山口叶愛(のあ)の歯科医院と院長を特定!名前や顔画像、虫歯8本の真相についても

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

福岡県春日市の小児歯科医院で2017年7月、虫歯治療で麻酔を注射された山口叶愛(やまぐち のあ)ちゃんの容体が急変して死亡した事故で、当時の男性院長などを書類送検していたことが明らかとなりました。

今回は、この事件で書類送検された小児歯科医院の院長や死因などについて迫ってみたいと思います。

虫歯治療で医療ミス 元歯科院長を書類送検

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

平成29年に虫歯治療で局所麻酔をされた女児=当時(2)=の容体が急変したのに救命措置を怠り低酸素脳症で死亡させたとして、福岡県警は7日、業務上過失致死の疑いで同県春日市の小児歯科医院=閉院=で院長を務めていた男性(53)=同県筑紫野市=を書類送検した。認否を明らかにしていない。

県警などによると、治療を終えた山口叶愛(のあ)ちゃんは体が硬直し目の焦点が合わなくなったが、元院長は昇圧剤を投与するなど救命措置をせず、救急搬送もしなかった。待合室で叶愛ちゃんは激しいけいれんを起こし、治療から約1時間後、両親が車で近くの病院に連れて行った。容体は回復せず、救急搬送された大学病院で死亡した。

書類送検容疑は、29年7月1日夕、局所麻酔をされた叶愛ちゃんの容体が急変したのに適切な措置をせず、同3日に急性リドカイン中毒による低酸素脳症で死亡させたとしている。県警によると、虫歯治療は別の医師が担当し、麻酔薬の量は適切だった。

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

山口叶愛ちゃんについて

こちらが、亡くなった山口叶愛ちゃんのプロフィールです。

出典:ANN

名前:山口叶愛(やまぐち のあ)

年齢:2歳(※享年)

在住:福岡県春日市

山口叶愛ちゃんは、2017年7月1日の夕方に、およそ1時間の虫歯治療で口内の複数箇所に麻酔薬の注射を受けた後、けいれんを起こすなど容体が急変し、その後低酸素脳症で死亡が確認された人物です。

当時2歳と言うことで、生まれて間もなかった訳ですが、この事件がきっかけとなり虫歯治療の在り方などが問われる大きなきっかけとなったことでしょう。

スポンサーリンク

死因は?

では、死因は一体どのようなものだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のようなものが原因であるとされております。

司法解剖の結果死因は治療で使用した局所麻酔薬リドカインの急性中毒による低酸素脳症とみられています。

出典:RKBニュース

つまり、この局所麻酔リドカインによって急性的に中毒となってしまった結果、低酸素脳症に陥ったのです。

主に歯科で行われる麻酔は、虫歯の治療や抜歯の際に、その歯の付近にだけ麻酔を効かせる「局所麻酔」が行われるのですが、リドカインに関しては0.5%,1%.2%のリドカイン製剤が市販されており、表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔に用いられております。

リドカインの副作用は?

基本的にリドカインはあまり副作用がなく、ごく稀に強いアレルギー反応を起こすことがあるのだといいますが、副作用でも以下のような症状が現れるのだといいます。

  • ショック..気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、耳鳴り、息苦しい、胸苦しさ、めまい、脈が速い・弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 中毒症状..眠気、意識が薄れる、ふるえ、けいれん

【その他】

  • 眠気、吐き気
  • 気管内挿管後の咽頭痛、嗄声

出典:お薬110番

この虫歯治療後に山口叶愛ちゃんは痙攣を起こしているということで、まさにこの中毒症状が出ているのですが、リドカインの中毒症状に関して当時の院長の判断は「治療による疲労」としているのです。

出典:ANN

中毒症状も見抜けないと言う事で、やぶ医者なのではないかと考えられます。


スポンサーリンク

小児歯科はどこなのか?

