出典:FNN

小学2年の女児の両手を縛って水風呂に入れ、けがをさせたなどとして、福岡県警は21日、同県筑紫野市のアルバイトの母親と、八尋潤(やひろ じゅん)容疑者を逮捕しました。

今回はこの八尋潤容疑者の顔画像などについて迫ってみたいと思います。

無理やり水風呂に入れる

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

小学2年の長女を無理やり水風呂に入れたなどとして、福岡県警は21日、同県筑紫野市の母親(29)と、内縁の夫で自営業の八尋潤容疑者(29)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「しつけのためにやった」などと話しているという。

筑紫野署によると、母親と八尋容疑者は1月24日午後2時45分~同6時ごろ、自宅で長女(8)の両手首をひものようなもので縛り、無理やり水風呂に入れた。さらに、八尋容疑者は25日深夜、長女の体を数回殴った疑いがある。長女の両手首には擦過傷があり、体に打撲の痕があったという。

長女が25日に登校した際、教師が体のあざに気づいて児童相談所に連絡。児相は長女を一時保護し、同署に通報したという。

母親と長女は、昨年夏から八尋容疑者と同居。母親は「おねしょなどしたので水風呂に入れた」などと供述しているという。

出典:朝日新聞デジタル

 

八尋潤容疑者について

こちらが、逮捕された八尋潤容疑者のプロフィールです。

名前:八尋潤(やひろ じゅん)

年齢:29歳

職業:自営業

在住:福岡県筑紫野市

八尋容疑者は、同居する女性と共謀し、1月24日午後2時45分ごろ~同6時ごろ、しつけと称し、自宅で女児の両手首を縛り、裸で無理やり水風呂に落としたり、押さえつけたりして両手首にけがをさせたとして逮捕された人物です。

ちなみに、八尋容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して八尋容疑者や同居する女性は「おねしょをしたのでしつけでやった」などと容疑を認める供述をしているとのことです。

水風呂に入れたり拳で殴ったりしたという旨の供述もしているのだそうで、しつけにしてはあまりにも無謀で悪質であるだけに、日常的に虐待をしていたのではないかと推測されます。

虐待というのは基本的には親のエゴであり、ストレスのはけ口として利用されている様なことも考えられますので、おそらくですが、そうした感情も少なからずはあったのではないでしょうか?

親がしっかりと感情をコントロール出来ていれば、この様な虐待は減っていくものと思われますが、親自身がまだ未熟であるがゆえの事件であればもう少し大人になる必要があるでしょう。

 

同居する女とは?

では、同居する女性とは一体どの様な人物なのでしょうか?

今回、同じ様な犯行に及んでいるにも関わらず、逮捕はされているものの、名前や顔画像などは公表されておらず、内縁の妻29歳という紹介のされ方しかされておりません。

もっとも、内縁の妻というのは婚約状態にあるものの、結婚をしてはないために血縁関係にはないのですが、八尋容疑者が水風呂に沈めている際には「水風呂に入れる時に両肩を押さえた」という供述をしているために、幇助した形なのでしょう。

八尋容疑者とどの様な関係にあるのか明らかとなっておりませんが、それでもやはり同居しており、犯罪に加担していたということで、責任は重大であるといえるでしょう。

 

日常的に虐待をしていた?

そんな八尋容疑者と同居する女性ですが日常的に虐待をしていた可能性があるのだそうです。

同署によると、女児の命に別条はないが、体に複数のあざがあるといい、日常的に虐待されていた可能性もあるとみて詳しく調べている。

出典:時事通信社

体に複数の傷があるということは、おそらくですが日常的な虐待の跡である考えられますし、それは今回明るみに出たからいいものの、事件として扱われなければ、一生続いていったのではないかと考えられます。

幼い頃に親から愛情を持って育てられなければ、大人になった段階で極めて性格がひん曲がって育ってしまいますし、成長の妨げとなることは明白です。

被害に遭われたのは8歳の小学2年生でありますし、もう言葉も話せて周りの意見も理解できる年齢でありますから、虐待が非日常的であるというのも認識していたのかもしれません。

何れにしても、虐待のニュースが途絶えないだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 ・関連する記事がこちらです

 

 

 

 

おすすめの記事