金田隆志の国籍が韓国人で顔画像がヤバい!動機判明で会社は不当解雇か?

事件

出典:FNN

スポンサーリンク

 

14日午後8時ごろ、東京都文京区春日の東京メトロ後楽園駅前の歩道で、男が会社会長の男性と部下の女性にナイフで切り付けられるという事件が発生しました。

今回は、この事件にの容疑者である金田隆志(かねだ たかし)容疑者の顔画像や国籍などについて迫ってみたいと思います。

後楽園駅で殺傷事件発生

TBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・文京区の東京メトロ・後楽園駅付近で男女2人がナイフで切りつけられ、元同僚の26歳の男が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

「女性は顔と首に血がついていました。男性の方はガードレールにもたれていたが、出血がひどかった」(目撃した人)

警視庁によりますと、14日午後8時すぎ、文京区の東京メトロ・後楽園駅付近で男女2人が男にナイフで切りつけられました。2人は現場近くの同じ会社に勤めていて、男性(66)が顔などを複数回切られ重傷を負い、女性(58)は顔や手を切られ、病院で手当てを受けています。

男は2人の元同僚で住所不定・無職の自称・金田隆志容疑者(26)で、駆けつけた警察官に殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。金田容疑者は取り調べに対し、「殺そうとまでは思っていなかった」と容疑を否認しています。

警視庁は3人の間でトラブルがあったとみて、当時の詳しい状況を調べています。

出典:TBSニュース

スポンサーリンク

金田隆志容疑者について

こちらが、逮捕された金田隆志容疑者のプロフィールです。

名前:金田隆志(かねだ たかし)

年齢:26歳

職業:無職(※自称)

在住:住所不定

金田容疑者は、14日夜、東京メトロ後楽園駅前で、会社役員の男性ら2人を刃物で切りつけたとして現行犯逮捕された人物です。

ちなみに、金田容疑者のについての顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

犯行動機について

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば「会社を辞めさせられて怒りを覚えていた」などと容疑を認める供述をしているということですが、金田容疑者は重傷を負った男性が会長を務めるIT関連会社に就職しており、研修期間中に退職していたのでその腹いせに犯行に及んだということでしょう。

事件が発生した14日の夜は、以前に勤務していた会社からあとをつけて犯行に及んだということで、その計画性もものすごい高いことが伺えますし、凶器の刃物にに関しては「事前にネットで購入した」と供述をしていることからも、襲撃することが前もって分かっていたのでしょう。

スポンサーリンク

現場は?

では、現場は一体どこなのでしょうか?

Twitterなどのよれば以下のような場所であるとのことです。

こちらは、東京メトロ後楽園駅の改札から出たところで、東京ドームやスパラクーア、東京ドームシティなどが数多くのアミューズメントスポットがあることでも知られております。

ここの改札はものすごく多くの人が利用しますし、都営地下鉄三田線の春日駅などとも隣接していることからも、丸ノ内線ユーザー、南北線ユーザーなど多岐に渡ります。

文京区でオフィス街も近くにあることから、利用客も多く、夜の時間帯とはいえ多くの不安が広がったことは間違いありません。

スポンサーリンク

過去にも同様の犯罪を

そんな、金田容疑者ですが過去にも似たような犯罪に及んでいるということが明らかとなっております。

また金田容疑者は、「以前にも、切りつけた女性のあとをつけていた」と話していて、警視庁は、職場でのトラブルが動機とみて調べている。

出典:FNN PRIME

もしもこれが事実であれば、今回切りつけられた女性は二度被害にあっているということになり、一度目では逮捕されなかったということになります。

被害届などを提出したのかもしれませんが、また再発してしまったために、この被害に遭われた女性はものすごい恐怖を覚えたに違いありません。

研修期間中に辞めさせられたという理由のみで社長を襲撃するのはまだ理解ができますが、関係のない社員の女性を二度襲うというのは常軌を逸した行動と見て間違いないでしょう。

スポンサーリンク

国籍がヤバい?

そんな、金田容疑者ですが国籍について議論がなされております。

在日韓国や朝鮮人の方が、日本での通名を名乗る時多く用いるのが、金田や金本、新井、張本や安田などが挙げられるといいますが、今回金田容疑者は名前が自称ということもあって、在日韓国人や朝鮮人の方なのではないかと疑っている人も少なくないようです。

その証拠にGoogleなどの検索エンジンでは、金田隆志と入力するとサジェストワードに「国籍」や「韓国」などのワードが入ってきております。

サジェストワードとは検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨するサービスのことで、ユーザーさんにとって有益である情報と検索エンジン側が判断した際に、勝手に表示されたり、検索ボリュームが多い時に表示されるものです。

つまり、金田容疑者の国籍が韓国人であるということを思っているユーザーが一定数存在するということになるのです。

スポンサーリンク

自分にも責任があるのでは?

金田容疑者は「会社を辞めさせられたためにその腹いせに襲撃した」という趣旨の供述をしておりますが、もしも研修期間中での解雇であればよほど勤務態度が悪かったか、もしくは履歴などに重大な嘘が生じたということも考えられます。

そもそも研修期間(試用期間)というのは、採用後に実際の勤務を通して従業員の適性などを評価し、本採用するか否かを判断するために企業が設ける期間のことをさしており、試用期間中に当該従業員が不適格であると認められれば、企業側は解雇することが可能なのですが、十分に解雇に至る何かがあったのでしょう。

スポンサーリンク

不当解雇の可能性は?

では、金田容疑者に不当解雇の可能性はあるのでしょうか?

前述した通り、企業は極めて悪質なケースが確認できる場合に、試用期間であっても解雇することが可能なのです。

・勤務態度が極めて悪い場合

・正当な理由なく遅刻・欠勤を繰り返す場合

・本人の履歴に重大な虚偽の事実があったことが発覚した場合

無断欠勤や遅刻、業務違反行為であっても、会社からの指導が求められますが、解雇に至ったということはよほど注意しても繰り返していたか、不当に解雇された可能性も考えられます。

不当解雇の場合であれば労働基準監督署に訴えれば、それなりの対処をしてくれますし、切り付けるの決してやってはいけませんが、動機とも結びつきますし納得がいきます。

もしかすれば不当解雇でったかもしれませんが、もう少し冷静になり大人の対応をしなければならなかったことでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

木村洋子容疑者の顔画像!広島市安芸区警察官切りつけの犯行動機は、詐欺事件の隠蔽?
...

コメント