであったということです。

長女と違って長男が子どもと共に生活をしていない点から長男夫婦には子どもがいなかったと考えられますが、もしかしたら亡くなった妻が妊娠していて早産か何かしらの原因で乳児が死亡し、その遺体の扱いに困って自宅敷地内にある作業小屋へ遺棄したのかもしれません。

しかしこの推測は妻が同時期に3人も妊娠、そしてそれを同居する家族にわからないようにしていなければ成り立たないと思われます。

そのため家族が遺棄したという可能性はないと考えられます。

 

近隣住民という説

家族でなければ家族以外が犯人となりますが、どのような人物が考えられるでしょうか。

遺体の発見された作業小屋は県道に面しているためたまたま通りすがった人物が作業小屋へ侵入し遺棄していった可能性もあります。

しかし遺棄を考えている人間が入口に鍵がかかっているかもしれない民家の小屋へ侵入を試みるでしょうか。

もし鍵がかかっており侵入に手間取るのであれば近隣住民にその姿を目撃されるというリスクを冒すことになりかねません。そのことから通りすがりの見知らぬ人物による犯行は考えにくいと思われます。

そうなると小屋の鍵が開くタイミングを知っている、長時間現場をうろついても怪しまれない近隣住民の可能性が高くなります。

 

目的は?

遺体を遺棄した犯人が近隣住民だとすると何が目的だったのでしょうか。

考えられるのは家族の説でもあったものと同じく望まずに子どもを生んでしまった、早産してしまった子どもが死亡して遺体が見つかっても犯人が判明しにくい場所に作業小屋を選んだという理由です。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで秋田市の民家から乳児の骨が発見された事件についてまとめてきました。

先日、東京都足立区の家屋から多数の人骨が見つかるという報道がありました。しかし足立区の場合は標本のために海外から人骨を収集そいており事件性というものはありませんでした。

この秋田市の場合ももしかしたら何十年も前に亡くなった子どもの骨という可能性もありますがそれにしてもあまりにも奇妙な事件だということは間違いありません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

浴槽に乳児放置の犯人両親が実名報道されない理由がヤバい!書類送検の真相も
出典:NHK 埼玉県戸田市で一昨年、生後11カ月の娘を自宅の浴槽に放置して死なせたとして、埼玉県警は、父親(33)と母親(36)を書類送検しました。 今回は、この両親の名前や顔画像と、なぜ書類送検なのかということにつ...