下関商業高校で体罰をした教師(60歳剣道部顧問)の情報がこちら!名前や顔画像についても

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

山口県下関市の市立下関商業高校で、剣道部顧問の男性教諭が複数の部員に対し、太鼓のばちや竹刀でたたくなどの体罰を繰り返していたことが明らかとなりました。

今回は、下関商業で体罰をした剣道部顧問の名前や顔画像について迫ってみたいと思います。

下関商業の剣道部で体罰

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

山口県下関市の市立下関商業高で、剣道部の部活中に顧問の男性教諭が太鼓のバチや竹刀などで生徒の尻や頭をたたくなどの体罰を繰り返していたことが、市教育委員会への取材で明らかになった。生徒にけがはなかったが、体罰が確認できたとして学校側は教諭を顧問から外した。

市教委によると、昨年10月に複数の女子部員の訴えで発覚した。学校の調査で、少なくとも2017年4月から部活の指導中にバチや竹刀でたたいたり、長時間、正座をさせたりしていたという。指導時に「バカ」「アホ」といった暴言も頻繁に繰り返していた。

 同年12月に県外に女子部員6人を連れて遠征合宿に行った際は、飲酒して宿泊先の学校の道場に複数の部員を呼び出した。その際、1人の部員の着ていたベンチコートのフードを頭にかぶせようとし、部員が転ぶとその上に倒れ込んだという。

出典:毎日新聞

スポンサーリンク

下関商業について

こちらが、下関商業の詳細です。

名称:下関市立下関商業高等学校

所在地:山口県下関市後田町四丁目

設置学科:商業科、情報処理科

スローガン:一歩前へ!

下関商業高校は創立134年の歴史を誇る伝統的な学校で、神戸、大阪、横浜、名古屋に次いで、日本で5番目の商業学校として知られている学校です。

さらには、中国・四国・九州・沖縄で、最も古い歴史を持つ商業高校でありますので、下関商業は非常に由緒正しい学校であると言えるでしょう。

そして、公式ホームページには以下のような情報が掲載されております。

本校は、「就職も進学も強い 元気下商」を掲げて、就職については、厳しい雇用情勢の中で、地元の金融機関や製造メーカーなどに、100%の内定、進学面でも、国公立大学へ多数の合格者を出すなど、多くの生徒が夢の実現を果たしています。

また、部活動においても、主体的かつ熱心な活動が行われています。野球部の甲子園出場23回、陸上部や英語部の全国大会での活躍、剣道部、簿記部、情報処理部、ワープロ部、美術部、書道部などの多くの部が輝かしい実績をあげています。

出典:下関商業

スポンサーリンク

体罰をした教師は誰?

では、体罰をした教師は一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、男性教諭は長年にわたって同校で剣道部の顧問を務めていたということで、下関商業高校に勤務する60歳の男性教諭であるそうです。

現在のところ、この男性教諭に関しては名前や顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

剣道部について
体育館1階の武道場で練習しています。
歴代の多くの部員が県大会で上位入賞し、毎年中国大会や全国大会に出場しています。
全国大会出場上位入賞を目標に頑張っています。
スポンサーリンク

ポーツ界では波紋が広がっている

昨今、スポーツ界ではパワハラや暴力行為による指導などが多く発覚しており、2018年に起こったもので言えば、レスリング協会、体操協会、ボクシング協会、日本大学アメフト部、アイスホッケー界など、多岐に渡ります。

こうした問題に対して、かねてからスポーツ界の体罰や暴力などに大きく反対しており、その都度正論を語ってきた百獣の王でタレントの武井壮さんがツイッターでの文言をご紹介します。

武井壮さんは正論しか述べておりません。

「昔は体罰が当たり前にあった」などと能書きを垂れている人が多いのも現状ですが、”体罰”という暴力行為でしか生徒や学生などを指導出来ないのは、その指導者の手腕がない事をひけらかしており、自分は無能であるとアピールしているようなものです。

無論、スポーツ界というのは頭を使わず脳みそ筋肉のようなところもありますから、それで良いのかもしれませんが、暴力行為が次々と明らかとなってくる昨今で、今だに体罰などは必要という風潮そのものがおかしな事なのです。

人が人を殴ったり、叩いたりする権利などはないため、絶対にしてはいけないことかもしれませんが、それでも言う事を聞かない場合には時として必要であると考えている事自体も間違っているでしょう。

自分の言葉でもって、説得させしっかりと選手や生徒・学生を納得させるだけの話術や指導力がなければいけませんし、何でもかんでも力(暴力や権力)に身を任せてしまっては、動物と何ら変わらなのです。

スポンサーリンク

セクハラもしていた?

tys山口テレビによれば、この教師はセクハラをしていた可能性すらあるということです。

市教育委員会などによりますと、男性教諭は剣道部の顧問を20数年間務めていて、指導中に太鼓のバチや竹刀で生徒の顔を殴ったほか、「ばか」や「ボケ」と暴言を吐くなどしていました。また、県外での合宿中に酒を飲み、宿泊先の学校で女子生徒に倒れかかった疑いもあるということです。

出典:tys山口テレビ

合宿中に酒を飲むという行為自体、犯罪ではないもののいかがなものかなとも思われますし、さらに女子生徒に下心があったかわかりませんが、倒れかかるという行為はもしかすれば心のどこかで「触りたい」などの気持ちがあったのかもしれません。

こうした行為をしている時点で指導者としての品格はないのですが、体罰に加えてセクハラ飲酒なども発覚すれば懲戒解雇も覚悟しなければならないでしょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

https://brandnew-s.com/2018/12/11/iwakirihiroya/

 

https://brandnew-s.com/2019/01/28/nikadorihideaki/

 

 
error: You never click here!!