柴田広幸容疑者の顔画像がこちら!母親から「死ね」と言われ、犯行動機がヤバすぎる

国内NEWS

出典:NNN

スポンサーリンク

 

同居する父親を自宅で殺害したとして、山形県警寒河江さがえ署は3日、長男で山形県朝日町新宿あらじゅく、の柴田広幸(しばたひろゆき)容疑者を逮捕しました。

今回は、柴田広幸容疑者の顔画像などについて迫ってみたいと思います。

同居する父親を殺害した息子を逮捕

朝日新聞デジタル他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 山形県朝日町新宿で2日午前10時15分ごろ、アルバイト柴田節男さん(72)方を訪れた長女が、柴田さんと妻の幸子さん(68)が別々の寝室で倒れているのを見つけ、110番通報した。捜査員が駆けつけると、2人はすでに死亡していた。山形県警寒河江署は3日未明、この家に住む長男で無職柴田広幸容疑者(45)を殺人容疑で逮捕し、発表した。調べに対し広幸容疑者は、「今は話したくない」と話しているという。

寒河江署によると、広幸容疑者は2月27日午後6時ごろから3月2日午前10時ごろまでの間に、自宅1階の寝室で柴田さんの首をひものようなもので絞めるなどして殺害した疑いがある。同署は広幸容疑者が幸子さんの死亡にも関与しているとみて調べている。

柴田さんは広幸容疑者らと6人暮らし。通報時は、広幸容疑者を含む家族数人がこの家にいたという。

柴田さん夫婦は新聞配達のアルバイトをしており、アルバイト先の新聞販売所によると、2人は2月28日から欠勤していた。28日未明に広幸容疑者から「2人とも仕事を休ませてほしい」と電話があり、その後も同様の電話があったという。販売所の男性所長は「2013年からほぼ皆勤で熱心にやってもらっていた。(2人が亡くなったと聞いて)まさかという思い」と話した。

幸子さんと仲がよかったという80代の女性は、「買い物に行くとき、車に乗せてもらったこともあった。2人は穏やかな優しい人で、信じられない」とショックを受けた様子だった。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

柴田広幸容疑者について

こちらが、逮捕された柴田広幸容疑者のプロフィールです。

名前:柴田広幸(しばた ひろゆき)

年齢:45歳

職業:無職

在住:山形県朝日町新宿

柴田広幸容疑者は、先月27日午後6時ごろから2日午前10時ごろまでの間に、自宅で同居する父親・柴田節男さんの首をひものようなもので絞めるなどして殺害したとして逮捕された人物です。

ちなみに、柴田容疑者の顔画像がこちらです。

出典:JNN

スポンサーリンク

犯行動機について

では、柴田広幸容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して柴田容疑者は「今は話したくない」として、容疑について供述を拒んでいるとのことです。

死亡したのは72歳の父親であり、68歳の母親に関しても遺体で見つかっているということで、この殺害にも関与していると考えると、両親を殺害したということになります。

そうなれば、考えられるのが無職である広瀬容疑者を糾弾する意見に腹を立てていたか、もしくは広瀬容疑者と奥さんなどの家族や世代間でのトラブル、金銭ドラブルなどが考えられます。

介護疲れによって両親を殺害するケースもなくはないのですが、72歳と68歳ということで介護が必要な年齢とは到底思えませんし、それは考えられないのではないかと思われます。

また、首をひものようなもので殺害するという点から考えても、おそらく強い殺意などが見え隠れしていることと思いますので、日頃からの怨恨が積もりに積もって犯行に及んだみても間違いないでしょう。


スポンサーリンク

家族構成などについて

YOMIURI ONLINEによれば、柴田さんは以下のような家族構成であったのだそうです。

節男さんは幸子さんのほか、柴田容疑者と妻、柴田容疑者の子供2人と同居。節男さん夫婦は町内の新聞販売店でアルバイトをしていた。販売店によると、柴田容疑者から2月28日と3月1日、「父が病気になり母も看病があるので休ませてほしい」と連絡があったという。

出典:YOMIURI ONLINE

これが事実であるとすれば、死亡推定時刻の間に休暇を申請していることが伺えますし、何よりアルバイトをしているということで父親は介護などの心配がないことも伺えます。

柴田容疑者は無職であるにも関わらず、妻と子供2人と同居しているということで、もしかすれば最近解雇やリストラされて実家に出戻ったという線も考えられます。

スポンサーリンク

両親は無職を嘆いていた

そんな柴田容疑者ですが、母親によれば死んだほうがいいなどと言われていたことも明らかとなっています。

新聞販売所によると、節男さん夫婦が最後に出勤したのは2月27日で、広幸容疑者は翌28日の午前3時頃、「父が病気で倒れた。母も付き添わなければならずしばらく休ませてほしい」と電話していた。警察は2人の遺体発見を遅らせるための偽装工作とみていますが、広幸容疑者は「今は話したくない」と供述を拒んでいる。節男さんは日中はタクシー運転手として働いていて、定職につかない広幸容疑者のことを嘆いていたという。

(タクシー会社の上司)

「住宅ローンの借金が終らないので、もう少し働かせてほしいという話があった」

また、妻の幸子さんも「息子は家に閉じこもって働く気が無い。死んだ方がいい」と周囲に不満を漏らしていた。警察は広幸容疑者が幸子さんの殺害にも関与しているとの疑いを強め、4日、遺体の司法解剖を行い死因を調べる一方、広幸容疑者の身柄を山形地方検察庁に送り、動機などを追及する方針。

出典:さくらんぼTV

死んだほうがいいなどと息子に対して不満を漏らしているとうこともあって、これが原因でトラブルに発展した可能性は十分に考えられます。

また、住宅ローンなどを含めて収入源は父親なのではないかと考えられますし、家のことについてぐちぐち言われたことが腹たったのでしょう。

さらに近所にすむ人からの情報によれば、柴田容疑者に関して「(挨拶をすると)会釈を返してもらう程度で、話す機会は特にはなかった」などと証言をされておりますから、そもそも外には出歩いておらう、引きこもっていたのでしょう。

スポンサーリンク

自分の両親を殺害するということ

今回の事件で、おそらくですが母親の方も殺害に関与しているということで、立件されるかと思いますが、自分の両親を殺害するというのはどのような心境なのでしょうか?

今はもしかすれば無職のことを嘆かれていたり、ぐちぐち言われて腹が立ったのかもしれませんが、立派に大人になるまで成長させてくれたのも親のおかげでありますし、感謝や尊敬の念は少なからずあるはずでしょう。

寿命でこの世を去るのであれば仕方のないことですが、それを自らの手で殺害してしまうのはあまりにも残酷であり、非人道的であると言わざるを得ません。

いずれにしても、山形で発生した凶悪な事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

安部玲伽(あべれいか)容疑者の顔画像!犯行動機判明でDVシェルターで殺害
出典:Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN 生後2カ月の長女を暴行して死なせたとして、山口県警は安部玲伽(あべれいか)容疑者を逮捕しました。 今回は、この安部玲伽容疑者の顔画像や犯行動機について迫ってみ...

 

糸満市西崎の母親殺人未遂の小学校女児を特定か?殺害の動機や問われる罪についても
出典:ANN 沖縄県糸満市で小学生の女子児童が包丁で母親の首を刺して殺害しようとしたとして補導されるという、なんとも凄まじい事件が発生しました。 今回は、この女子児童に対しする司法の在り方などについて迫ってみたいと思...