浦沢直樹の現在の娘の画像が可愛い!不倫相手は文春記者で嫁(妻)についても

この記事は7分で読めます

出典:HUFF POST

スポンサーリンク

映画・漫画共に大ヒットとなった「20世紀少年」などの作者、浦沢直樹さん。

1980年代にご結婚され、娘さんもいらっしゃいますが大手出版社勤務の既婚女性とのW不倫を2016年10月に報じられています。

この記事では浦沢直樹さんの妻や娘のこと、また2016年10月にW不倫と報じられた女性についてまとめています。

浦沢直樹のプロフィール

出典:http://liffe-plus50.com/

名前:浦沢直樹(うらさわなおき)

出身地:東京都府中市

生年月日:1960年1月2日

出身高校:東京都立富士森高等学校

最終学歴:明星大学人文学部経済学科卒業

「YAWARA」、「MONSTER」、「20世紀少年」、「PLUTO」これらの漫画を読んだことのある方も多いと思います。浦沢直樹さんはこれらヒット作品の作者です。特に「20世紀少年」はご自身が脚本を担当し映画化されています。

1983年に漫画家としてデビュー。「小学館漫画賞」3回、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」3回、「手塚治虫文化賞マンガ大賞」2回(同賞に同一人物が2回選ばれたのは彼のみ)など国内だけにとどまらず、海外でもあらゆる賞を受賞しています。

出典:http://pbs.twimg.com/

全く姿を見せない方もいる漫画家の中で浦沢直樹さんは、比較的テレビ出演等をされています。

浦沢直樹さんは1960年代〜1970年代の音楽ファンとしても有名です。2015年8月の朝のトーク番組「ボクらの時代」では小室哲哉さん・秋元康さんらとともに出演。小室哲哉さんとは2015年11月・12月のNHKの音楽トーク番組「ミュージック・ポートレイト」でも共演しており、この共演に浦沢直樹さんも感動したのではないのでしょうか。

InterFM897の公式サイトによれば、2016年5月の「ビートルズ来日50周年記念」に対して浦沢直樹さんのビートルズ書き下ろしが披露されております。

スポンサーリンク

浦沢直樹の結婚した妻や娘について

出典:http://nekonekonoheya.com/

浦沢直樹さんの奥さんについては、顔や名前が非公開となっておりますが、デビュー前からの知り合いだったそうで「YAWARA」(1986〜1993年)のスタート前後で結婚したとテレビでお話しされていた様です。

『20世紀少年』『MONSTER』などで知られる人気マンガ家・浦沢直樹氏が、柔道をテーマにしたマンガ『YAWARA!』を描こうと思ったのは「結婚したからだ」とあるテレビ番組で語っていました。

 

それまでは、自分の好きなマニアックな作品ばかりを描こうとしていた浦沢氏。結婚したことでお金を稼ぐこと、売れるマンガを描くことへの意識が強くなり、それまでとは違う路線に挑戦してみる気持ちになったのだとか。

出典:婚活情報メディア

人生の中で妻との結婚は自身にとって、大きな影響を気持ちと作品に及ぼしたことが伝わってきます。

娘・浦沢凛花がかわいい!

出典:excite ニュース

出典:NAVERまとめ

出典:ついっぷる

浦沢直樹さんには娘が一人おり浦沢凛花(りんか)さんといいます。2019年現在は19歳で成城学園大学のマスコミ学科に通いながら、将来はアナウンサー志望とのことです。

3月7日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、漫画家・浦沢直樹の娘である浦沢凛花さんが登場し、話題を呼んでいる。

 

その中で、幼稚園から成城学園に15年通っているという女性にインタビューすると、父親が「20世紀少年」「YAWARA」などで知られる、人気漫画家の浦沢直樹であることが判明する。

 

浦沢凛花さん(19歳)によると、自宅は都内の大豪邸で、父の仕事場を含めると4階建て、トイレは家に5個あるとのこと。 将来の進路についてはまだ詳しく決めていないものの、マスコミ学科に在籍し、放送部にいることから、アナウンサーなども視野に入れていると語った。

出典:ログ速

2017年にはAbemaTV『渡辺直美の女子高生オーディション』という女子高生ボーカリストを発掘する番組に出演されていましたが惜しくもファイナリストには選ばれませんでした。しかし人気漫画家の娘と公表したことで、アナウンサー志望ということを考えても、今後メディア露出も増えていくかもしれません。

スポンサーリンク

作品に欠かせない存在

出典:http://wokyu.com/

浦沢直樹さんは多くのヒット作を生み出してきた人気漫画家ですが、家族の存在は必要不可欠です。特に妻については作品に対して手厳しい意見をされることもあると2014年のインタビュー時に話されています。