では、この治療を担当した小児歯科は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、以下のような場所であるということです。

出典:ANN

また、こちらの情報に加えてこの小児歯科は昨年8月末に閉院したということを踏まえると、この小児歯科は福岡県春日市岡本1丁目6にある「にこにこ小児歯科」なのではないかと言われております。

Googleのストリートビューと報道機関で流された映像とが一致しますし、何より2018年8月末に閉院をしていることが病院のHPに記載されておりますので、まず間違いなくこの「にこにこ小児歯科」で間違いないでしょう。

患者様各位

平成10年4 月の開設以来、地域に密着し親しみやすい 小児歯科医院を目指して診療を続けて参りましたが、
諸般の事情により平成30 年8 月31 日(土)をもちまして 閉院することになりました。

これまでご愛顧いただきました患者様には、 閉院することをお詫びすると共に、心より感謝申し上げます。
突然の事で患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

出典:にこにこ小児歯科

そして、このにこにこ小児歯科で当時院長を務めていたのが、高田貴元院長ということになります。

スポンサーリンク

高田貴元院長について

こちらが、書類送検された高田貴元院長のプロフィールです。

出典:ネタブログ

名前:高田貴(たかだ たかし)

生年月日:昭和40年9月17日

血液型:A型

学歴:筑紫丘高校卒業→九州大学歯学部卒業

活動内容:日本小児歯科学会会員、日本矯正歯科学会会員、日本ヘルスケア研究会会員、適的塾(非抜歯矯正勉強会)塾生

動物占いの結果:正直な子鹿

趣味:トライアスロン、テニス、スポーツ観戦(大学・高校ラグビー、高校野球、大相撲、箱根駅伝)

高田貴元院長は、春日市岡本1丁目6番地にある「にこにこ小児歯科」を20年前に開業した歯科医医師であり、今回の事件を受けて書類送検されてしまった人物です。

大学時代はアメフト部とラグビー部に所属をしており、40代からはテニスをはじめ、毎週2回のレッスンと試合を楽しんでいるということです。

また、毎年宮古島にてトライアスロンをしに行っているほどアクティブな趣味を持っているのだそうです。

結婚して2児の父親でもある高田元院長は、今回の事件を受けて憔悴しきっているのかもしれませんが、代理人の弁護士によれば「緊急な対応を要する状況ではなく、医院の対応は適切だった」というコメントを残しておりますので、全くもって反省していないのかもしれません。

スポンサーリンク

虫歯の本数がすごい?

この事件では、圧倒的に医療ミスをした高田元院長が悪いという結論に至っておりますが、山口叶愛ちゃんの口腔内には虫歯が8本もあったと言われております。

むし歯の原因には、「歯のエナメル質の崩壊」「糖質(砂糖など)の過剰摂取」「細菌(ミュータンス菌)の増殖」の3つの要素があると言われており、これらの3つの要素が全て重なってしまうと、時間の経過とともに虫歯が発生していきます。

これは定期的に歯磨きをしていても、間食を頻繁に食べたりすれば、細菌(ミュータンス菌)が増え虫歯になる可能性が高くなる他、両親がミュータンス菌保持者であり、口移しや直バシなどで両親の菌をもらった場合でも虫歯になるケースもあるのだそうです。

また「乳歯は生え変わるから虫歯になっても放置していい」と考えている親もおり、そういった背景があることからも虫歯が10本以上存在していたり、歯根しか残っていない未処置の歯が何本もある状態の「口腔崩壊」に陥るケースも多々報告されております。

そして、これが現在では虐待の1つとして認識されているネグレクト(育児放棄)ではないかと言われており、虫歯放置も立派な虐待でありますから、山口叶愛ちゃんのご両親ももしかすればネグレクトという意味で虐待をしていたのかもしれません。

そうでなければ虫歯が8本も増えるなどまず考えられません。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

404 NOT FOUND | BrandNewS
ココロに届く新鮮な話題をお届けします