日出郎(ピエール瀧の友人)のwiki風プロフ!いだてん打ち切り確定で、コカインの詳細についても

国内NEWS

出典:cinemacafe.net

スポンサーリンク

 

俳優でもあり、音楽テクノユニットの「電気グルーヴ」に所属しているピエール瀧さんが、禁止薬物のコカインを使用したとして大きな話題となっています。

今回は、コカインという薬物と、ピエール瀧さんの親友である日出郎さんなどについて迫ってみたいと思います。

ピエール瀧がコカイン使用で逮捕

スポーツ報知他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

俳優でテクノユニット「電気グルーヴ」メンバーのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が12日、コカイン若干量を使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。尿検査の結果、陽性反応だった。取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めている。現在はNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜・後8時)に出演中。今年はユニット結成30周年で2日から全国ツアーをスタートさせたばかりだった。

 13日午前0時、日付が変わった直後。ピエール瀧容疑者逮捕の衝撃の一報が流れた。

 容疑は12日頃、都内やその周辺でコカイン若干量を摂取した疑い。麻薬取締部によると、任意同行を求めて尿検査を行った結果、陽性反応が検出された。瀧容疑者は取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めている。麻薬取締部は薬物を使用しているとの情報を基に、12日午後、瀧容疑者の自宅や車の家宅捜索を実施。携帯電話を押収しており、通信記録などから入手経路や過去の使用状況などを調べる。

 俳優としては脇役ながら存在感のある演技派として知られた瀧容疑者。現在放送中の「いだてん」では、中村勘九郎(37)演じる日本人初のオリンピック選手となった主人公・金栗四三をサポートする足袋店「播磨屋」の店主を演じている。NHK広報部は今後の放送について「対応を検討している」とコメントした。

 今年結成30周年を迎えた「電気―」では、予測不能のはちゃめちゃなパフォーマンスを持ち味に、日本を代表するテクノユニットとして欧州でも人気を誇る。今月2日からは全国ツアーが開幕。15、16日には東京公演を予定していた。また7月には大型野外フェス「フジロックフェスティバル」の出演も決まっていた。「電気―」でタッグを組み、高校時代からの友人でもある石野卓球(51)はこの日も頻繁にツイッターを更新していたが、事件については触れておらず、夕方には瀧容疑者の写真をツイートしていた。

 俳優としては、13年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でお茶の間にも知られるように。映画では同年の「凶悪」で報知映画賞助演男優賞、日本アカデミー賞優秀助演男優賞などを受賞した。善人から悪役まで、幅広い演技力には定評があった。「凶悪」については「『電気―』の僕を知っている人は『何でこの人に“いい人”の役をやらせるんだろう』と思うようなところで『凶悪』のオファーをくださった」と語っていた。

 今後も映画「居眠り磐音」(5月17日公開)など数多くの作品を控える。同作の配給・松竹は「事実を確認中」、また12年からレギュラー出演するTBSラジオ「たまむすび」について、同局は「情報収集中でコメントできることはありません」とした。各方面への甚大な影響は避けられない。

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

ピエール瀧について

こちらが、逮捕されたピエール瀧こと瀧正則容疑者のプロフィールです。

出典:livedoor

本名:瀧 正則(たき まさのり)

別名:ピエール瀧、畳三郎、ピエール畳、瀧勝など

生年月日:1967年4月8日(※51歳)

出身:静岡県静岡市葵区

学歴:静岡県立静岡東高等学校

所属グループ:電気グルーヴ

職業:ミュージシャン、タレント、俳優、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ

ピエール瀧こと瀧正則容疑者は、静岡県出身の人物であり、小さい頃は野球に打ち込むなど野球少年であったということで、入団テスト会場が甲子園という理由で阪神タイガースの入団テストを受けたこともあるのだと言います。

音楽活動に関しては、知人の知人という間柄だった電気グルーヴの石野卓球さんに「お前の好きな音楽がある」と言われ、ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー」を聞いたことがきっかけとなり、2人で行動を共にするようになり、石野さんが結成する「人生」というバンドに参加して、主要メンバーとして活動を開始します。