浦沢「妻はよくチェックしてますよ。絵が荒れたり、描いてるうちに細かくなりすぎちゃったりすると、『最近、絵が変だよ』『顔の線が多すぎ』とダメ出しが……(笑)。もうね、担当編集者は僕に言ってくれないんですよ。でも、妻は『もっとシンプルに』『今週号のあのコマ、変な顔』って(笑)」

浦沢「自分でも薄々わかっていたことを指摘されるんですよ。『うわっ、バレたか!』って感じなんです。妻に『やっぱりわかっちゃったかー』って言うときもあります(笑)」

出典:女性自身

娘から教えてもらった若い子の間での流行を取り入れたりと、浦沢直樹作品に生かされているようです。

浦沢「全然ないですね。今は娘に読まれていないほうが気持ち的にはラクかな。娘がオススメの漫画を紹介してくれると、今の中学3年生の女子が何を面白がっているか、何がはやっているかがわかる。ありがたいことですよね。リアルな生の情報ですから、作品にも生かされますしね」

出典:女性自身

意見を伝えてくれる妻・流行を教えてくれる娘は作品としてのクオリティが高めるのに必要な存在であると同時に、非常に家族思いな男性としても有名でした。

浦沢は、デビュー前からの付き合いである妻に対して、「マンガより家庭」と断言するほどの愛妻家ぶりが知られており、仕事中でも食事などの時間になれば中断して家族と過ごす家庭内ルールがあるほどだ。スマホも持たない機械オンチだったところ、娘の助言でTwitterを始めるなど、家庭あってこそのヒットメーカーというイメージが強い

出典:exciteニュース

スポンサーリンク

不倫相手報道まとめ!

大手出版社に勤務する50代前半の既婚女性との不倫を2016年10月に週刊女性で報じられました。

時間差でホテルに入る程の警戒ぶりだったそうです。

 

出典:http://www.officiallyjd.com/

浦沢直樹さんと不倫相手が1分差でホテルに入る様子

出典:http://www.officiallyjd.com/

別日に週刊女性が直撃取材を行った際に2人共にに交際関係を否定しており、ホテルに入った写真を証拠に問い詰めても別人であると反論をしております。

─ホテルに入るような関係は一切ない?

Aさん「関係はないです。先生と行ったことは、ね」

浦沢「ないですよ」

 

─写真があっても、一緒ではなかったと?

浦沢「一緒ではないですね」

 

ホテルに行ったことは否定できなくなっても、Aさんとではないと強調する。

浦沢「ただ、こういうふうにして、根も葉もないところでも(記者が)いらっしゃるのだなぁと。(漫画の)取材にはなりましたけどね。僕の取材になったってことですよ、ドラマ作りの」

 

─では、写真の人物は別人なんですね?

Aさん「それはとてもプライベートなことなので。申し訳ないですけど」

出典:週刊女性PRIME

不倫相手は文春社員?

出典:http://jprime.ismcdn.jp/

不倫相手の女性は大手出版社勤務の既婚者だと週刊女性が報じており夫も同じ会社に勤めているのではないかと言われています。

「その女性は、大手出版社に勤務する50代前半のAさん。数年前、雑誌の企画を通じて、浦沢先生と接点ができたそうです。今は編集からは離れていますが、仕事のできる人ですから、漫画家や作家との付き合いは続いているようですね」

 

「同じ会社に旦那さんがいます。お子さんはいないそうですね。旦那さんは彼女より年下ですが、仕事ぶりは高く評価されているようですよ」

出典:週刊女性PRIME

週刊女性の直撃取材に対し「自分の会社もそうなので…」と自身の勤め先も週刊誌も取り扱っている出版社であることが分かります。

週刊女性の直撃取材に対しては「自分の会社もそうなので…」と理解を示しているように、週刊誌も取り扱っている出版社であることが判明しています。

出典:週刊女性PRIME

浦沢直樹さんと関係があり週刊誌も扱う出版社ということで、彼が2016年まで連載していた「BILLY BAT」を扱っていた講談社(フライデー・週刊現代)などが候補に挙がっていましたが、浦沢直樹さんの浮気相手は、週刊文春・CREAなどを発行する「文芸春秋」に勤務していると言われています。

