神谷健志と堀江拓也容疑者の顔画像がこちら!アル中の客を放置した動機がヤバい

国内NEWS

出典:ANN

飲食店内で急性アルコール中毒で死亡した客の男性の遺体を路上に放置したとして、警視庁捜査1課は21日、死体遺棄容疑で、神谷健志(かみや たけし)容疑者と堀江拓也(ほりえ たくや)容疑者を逮捕しまた。

急性アル中の客を放置

産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。

飲食店内で急性アルコール中毒で死亡した客の男性の遺体を路上に放置したとして、警視庁捜査1課は21日、死体遺棄容疑で、店の元店長で、東京都江戸川区北小岩の飲食店従業員、神谷健志容疑者(34)と元従業員で、千葉県松戸市仲井町の風俗店従業員、堀江拓也容疑者(28)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年10月5日午前10時10分ごろ、江戸川区南小岩の飲食店前の路上に、同区北小岩の板前、小坂井晋さん=当時(44)=の遺体を放置したとしている。

神谷容疑者は「お客さんを路上に出して置いたことは認めるが、亡くなっていたという認識はない」などと供述。堀江容疑者は「酔いつぶれて動かなくなったお客さんを路上に放置したことは間違いない」などと供述している。

司法解剖の結果、小坂井さんの血中から高濃度のアルコール成分が検出されたことや、関係者の証言などから、捜査1課は小坂井さんが店の外に運び出される前に急性アルコール中毒で死亡していた可能性が高いと判断した。

出典:産経ニュース

 

2人の容疑者について

神谷健志容疑者

出典:ANN

こちらが、逮捕された神谷健志容疑者のプロフィールです。

名前:神谷健志(かみや たけし)

年齢:34歳

職業:キャバクラ店店長

在住:東京都江戸川区北小岩5丁目

堀江拓也容疑者

出典:NNN

こちらが、逮捕された堀江拓也容疑者のプロフィールです。

名前:堀江拓也(ほりえ たくや)

年齢:28歳

職業:キャバクラ店店員

在住:千葉県松戸市仲井町

2人の容疑者は、昨年10月、店内で飲食中に死亡した小坂井晋さんの遺体を路上に遺棄した疑いで逮捕された人物であり、小坂井さんは急性アルコール中毒によって死亡したとされております。

2人は、キャバクラ店の店長と従業員という関係であります。

 

犯行動機について

では、2人の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対し神谷容疑者は「お客さんを路上に出して置いたことは認めるが、亡くなっていたという認識はない」と容疑を一部否認する供述をしており、堀江容疑者に関しては「酔いつぶれて動かなくなったお客さんを路上に放置したことは間違いない」などと容疑を認める教授をしており、両者の言い分に食い違いがあることも分かっております。

こういった場合、従業員と店長とは供述を合わせる様に口裏合わせているのかもしれませんが、もしかすれば別々に調書を取られたり取り調べを受けたために、供述に食い違いがあるのかもしれません。

キャバクラ店というのは言わずもがな、お酒を提供しているお店でその提供する人物が綺麗に着飾った女性で、行き届いたサービスなどを求めて少々割高でもお酒を楽しみにいくお客さんも多いのですが、お酒の場ということでトラブルなども多く、こうした急性アル中になるほど酔いつぶれるお客さんも多いのかと思われます。

しかしながら、そのお客さんを路上に放置するというのは職務怠慢というかあまりにも無責任でありますし、自分のお店で飲んでいたお客さんである以上は面倒を見る義務があることでしょう。

単純にこの2人の容疑者はめんどくさかったというのが動機とみて間違いありません。

 

どこの店舗なのか?

では、2人が働いていたキャバクラ店は一体どこなのでしょうか?

報道機関によれば、東京都江戸川区南小岩にあるキャバクラ店であるということで、以下の様な店舗である可能性が考えられます。

・トップモード CLUB TOP MODE

・CLUB007

・リリス CLUB LILITH

・アルテミス

・ティアラ club Tiara

・Club ガレ

・倶楽部 金魚

・小岩キャバクラJIZO

・ファイブ

・ラピュタ Club Laputa

・フェアリー Fairlie

・キャバクラ パレスムーン

・小岩 キャバクラGirls Cafe Tommy

・エグゼ CLUB EXE

南小岩だけでこれほどの数のキャバクラが存在しているため、どこ店舗で勤務していたのか明らかとなっておりませんが、路上に放置したということで、近隣住民や通りがかった人からすれば店舗に心当たりがあるのかもしれません。

こちら店舗に関しては詳し情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

どの様な罪に問われるのか?

2人は死体遺棄の疑いで逮捕されているのですがこれは一体どいうことなのでしょうか?

死体遺棄とは読んで字のごとく、遺体を遺棄することであり、すでに死亡している人物を放置するとその罪の問われます。

店の路上に放置した段階で生存が確認されているのであれば、保護責任者遺棄致死(老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしない罪)に問われるかと思いますが、死体遺棄という罪であるということは捜査一課によって死亡推定時刻が判断され、路上に放置された段階ではもうすでに小坂井晋さんは死亡していたということになるでしょう。

つまり、お店の中で飲みすぎて急性アルコール中毒となり、死亡が確認されたために路上に放置した結果、死体遺棄という罪に問われてしまったのです。

普通、急性アルコール中毒が疑われた場合は119番通報などをして救急車を積極的に呼びと思いますし、保護責任者としての責任を果たしておりませんので、そもそも対応が間違っているのですが、挙げ句の果てにそのまま死体を放置するという奇行に走っているあたりも常軌を逸しているとしか考えられません。

 

あなたにおすすめの記事

 

茨木警察署でキャバクラに勤務していた20代の女性警官が判明か?店舗名や源氏名についても!大阪府警茨木署の女性職員が管内のキャバクラ店に勤務
...

 

【顔画像】伊藤英治郎が暴行した店が判明!キックボクサーは自称?キャバクラ経営にも携わっていた!
...

 

コメント