1989年「人生」解散してしますのですが、その後は後身バンドである電気グルーヴに参加し、現在に至っております。

電気グルーヴでは最大のヒット曲である「Shangri-la」が有名であり、後世に語り継がれる名曲となっています。

Shangri-laとは理想郷を意味する言葉であり、サルソウル・クラシックの「Spring Rain」という曲を堂々とサンプリングしていることでも知られております。

瀧正則容疑者は、電気グルーヴのメンバーとして活動する傍ら、2000年代頃より俳優としても活動をしていて、第56回ブルーリボン賞では助演男優賞を受賞するなど、2演技の面で高い評価を得ております。

これまで数多くの映画やドラマに出演しており、その演じる役柄が幅広いことからも現場からは重宝されており、NHKの連続テレビドラマ小説「あまちゃん」や「とと姉ちゃん」、さらには2019年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、大塚の足袋屋「播磨屋」の店主の黒坂辛作役を演じるなど今ではドラマや映画作品に欠かせない人物となっています。

ちなみに、現在放送中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」ですが、NHKは対応を協議しているということで、ほぼ確実に打ち切りになってしまうことでしょう。

スポンサーリンク

日出郎が激怒

デイリースポーツによれば、電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則容疑者に対して友人でオネエタレントの日出郎さんがコメントをしているということです。

テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで、俳優のピエール瀧容疑者(51)が12日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。これを受け、13日に放送されたテレビ朝日系「グッド!モーニング」では、瀧容疑者と30年来の友人というタレントの日出郎が電話取材に応じ「何をそこまで追い詰められたのか…」と悲しみの声を上げた。また、報道直後に瀧容疑者とユニットを組む石野卓球にもメールをしたことを明かした。

日出郎は、瀧容疑者とは30年来の友人。今週の金曜日にも瀧容疑者と会う約束をしていたという。「東京で電気グルーブのライブがある予定だったので。『何やってんの!』という感じですよね」と落胆した。

瀧容疑者の人柄についても「テレビのまんま。優しいし、穏やかだし、楽屋に一番最初に来るのも瀧」と真面目で優しい人物だったと説明。「最近はすごく映画やドラマ、頑張ってるじゃないですか。活躍しているのを見て真面目に仕事に取り組んでるなあと思っていた」とも振り返り「一番考えてしまうのは、何をそこまで追い詰められたのか」と考え込んだ。

日出郎は瀧容疑者逮捕の知らせを受け、すぐさま石野へメールを送ったという。「さっき連絡したときに、『卓球、大丈夫?』って。そしたら『何が?』って。知らないのかな。そこから連絡は取れてない」と石野の状況も心配していた。

出典:デイリースポーツ

日出郎さんが、瀧正則容疑者に関して落胆しているという訳ですが、そもそも日出郎さんとは一体どの様な人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

日出郎について

こちらが、日出郎さんのプロフィールです。

出典:SPICE

名前:日出郎

愛称:ヒデリン、ヒデピョン

血液型:B型

生年月日:1964年10月30日

年齢:54歳(※2019年3月現在)

出身:京都府舞鶴市

職業:ダンサー、歌手、タレント、声優、俳優、ドラァグクイーン

所属事務所:有限会社オンリーユー

日出郎さんは、1990年代バブル景気時代を代表するおねぇタレントであり、現在は、新宿二丁目でバーを数軒経営するなど経営者としての一面も持ち話合わせていることでも知られております。

1982年に、東京都新宿区住友ビル49階にあるショーパブ「ギャルソンパブ」でダンサーとしてデビューした日出郎さんは、その後25年間に渡り都内の各所のショーパブで主演ダンサーとして活躍るなどその世界では非常に有名であるということです。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」や、「タモリ倶楽部」「ボキャブラ天国」といったバブル期の人気バラエティ番組にも積極的に出演をしており、オネエバラエティタレントのパイオニア的存在としても有名な人物です。

テレビ出演やCMなどの他にも、舞台やディナーショーなどにも多く出演しており、そのキレのあるダンスと強烈な個性的キャラで多くの視聴者を楽しませております。

日本ではオカマ初のテクノアイコンドラァグクイーンとなったのだそうで、様々なミュージシャンと交友が深いのですが、テクノということで特に電気グルーヴとの親交は公私共に深かったと言います。


スポンサーリンク

コカインについて

では、瀧正則容疑者が使用をしたとされているコカインとはどの様な薬物なのでしょうか?