この女性、なんと“文春砲”を擁する文藝春秋の社員だったのである。しかも、現在は広告関係のセクションで働いているが、かつては「週刊文春」にも所属していたという。「写真を見てすぐにわかりました。Aさんは編集者としてもすごく優秀で、『CREA』で長く編集者をつとめていましたし、一時は『週刊文春』で連載班のデスクをしていたこともある。たしか当時は、村山由佳さんの不倫小説『ダブル・ファンタジー』を担当していたんじゃないですかね。旦那さんも月刊『文藝春秋』のナンバー2として知られ、“将来の『週刊文春』編集長”の呼び声も高い人物です」

出典:LITERA

 

次の文春編集長として高い旦那さんがいながらも、自身も非常に優秀な女性であることが伺えます。

それにも関わらず、人気漫画家と不倫出来るほどということで、ものすごく魅力的な女性なのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応は微妙

不倫は世間ではもちろんネット上では強くバッシングされることが大半です。2016年はアーティストや芸能人、歌舞伎役者、落語家など特に多くの不倫報道がありましたが、浦沢直樹さんのW不倫についての反応は意外と穏やかでした。

その理由とは一体なんだったのでしょうか。

理由の一つとして相手が50代女性ということが挙げられるようです。

ベッキー、乙武、ファンキー加藤の不倫は大騒ぎされたのに、浦沢直樹のW不倫が叩かれないのは、相手の女性が50代だからだよ。既婚者のおっさんが若い女性と不倫したら他の男は嫉妬心が燃え上がって攻撃的になるけど、50代女性と不倫と聞いたら仏のような穏やかな気持ちになるものなんだよ。

出典:説教おじさん (@partyhike)

 

出典:https://i.ytimg.com/

炎上している藤島康介・御伽ねこむ夫妻

藤島・ねこむ夫婦は年の差以外にも色々騒動がありましたが、彼らの炎上ぶりと浦沢直樹さんのW不倫報道の反応を比べるといかに反応が穏やかだったかが分かります。世間やネットの反応を見ると年齢によっても「若さ」が注目されがちな部分があることが分かります。年齢を重ねても魅力的な人はたくさんいますが、どうしても目立ってしまうのかもしれません。

しかし不倫自体がいけないことは一緒です。

スポンサーリンク

どうでもいい?

テレビも新聞も後追いだけで、スキャンダルは基本週刊誌しか報じないんだから、出版社にとって不利益なスキャンダルは世に出ないに決まっている。出版社の共有財産である作家は不利益の典型。浦沢直樹は氷山の一角だろう。ただ正直作家の不倫にカケラも興味ない。

出典:育ち (@sodatiii)2016年10月12日

 

53: 2016/10/10(月) 19:16:09.54 ID:anl2ghcv0
不倫はもちろんよくないが、思った以上にどうでもいいと思えるのはどうしてだろう
この気持ちを分析したい

クリエイティブという枠組みであればアーティストも同じ立ち位置ですが、やはりテレビなどのメディアへの露出度の高さや歌うことによって、より身近な存在と感じる人が多いようでゲス川谷・ファンキー加藤等へのバッシングは強いものがおおかった印象があります。

作品が第一に見られる漫画家には、より素晴らしい作品を見せて欲しいという思いがあるのかもしれません。

50代こその批判

不倫相手が同年代の50代だからこそ真剣味が伺えて嫌だと言う声も少なくありません。

38: 2016/10/10(月) 19:14:24.82 ID:0bs/V7aB0
50代ってところが遊びじゃなくて
本気で気持ちありそうで嫁としては嫌だろうね
43: 2016/10/10(月) 19:14:59.13 ID:HrLzheV50
これは浮気でなく本気パターンではないか?
ヤバくない?

世間の評価よりも家庭間の関係性を心配する声もありました。

スポンサーリンク

まとめ

家族思いで有名な浦沢直樹さんは2016年10月にW不倫で世間を騒がせますが、漫画家の作品に興味があり本人の不倫自体に興味が無い人が多く、報道する必要があるのかと言う声も少なくありませんでした。

浦沢直樹さんのW不倫騒動で一番心配なのは今後の作品についてです。

ご紹介してきたように、浦沢直樹さんの作品のクオリティの高さにはご家族からの協力が少なからずあり、「家族あってのヒットメーカー」とも言われるほどです。そのため世間で心配されたように今回のW不倫報道で家庭間の関係に悪影響があり、作品に大きな影響を与えるのではないかと心配されていますが、今後も素晴らしい作品を制作してくれることを期待しましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2019/03/15/aoyamagosyou-gz005/

 

https://brandnew-s.com/2019/01/16/oda-ja/

 

https://brandnew-s.com/2018/08/28/sakuramomokoblog/

 

 
error: You never click here!!