コカインとは、粘膜の麻酔に効力があり、局所麻酔薬として用いられる麻薬の一種で、医療用医薬品としは、安定な塩酸塩として流通しています。

しかしながら、コカインを摂取(内服、静脈注射)した場合、中枢神経興奮作用によって快感を得て、一時的に爽快な気分になることがあるとされており、コカインの中枢作用は覚醒剤(アンフェタミン類)と類似しており、モノアミントランスポーターの阻害により、カテコールアミンを遊離させ、脳のカテコールアミン作動神経に作用するため、法律で一般の方の使用を固く禁じられているのです。

また、依存性も高く、身体依存というよりは、主に精神依存であり、コカインは作用が強烈で短時間作用し、覚醒剤の作用はコカインより弱いのですが、長時間作用するのだそうです。

アメリカやヨーロッパなどでは、古くから麻薬として取り締まりがされており、大麻や覚せい剤と並んで、日本でもと取り締まりを強化している麻薬の一種であります。

使用方法は、水溶液にして静脈を注射するのですが、無色無臭のため、コカインだと知らされなければ、分からずに使用をしてしまうこともあるのだそうです。

そのため、本当かどうか分りませんが、君島容疑者は警察の調べに対して、「知人と一緒に薬物を使用した。コカインだとは知らなかった」と一部容疑を否認しているのです。

しかしながら、”薬物”を使用したという自覚はあるようで、コカイン以外でも種類によっては薬物の使用は禁じられていますので、犯罪を犯している自覚そのものが欠如していたということも十分に考えられるでしょう。

また、コカインはしばしばcokeと呼ばれており、炭酸飲料のコカ・コーラの名前の由来ともなっていることで知られています。

コカ・コーラもペプシ・コーラも元々は薬なのですが、コカ・コーラのコカはコカインで、ペプシ・コーラもペプシンという胃薬からスタートしているのです。

コカ・コーラの名称の由来は、コカの葉とコーラの実を原材料に使っていたことによるものですので、海外ではcoke=コカインという認識があるそうです。

スポンサーリンク

副作用が最悪

コカインを常用することによる副作用が最悪であるとされています。

コカインとはもともと、粘膜の麻酔に効力があり、局所麻酔薬として用いられている薬で、感覚神経の興奮を抑制する働きがある他、中枢神経に作用して、精神を高揚させる働きを持っていると前述しましたが、コカインは作用が強烈で短時間作用することから、副作用も強烈であります。

服用すると、脳内の快楽物質であるドーパミンと呼ばれる脳内ホルモンが過剰に分泌され、瞬く間に高揚感を得られ、非常に興奮した状態に陥ります。

この作用が切れると、コークバグと呼ばれるコカインの禁断症状が発症し、幻覚などの副作用をもたらす危険性があります。

そして、脳内では過剰にホルモンが分泌されていますので、作用が切れた場合には脳内の血管が収縮してしまい、血液や酸素を送りづらくなってしまうのだそうです。

興奮状態が続いてしまえば、そのまま倒れてしまうことも少なくありません。

スポンサーリンク

コカインはセレブのドラッグ

そんなコカインですが、日本においては東京都港区の六本木を中心に出回っており、「日本人はコカインを知らないからバレないだろう」という手口で横行していったと言います。

つまり、コカインは海外では有名であるということです。

コカインは、覚醒剤のようにガツンとくる激しさはなく、マイルドな効き方をするためにシャンパンであると表現されますし、デヴィッド・ボウイさん、パリス・ヒルトンさん、勝新太郎さん、角川春樹さんなどが使用していたことや、2時間近くで効果が切れるという点も踏まえてパーティドラッグやセレブのドラッグであるという認識であるそうです。

何れにしても、売れっ子俳優のコカイン使用であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

田代まさしの現在がヤバい!息子や娘の顔画像と家族、再三にわたる逮捕歴について
出典:hachi8 - Hachibachi 多くの事件を引き起こしていることから現在では犯罪者のイメージが強い田代まさしさんですが、この記事では田代まさしさんの現在と、過去の事件などについてまとめていきたいと思います。